大声禁止

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大声禁止


小学校の教室での、一場面。

クラスのわんぱく小僧たちが騒いでいると、まじめな子が注意します。
「静かにしてください!」

わんぱく小僧も負けずに言い返します。
「お前がいちばんうるさいじゃん~」

おそらく、皆さんの記憶にも似たような風景があるのでは(笑)

~~~~~~

子ども時代の教室のみならず、現在の皆さんの家庭でも
「うるさくしないで」「大声出さないで」と子どもに言いたい場面は、
頻繁に起きていることと思います。

子どもにとって、元気に動き回ったり、大きな声を出したりするのも
時には大切なこと。でも、それが家の中である必要はありませんよね。

なので『家の中では大声禁止』を子どもに求めることは、
問題ありません。


あるいは、

―相手の言い分を聞かずに、自分の主張ばかり大声で訴える

―声の大きさで相手を圧倒して、自分の言い分を通そうとする


などの行動が見られるなら、それを改めてほしいと思うことも理解できます。

そういう時に
『大きな声で自分の言いたいことばかり言うのはダメ、相手の話も聞いて』
と諭すこともあるでしょう。


ただし、1つだけ注意があります。


それは、
「子どもに求めるなら、親も守りましょう」
です。


いつもお伝えしていますが、子どもは「親が“言った”通り」には育ちません。
「親が“やった”通り」の行動を、見て学ぶのです。

大声を出す子どもに対して、
それ以上の大きな声で叱りつけて

「大きな声を出さないの!
 言いたいことはちゃんと静かに話しなさい!!」


と怒鳴っていては、子どもは
『相手より大きな声を出して、こちらの言い分を聞かせる』
という行動を身に付けるばかりです。

子どもに『静かに話して理解してもらう』『相手の言い分も聞く』ことを
身に付けさせてあげたいなら、まずは親がそう行動するのがいちばんの近道です。

「大きな声を出すと、パパは居心地が悪くて悲しいよ」
「言いたいことは静かにお話しできるといいなぁ、って思うよ」
「でも、つい大きな声で言いたくなっちゃう事情もあったんだよね。
 よかったら、パパに話してくれるかい?」


こんなふうに、伝えてあげたいところです。


とは言え、日々子育ての現場にいるママ・パパからは、
こんな声も聞こえてきそうです。

「そうは言っても、子どもが大声を出している以上、それ以上の
 大きな声を出さないと子どもに聞こえないのだから仕方ない」
と。

そんな時は、ちょっと工夫が必要です。
子どもたちの関心を一気に惹きつけて、静かに話せる状況を作り出しましょう。

例えば『てんとう虫発見作戦』。

子どもたちが大声を出して言い合いを始めたら、
短く一言「あっ、てんとう虫!」と言って、部屋の隅に駆け寄り
ます。そして、しゃがみこんで床の1点を凝視。

すると、子どもたちは「なに?」「どこ?」と寄ってきます(笑)
この瞬間に、静かに話して伝えるチャンスが生まれます。

「あー、てんとう虫かと思ったら、違ったみたい」
「ところでさぁ、・・・」



自分自身の振る舞い方が子どもの見本になっていること、
意識して過ごしていただけたら、私もうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト


ああ、とても共感します。子供の立場で。

私の実家は、大人が傍若無人に振る舞うことは許されても子供は子供だからという理由で認められてきませんでした。

子供心に納得いかなかったので、我が子らには大人と子供の線引きはしつつも、大人は子供に何をいってもしてもよい、子供にダメと禁じても大人は許される、みたいなことはしないように気を付けています。
結果、長男と同じくらい注意されているのは夫ですが(笑)。

子供は親のいった通りではなく、親のした通りに振る舞う、と聞きました。できないことは親も素直に認めて一緒に取り組むくらいの謙虚さを持ちたいというのが、今は疎遠になった両親の子育てを反面教師にした私の思いです。
cocue-cocueさん、

コメントありがとうございます。
「子どもの立場で、共感」というところ、最高の褒め言葉に感じられて、とても嬉しいです。

ややもすると大人は、その場その場をうまく収めるために、子どもに対して一方的になってしまいがち。
そんな中で、ご自身の経験をしっかり消化して、お子さんとの接し方に活かしていること、とても立派と思います。
(その結果、ご主人がいっぱい注意されているようですが(笑))

私も「あんなふうに言われて、納得できなかったなぁ」などと覚えていることが、子どもへの適切な接し方に気付くヒントになっています。

くろさわ



> ああ、とても共感します。子供の立場で。
>
> 私の実家は、大人が傍若無人に振る舞うことは許されても子供は子供だからという理由で認められてきませんでした。
>
> 子供心に納得いかなかったので、我が子らには大人と子供の線引きはしつつも、大人は子供に何をいってもしてもよい、子供にダメと禁じても大人は許される、みたいなことはしないように気を付けています。
> 結果、長男と同じくらい注意されているのは夫ですが(笑)。
>
> 子供は親のいった通りではなく、親のした通りに振る舞う、と聞きました。できないことは親も素直に認めて一緒に取り組むくらいの謙虚さを持ちたいというのが、今は疎遠になった両親の子育てを反面教師にした私の思いです。











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。