ダメ親のススメ

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダメ親のススメ

先日のブログ「ダメ親、OK!」

―いつでも“しっかりした親”“ちゃんとした親”である必要はない

―『いつでもちゃんと』なんて絶対に不可能

―“ダメ親”でOK


との内容を書いたら、大きな反響がありました。

さまざまなコメントをいただきましたが、
多くの方はもともと心の中で感じていたこととメルマガの内容が共鳴したようです。

改めてあるがままの自分を認めて、“良い親”を無理に演じようとせずに力を抜いて
いこうと思う・・・とのメッセージを数多くいただけて、本当に良かったです。


皆様からの声に気を良くして、今日も“ダメ親”ネタでお届けします。


子どもの成長を長い目で捉えると、“いつもちゃんとしている親”よりも
“ダメ親”の方が望ましい面もある、そんな内容です。


まず、前提として思い出していただきたいのが、
子どもの成長プロセスには必ず「反抗期」がある、ということ。

―いつ訪れるか、

―何回やってくるか、

―どのような形で表れるか、

(―反抗期をしっかり経験できるか)


などは個人差・環境差が大きいですが、
「反抗期がある」という点は全ての子どもに共通します。


さて、その反抗期。
読んで字のごとく、親の言うことに『抗』って(あらがって)、
『反』対のことをしたがる時期ですよね。

普段から“いつもちゃんとしている親”で、子どもにも正しいことばかり
言っている場合、子どもが反抗期を迎えると、どのような行動を取ることになるか、
想像してみてください。


親の言うこと・やることに抗って、反対のことをしたがるわけ
ですから、

―ちゃんとしない

―正しくない=悪いことをする


となりやすいこと、容易に想像できますよね。


しかも、その場合の親の対応としては、
(それまでの毎日の生きざまを延長すると、自然に)

―ちゃんとしていないことを指摘する

―子どもの行動を修正しようとする

―正しいことを重ねて言う


となってしまいがち。

そして反抗期の子どもは・・・(以下、繰り返す)


この時期にこういった経験をすること自体は、必ずしも悪いことではありません。
ですが、お互いにストレスはたっぷり溜まりそうですよね。



では逆に、普段から“ダメ親”で素直に自分の欠点を認めている場合は
どうでしょうか?

子どもが反抗期を迎えると、親の言うこと・やることに抗って、
反対のことをしたがるわけですから、

―しっかりしようとする

―自分の欠点は、素直に認めない


となるわけです。


そして、そんな子どもに対する親の方が、

―子どものしっかりしている点を認めて、感心する

―子どもが自分の欠点を素直に認めない点については(人のことを言えた立場ではないし、
 「いつでも絶対ちゃんとしてなきゃダメ!」との力みもないので)、受け流す


と反応することも容易です。

“いつでもちゃんとしている親”の家庭より、ずっと雰囲気が良さそうです(笑)


また、仮に子どもが悪いことをした場合(親がダメ親でも、家庭外の大人に
反抗して悪さをすることは良くあります)も、

“正しい親”諭す(説教する)、叱る(裁く)

“ダメ親”同じような経験をしてきた人生の先輩として接する(受容する、共感する)

ダメ親の方が、親子のコミュニケーションが断絶されることなく、
反抗期を一緒に経験して行けそうです。



いろいろ書きましたが、「全ての親が“ダメ親”を目指すべき!」と
言いたいわけではありませんよ(笑)

もともとしっかりしている人は、当然ですが、そのままでOKです。
一時的に反抗することはあっても、間違いなく子どもは
“人生の良き見本”として見て学んでいます。


今号でお伝えしたいのは、

―無理して“ちゃんとした親”であろうとする必要はない

―自分を認めて等身大の人間として子どもと接すれば良い

―“ダメ親”にも、意外と良い面がある


この温度感が、うまく伝わればうれしいです。

親子ともにストレス少なく、子どもの成長を一緒に経験していく
ために参考にしていただけたら、本当にうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト


昨年6月、小2男子と小5女子の2児をおいて、女房が実家に帰ってしまいました。
(実家といっても数百メートルしかはなれてませんが。。)
原因は彼女曰く俺や俺の父に嫌気がさした、とのこと。
実際は彼女の不倫が原因、と思うのですが…。
それはまあいいとして、現在、精神状態最悪の中、二人の子供を育てています。
いままで子育ての細かい部分は女房に依存していただけに、
炊事、洗濯、学校の準備など、会社も毎日定時に引き上げて家事育児に奮闘中です。
子供たちが機嫌悪く、お父さんなんて大嫌い、だからお母さんがでていったんだ、
なんて泣き叫ばれた日には自分も死んでしまいたくなります。
だめな父親だな、、って。。
きょう、このブログを読んで、ちょっと力が抜けました。
そしてダメモトでいいから自分自身をさらけ出して自分なりの子育てをやってみようと。
子供たちを愛する気持ちだけで生きていますから。
それでダメなら子供たちは女房に任せます。。
ありがとうございました。
だるまさん、

コメントいただき、ありがとうございました。
奥様不在の大変な状況の中、仕事に家事に育児に頑張っていらっしゃること、よく伝わってきました。
ご自身もいっぱいいっぱいのところに、子どもに責められるようなことを言われてしまっては、本当につらいですよね。心中お察しいたします。

ここでは短期的な対応についてだけ触れますが、子どもが不満を抑えずに言いたい放題言えていることは、必ずしも悪いことではありません。
子どもも家庭環境の激変を乗り越えていくために、相当に苦労しているはず。そんな中で、父親に愚痴をこぼしたり、泣き言を言ったり、八つ当たりできていることは、子どもの気持ちのバランスを保つうえで役に立つ面もあります。

だるまさんはすでに充分よくやっていらっしゃると思います。
ほどほどに肩の力を抜いて、子どもの気持ちを受け止め続けてあげていただけたら、私もうれしいです。
アドバイス、ありがとうございます。。。うれしいです。

おっしゃるとおりだと思います。
大分慣れてきたとはいえ、子供たちの精神も不安定ですね。。
子供ですから筋の通らないワガママをいってばかり。
よい子であることを求めても無理があります。
なるべく怒らないように努めていますが、
甘やかしにはならないか…叱るときには叱る、
その加減、間合い、がむずかしいですね。

とにかくどんなことでもいいから会話をする。
些細なことでもいいから話を聞いてあげること、
そしてこちらからも、こんなことがあった、どうだった、
と話をしていく、
飾り気のない気持ちを出し合い、真剣に聞いてあげること、
これが大切ですが、なかなか出来ない。
どうしても父親ぶってしまうんですね。
もっと肩の力を抜いて、
日々手探りですが父親っていう位置を模索していきたいです。
もうそれしか生きる意味が残っていません。
ありがとうございました。
だるまさん、

そうですね、子どもと会話する、子どもの話を聞いてあげる、とても大事と思います。
その時に大人の一方的な判断で『些細』だからと話を切り捨てないことが、とても大切です。
だるまさんはその点がしっかりできているようで、とても安心です!

これからも、子どもたちに寄り添って、大変だけど貴重だな、と思える時間を過ごしてくださいね!
精神的に苦しい状況から脱しえませんが、
それでもなんとか日々をやり過ごしています。
家事、子供たちとの生活はだいぶ慣れてきました。
たとえば夕食は食材宅配サービスを利用したり、
洗濯、入浴、宿題、などの時間割を決めるなど、
毎日の日課をパターン化、システム化し、
なんとかこなせるようになって来ました。

すこし気になっているのは、
長女(小6)が反抗期でしょうか、
いちいち突っかかってくるようになりました。
もともとしっかり屋さんで勉学ともにそつなくこなす子ですが、
その分プライド高くナマイキなところがあります。

母親がいないことのストレスもあるでしょうし、
お母さんが出て行ったのはお父さんのせい、と思っています。
本当は誰かに甘えたいのに私が弟(小3)のほうの面倒ばかり
みているからなのかもしれない。
私に気を使ってこっそりと母親に電話をしたりしているようです。
年頃の女の子にはやはり母親が必要なんだろうな、
なんてこちらの胸が苦しくなります。。。

なんとか二人とも健やかに育ってもらいたい。
生涯を掛けてこの子供たちを育てて生きたいと思っています。
だるまさん、

コメントありがとうございます。
大変な状況だったにもかかわらず、努力と工夫を重ねて毎日上手にやりくりされているとのこと、ひとまず良かったです。

娘さん、6年生になって、難しい年頃になってきましたね。
きっと娘さんは、次の3つの状況の中で複雑に揺れ動いているのだと思います。

(1)しっかりしている、勉強ができる、プライドがある、生意気な態度をとる…これらはすべて、よくできる優秀な子の特徴です。
賢いからこそ「お父さんのお陰で今の暮らしがある」「父を責めるべきではない」など、頭では分かっているのだと思います。

(2)学校では「最高学年として」と一層の責任感を求められ、家庭でも新しい生活に慣れるために一生懸命頑張っているはずです。

(3)そんな中で、家でダラけたり父に甘えたりして元気を取り戻す時間が持てれば良いのですが、反抗期(=自我の発達期)でもあり、素直に甘えることも難しい。

この3つの状況に挟まれて、おそらくは『いちいち突っかかってくる』という反応が表れているのだと思います。

この状態の娘さんをどう受け止めたらいいか?ですが、
突っかかってきている時には、どのように返事をしてもうまく行きにくく、下手をするとバトルに突入してしまいがちです。なので、基本的にはそのまま受け流す、くらいで良いでしょう。

その代わり、普段の生活の中で『これまで通り面倒を見てあげる』ことや、『温かく「おはよう」「行ってらっしゃい」「おかえり」「召し上がれ」「おやすみ」と声をかけてあげる』ことを続けてあげてください。

そうした日常の空気の中に、子供は「反抗していても、生意気なことを言っても、変わらずに認めて愛している」というメッセージを感じ取ることができるもの。

引き続き大変な日々とは思いますが、お子さんを思う強い気持ちがあるだるまさんなら大丈夫。
応援しています。
お世話になります。
ていねいなアドバイスをいただき、
本当にありがとうございます。

思い当たることばかりです。
小6女子の上の子、子供から思春期に、
急速に変化しているように思われます。

今風の女の子らしく夢見がちで、部屋の装飾から衣類など、
あれこれほしいものもたくさんあるようです。
不満も多く、感情的な言動も目立ちます。
お父さんは参観日に来ないで!
お母さんに来てもらうから!なんていわれると凹みますが。
同時に、ひそかに気を使ってくれていることもよくわかります。

温かく見守ってみます。
冷静になって子供たちの言動に注意を払い、
あまり子ども扱いせずに、出来るだけ誠実に接してみます。

ただ、細やかな点まで気が回らない、気づけないのが悔しいです。
そんな男親のガサツなところ、女の子は嫌がります。。

本当にありがとうございます。
こんな生活に慣れてきたのと同時に、
子育ての大切さと責任の重さを、痛感しています。
そして面白み、生きがい、も。。

これからもわからなくなったときまたアドバイスいただけますよう、
今後ともよろしくお願いいたします。
だるまさん、ご返信ありがとうございます。

娘さんの嗜好の変化を感じ取ったり、
言動や態度から子どもの気持ちを読み取ったり、
充分に細やかに見守ってあげられていると思いますよ!

ご自身ができていることに自信を持って、
そして、ご自分の体調を崩さぬよう充分に気を付けて(←これ、ものすごく大切です)、
これからもお過ごしくださいね。

またいつでもご相談ください!
明けましておめでとうございます。
昨年はいろいろとアドヴァイスをいただき、
その言葉に勇気付けられ、
なんとかがんばってこられたと思います。
まだまだ至らないことばかりで情けなくなるときもありますが、
子供たちと向き合いながら、
今年も、これから先も、ずっと、
がんばって生きたいと思います。
迷ったら、また相談させてください。
よろしくお願い致します。
だるまさん、新年あけましておめでとうございます。

コメントありがとうございます。
昨年はいくらかでもお役にたてたようで良かったです。

今年も、お仕事と子どもたちとの時間も、お忙しいとは思いますが、大切にお過ごしいただけることと信じております。

また話したいことがありましたら、いつでもお気軽にコメントくださいね。
メールでも結構です!
くろさわ
くろさわ様
お世話になります。。ご無沙汰しております。
以前何度か、悩み事を書き込みさせていただき、
その都度アドバイスいただき、勇気付けられてきました。
今日は、、深い懺悔の気持ちでいっぱいになっていまい、、
どうか話を聞いてもらいたく、書き込みさせていただきます。。
母親が出て行って3年半、子供たちの面倒をみてきました。
上の女の子は中2、下の男の子は小5になっています。
昨夜、夏休みの宿題だのなんだので長男と言い合いになり、
話は母親のことに及んで、

「アイツはお前らを裏切ったんだ、
普通、母さんっていう人はお前らのそばにいて面倒みてくれるもんだろ!
あんなやつ、お母さんなんて呼べないだろ、」
なんてことを言ってしまった。

彼は、、ぐうの音もでず、ガックリ来て、放心状態のようになり、
しばらくしてからとめどなく泣き出してしまった。
ショックだったと思います。。ひどいことをしました。

やはり子供たちにとってはお母さんです。
そして本能的におかあさんが恋しいのでしょう。
常にそこを意識していないと、
自分の感情を子供たちにぶつけてしまう。。
まだまだ修養が足りない自分でした。。

・・・・・・・

最近、子育てに自信をなくしています。
子供たちには父親よりも母親のほうが必要なんじゃないか?
そう思っています。
あんなヤツに子供は任せられない、、
それだけで子供を面倒みてきたようナ気になってきました。
子供たちに本当の愛情を持つのなら、、
子供たちからみた母親像も大切にしてあげなければいけない、
それができていない自分でした。。

こんなことの毎日です。。
苦しいですが、
子供たちにはもっと本質的な問題でしょう。
耐えてがんばりたいと思っています。

長文失礼いたしました。
だるまさん、

こんにちは。お久しぶりです。
いただいたコメント、お読みしました。

息子さんにひどいことを言ってしまったと悔やんでいるのですね。
彼に対して申し訳ない気持ちでいっぱいなこと、よく伝わりました。

日々大変だけどがんばっている中では、子どもの言い方によってはカチンと来たり、カッとなったりすることもあって当然です。
もし良くないことを言ったと思うなら、息子くんに率直に謝れば大丈夫ですよ。


きっと、これだけでなく、他にも日々いろいろなことが起きていて、
その中で今回のことが引き金になって、自信喪失しているのだと思います。

でも、私から見ると、だるまさんは「自分がどう思うか」と「子どもがどう感じるか」は別だという意識がしっかり持てています。
これだけでも、充分に『子どもを尊重できている』と言えます。


誰であれ、波はあります。
だるまさんは、子どもを大切に想う部分がブレていないから、大丈夫。


そろそろ、親を単なる「保護者・庇護者」ではなく、「1人の大人モデル」として見る視点を持ち始める年頃です。
失敗して、反省して、改善して…も含めて、これからも子どもたちと一緒に毎日を生きてあげてくださいね。

心から応援しています。
いつか「耐え」たり「がんばっ」たりせずに、肩の力を抜いて過ごせることも祈っています(^^)












管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。