子どもとの日々

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お菓子作り(自分編)

先日書いた、娘のクッキー作り記事が人気だったので、
今度は自分のお菓子作りを(笑)

以前から、パンやらスコーンやらクッキーやら作っていましたが、
ここ最近はお菓子作り熱が高まっております(^_^;)

どうやら私はふんわり系よりもサクサク系の方が好きらしく、作るものも偏っていますが、ここにいろいろとご披露させていただきます~

まずは、サブレ。
レシピ本には米粉を配合と書いてあるのですが、そんな洒落たものはないので構わず小麦粉で作りました(笑)

まるく円筒形にまとめて、側面にグラニュー糖をまぶしてあるのがポイントです♪
昔だったら絶対に省略したであろうプロセスを丁寧に実施したことで、ちょっと本格的っぽい仕上がりになりました(^_^)v
サブレ
これは大成功で、食べてもらった人全員から絶賛してもらえました♪


続いて、さくさくショートケーキ。
スポンジではなく、スコーンっぽく焼いたものを半分に割って、クリームと桃を挟みました。
仕上げの生クリームは娘の意匠です(笑)
さくさくショートケーキ

生地がしっかりしているので、フォークを刺すと桃とクリームがぶにゅっと出てきてしまったりしますが、味的には大変好みに仕上がりました~


それから、ブルーベリーマフィン。
以前のブログでご紹介した、マフィン型を使って焼きました。

もうレシピも確立しているから、失敗はありませんv(^^)v
ブルーベリーマフィン

自慢ですが、贈り物・売り物にできるクオリティです☆


その後、しばらくプリンブームが続きました。

かぼちゃプリン
カボチャプリン

さつまいもプリン
サツマイモプリン

どちらも、かぼちゃ・さつまいもをたくさん入れて、裏ごしせずに作ったので、すごい食感に仕上がりました(^^ゞ
「さつまいもプリン」というより、「プリン風さつまいも」と呼んだ方がいいくらい(笑)

あと、蒸す時に圧力鍋を使ったせいか、蒸した後に冷やすと中央が凹んで穴が開くのも、悩みでした(・_・;)

最後に、ちゃんと裏ごししたかぼちゃプリンを作って、ブームは終結しました。
(裏ごししても、中央は凹んだけど)


次は、プチタルト。
買い物に行ったら、タルトの台の部分だけのできあがったものが売っていたので、迷わずゲット。
市販のタルト台

娘からのリクエストで、ぶどう(デラウェア)入りのタルトを作ることに。
カスタードクリームを作って、3つはデラウェア入りに。あとは適当にいろいろ入れてみました。
プチタルトいろいろ

すごーく美味しくて満足な出来でしたが、市販のタルトは高いから、頻繁には使いにくいかなぁ


次にご紹介するのは、ある休日の朝ごはんに作った、パンケーキ。

私は普通に焼いて、
冷凍庫で見つけたラズベリーでソースを作って、
ちょっとキレイに盛り付けてみました。
パンケーキ ラズベリーソース
ミントの葉が載って、本格的に見えるでしょ♪
このミント、マンションの植栽から娘がこっそり収穫してきたことは、秘密です(*^_^*)

パンケーキを作っていたら、突如娘が「作りたいものがある!」と言ってキッチンに乗り込んできました。
1枚焼いたと思ったら、残った生地にココアパウダーを入れて・・・

できあがったのが、これ!
DSC_0932125.jpg

以前に読んだマンガの中で、主人公が作っていたものを真似たとのこと。
ラズベリーのリボンと、シャインマスカットの首飾りは、娘のオリジナル☆
創作意欲、高いです(笑)


別のある日、娘の書道の先生(私も都合がつく時は一緒に習っている)から栗をいただいたので、さっそく茹でて・・・

パウンドケーキに投入!!
栗入りパウンドケーキ

殻からスプーンで掘り出す時に、どうしても崩れてしまうことを逆手にとって、
細かいカケラは生地の中に、大きいやつを飾りを兼ねててっぺんに並べて焼きました!

パウンドも何度も作ってレシピは確定しているので、期待通りの美味しさ♪
大好きな栗を贅沢に使えて、幸せ(^o^)
K先生、ありがとうございます~m(_ _)m


この頃から、娘からの「チーズケーキ食べたい」リクエストの圧力が増してきまして、
買い物ついでにケーキの焼型(ケーキがくっつかないフッ素加工、しかも底が外れる優れもの!)を購入。

人生初の、ベイクドチーズケーキでございます。
ベイクドチーズケーキ

クリームチーズを260g、さらにカッテージチーズも少々加えた、芳醇な味わい~
舌の肥えた息子をして
「なにこれ、お店のじゃん!てか、それより旨いし」
と言わしめた、最強の仕上がりとなりました。

それならば、と気を良くして張り切る単純な私。
ベイクドチーズケーキ ブルーベリーソース

チーズとブルーベリーって、合うんですよね。
息子も娘も、ソースを一滴も残さないように!くらいの勢いで丁寧に食べてくれました(^^)


で、クリームチーズが半端に残ってしまったので、
もう1パック買ってきて、挑戦したのがレアチーズタルト。

タルト用の焼型がないので、ベイクドで使った背の高いケーキ型で無理やり作りました。
タルト生地を上手に薄く円く伸ばすことができず、テキトーに指で型にぐりぐりやって済ませてしまいました(-_-;)

タルト台だけ先に焼くのですが、この時に錘(おもり)を載せなければなりません。
専用の製菓用の錘も売っているのですが、そんなものを買うのも癪です(貧乏性につき)
書道のお稽古の時にそんな話をしたら、K先生から「お米を重りに使っても大丈夫」との豆知識をいただいて、飛びついたことは言うまでもありません。
ちゃーんと、お米の重石で焼けましたよ♪

焼けた台に、レアチーズのフィリングを流し込んで、冷やせばできあがり。
レアチーズタルト

やっぱりタルト台のところの出来栄えが微妙です!
底の部分が分厚くて、食べ応えありすぎ(笑)
逆に壁の部分が貧弱で、ところどころチーズこぼれそうになった(汗)


レアチーズタルトを作った時、タルト台の分量が「2個分」だったので、残った生地で何を作ろうか・・・
その時に家にあったのが、素焼きのアーモンド。

それでは、と、アーモンドタルトを作ることに。

今回は、娘がタルト台を型にセットする作業に挑戦したい!ということで、
(絶対に失敗しそうでイヤだったんだけど)
(でもまあ、これも経験さ!と思い直して)
やらせてみたところ・・・

案の定、大失敗~(*^O^*)
2人で四苦八苦して辻褄を合わせるように、何とか修復しました(笑)

フィリングにはアーモンドパウダーと、砕いたアーモンドの両方を入れて、オーブンへ。
カッコは悪いけど、風味豊かに仕上がりました♪
アーモンドタルト


オマケに番外編。

たまーに、娘が私におにぎりをリクエストすることがあります。
依頼されるのは2種類あって、「おにぎり」と「お父さんのバカデカおにぎり」(笑)

この日のオーダーは、後者でした
ビッグおにぎり

海苔は全形の1/2を使用。
大きさが分かるように、ボールペンとの比較でご覧ください(笑)

両手で抱えて、美味しそうに楽しそうに、食べておりました


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




スポンサーサイト

お菓子作り(娘編)

この連休は、台風でお出かけもできず、家の中にこもりきりでした。

ずっと本を読んでいても退屈なので、娘とお菓子作り!しました~♪

娘は、クッキーを作ってハロウィンのお菓子として友達にあげたい、とのこと。
ハロウィンにはまだ早いですが、(私が今月下旬に一緒に作る時間が取れなさそうなので)この機会に作ることに。

娘が作りたいのは、クッキー4種類

最初は、カボチャのクッキーです。

蒸したカボチャを生地に練りこんで、絞り袋で成形します。

そして、おもむろにおつまみ用のミックスナッツを開封(笑)
その中から選り分けたカボチャの種を、クッキーのてっぺんに載せて、焼きました。

ちっちゃいのが、いっぱいできた♪
カボチャのハロウィンクッキー


次が、ココアクッキー
まんまるに成形したものの、焼いている途中に熱で形が崩れて、半球形に(笑)

不格好でしたが、粉糖をまぶしたら可愛くなりました♡
ココアクッキー


3つめは、アーモンドロッククッキーです。
生地はアーモンドパウダー配合、さらに素焼きのアーモンドを砕いていっぱい入れてあります♪

全粒粉入りの、私の好みの味に仕上がりました(^_^)v
アーモンドロッククッキー


そして最後が、抹茶マーブルクッキー
2種類の生地を作って、ほどよく混ぜすぎないように混ぜます。
娘、この工程がいちばん集中してがんばっていました(・_・)

けっこう、キレイにできました♪
抹茶マーブルクッキー


そして、焼き上がりを袋に詰めていきます。
カボチャを5枚と、アーモンド2個と・・・
クッキー詰め合わせ


さらに、このために買っておいたハロウィン用の紙袋に入れて、包装完成!
包みにこだわる姿を見て、女子だなぁと感心してしまいました(笑)
クッキー詰め合わせ包装済み


娘はすでにクッキー作りは1人でできるのですが、今回は作業量が多いので、私もいろいろと手伝わされました(笑)

それでも、私には雑用(粉をふるう、使い終わった材料をしまう、オーブンの予熱、クッキングペーパーを用意する、など)を言いつけて、大切なクッキー作りは自分でやりきったところに、ちょっとした意地というかプライドというか思い入れを感じました(*^_^*)


クッキー製作者
 ↓↓↓
クッキー製作者


友達1人ずつにお手紙をつけて完成したパッケージ、さっそく届けに行っていましたよ~♪
イキイキした表情が見られた、幸せな休日でした(^O^)☆


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




父の日♪

先週の日曜日、まだパジャマでボケーっとしているところに、
娘が満面の笑みでやってきて・・・

「はい、父の日のプレゼント!いつもありがとね~」

と、包みを渡してくれました♪

その日は他の用事があったりで、父の日のことはスッカリ忘れていたので、
ちょっとしたサプライズ


さっそく包みを開けてみると・・・

父の日プレゼント

マフィンの焼き型と、マフィン用のカップが~♪♪♪

先日、図書館で借りてきたお菓子作りの本を見ながら、
「マフィンもいいけどなぁ、道具がないから無理だな~」
と呟いていたのを、聞いていたようです。


まあ、見方によっては、かなりしたたかな奴らとも言えなくもないですが(笑)、
ここは素直に喜ぶことにします


そしたら、作らないわけには、いかないですよね~

記念すべき第1号マフィンは、クランベリー入り♪

レシピ本では黒豆を入れると書いてあるのですが、
黒豆はないし、
クランベリーが余っているし、
すぐ作りたいので、勝手にアレンジ(^_^;)

レシピとは違う種類の砂糖を使ったり、
無塩バターの代わりに加塩バターを使ったり、
かなり自己流なので、仕上がりが心配でしたが・・・

クランベリーマフィン

こんな具合に、とてもうまく焼き上がりました!

食べたみたら、、、夢のような美味しさ!
自画自賛ですが、いままで食べたどのマフィンよりも、美味しかった~(^o^)


子どもたちの評判も上々だったので、
気を良くして、第2弾♪


今度は、バナナマフィンです。
こちらは、ほぼレシピ本通りに。
とは言っても、相変わらず砂糖の種類は違いますが(^_^;)
(だって、ブラウンシュガーとグラニュー糖と、なんて何種類も用意してませんから)

焼き上がりは、こんな具合。

バナナマフィン

焼く直前に、飾り用のバナナを一切れずつ載せるのですが、
娘に頼んだら、平らに載せたり、タテに突き刺したり…
そのまんま、焼き上がりました(・_・;)

バナナとバターの香りが豊かな、美味しい仕上がり♪
子どもたちに訊くと、断然こちらの方が美味しいと。


その日、仕事から帰ると、テーブルの上にメモが。
見ると・・・

・チョコチップ
・バナナ&チョコチップ
・バナナ&ココア
・きなこ
・プレーン
・ココア&チョコチップ


これ、全部リクエストなんでしょうか(笑)

それにしても、我が家にある材料、私が作りそうなパターン、熟知されています


これからしばらくは、マフィン作りが続きそうです~(^O^)


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



書道 お楽しみ作品


娘は、書道を習っています。

ある日のお稽古の後、、、書き初めの時の余りの紙を持ち出して、ニコニコしながら何か書き始めました…



「ねぇ、見て見て~(^o^)」

満面の笑みで呼びに来た娘が見せてくれたのが、これ。
成長しよう

さりげなく、スマイルマーク入り(笑)

しかも「よ」のスマイルが、ちょっと幽霊ちゃんみたいでかわいい


好評に気をよくした娘さん、続けて、保管してある半紙を引っ張り出して…
たらまよ

4つの頭文字をつなげて、『たらまよ』

たらまよに生きよう だって~



そして、第3弾
しょうらいのゆめは

先日の私のトークショーで出てきた話から、着想を得たとのこと。



普段の、真剣に集中して書いたきれいな字とは全然違って、ヨロヨロの字(笑)

でも、これはこれで、とっても素敵。


娘も、わくわく楽しい時間を過ごせて、満足気です(^-^)

こんな素敵な時間を共有させてくれる娘に、今日も感謝。
これからも、よろしくね~(^o^)v


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



書き初め

もう3月も半ばになるのに、書き初めの話題で恐縮ですが・・・
(しかも、親バカ・子ども自慢のような内容なのですが)


わが家の娘が「全国学生書き初め展覧会」に応募して、みごと“特選”に選ばれました。

1年前は“金賞”で賞状をもらいましたが、
今回はさらにランクを上げての受賞。賞状に加えてメダルももらって、大喜びです。
書き初め特選 賞状・メダル

これが、その作品です。
書き初め「元気な子」


書道を習い始めて1年半ほどの娘。
丁寧に、集中してお稽古して、どんどん上達しています。

昨年の引越しでお稽古を続けられないかも…というピンチもありましたが、
親子で知恵を出し合って、先生にも協力していただいて、今も習い続けられています。

こうして、自信につながる体験をさせてあげられていることが、親としても嬉しいです。



今回の書き初めに当たっては、上の息子も単発で3回ほど指導していただきました。
短期間ではありましたが、充実したお稽古になったようです。

きっとこれも、何事にも本気で取り組むことを続けてきて、
深く集中する力を養ってこれたお陰かなと思います。


そして、校内コンテストで、みごと“金賞”を受賞!
書き初め「心の交流」

240人の生徒の中から選ばれた9作品の中に息子の名前を見つけた時は、
さすがにびっくりしました!
(息子から事前の報告がなかったので…)

本人は、
「こんなうまい字は、もう一生書けない」
なんて言っていますが、やはり自信につながる、いい経験だったのではと思います。

~~~~~~

今回、「上手に書けた」「賞がもらえた」こと以上に、私がうれしいと思っていることがあります。

それは、子どもたちが『努力することで、成果が得られる』という体験ができたこと。


娘は過去に、習い事を始めては1年も続かずにやめる、ということが何度かありました。
そのせいか、自分でも「続かないんだよね~」と話しているのを、耳にしたことがあります。
ですが、今回の受賞で、『書道はしっかり続けられていて、しかも成果も得られている』
という印象が、強く刻み込まれたはず。

言い換えれば、
『何をやっても続かない自分』という思い込みを、
『自分に合うものを継続して、大きな成果を出せている自分』
という自己イメージに持ち替えることができた

と思います。


息子も、以前から自分は字は下手だ、速く書きたいから丁寧に書くのは無理、
といったことを口にしていました。

『ゆっくり丁寧に書くよりも、素早くどんどん書きたい』という志向は、
私も同じなので良く理解できますし、悪いこととは思っていません。


ですが、今回の受賞で、
『丁寧に書こうと思えば、しっかり上手に書くこともできる』
という新しい自己イメージも獲得できた
のでは、と嬉しく感じています。


今後も、機会があったらこうした体験をさせてあげられるよう、サポートしていきたいです!



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪





飛び込み、特訓!

先日このブログで書いた、娘の『飛び込み特訓』

一部の方からのご要望があったので、詳しい様子をご紹介します。


まず最初は、練習場所探し。
学校プールも、市営プールも、レジャー施設のプールも、
飛び込みはできません。

そこで思い出したのが、昨年、娘・母・祖母の3人組で旅行に行った温泉旅館です。

山梨県石和温泉「石水庭旅館 笛吹川」


プールがあって、スイミングスクールなどが合宿に来ることがある、と
聞いていました。
昨年3人が行った時は、合宿客はなく貸切状態で自由に泳げたから、
空いていれば飛び込みだってOKのはず。

連絡してみたら、やはり他にプールを使うお客さんがいなければ
飛び込みも大丈夫とのこと。


プールが空いている日で私と娘の都合のつく日程を調整して、
2泊3日の旅程が決まりました。
父と娘の合宿旅行です(笑)

ずっと練習では飽きてしまうので、プールは1日2~3時間程度と決めて、
他のことも楽しみつつ練習することにしました。


まず初日。旅館に着いたら、何はともあれ1回試してみよう!と。

先に私が見本を見せて…
[広告] VPS



娘も試しに、飛び込んでみました。
[広告] VPS




「飛び込む」と言うより、「落ちる」でした(^_^;)
人生初ですから、うまくできなくて当然です。

ここから練習スタート。

-初めはプールサイドから、
 次にスタート側の少し高いプールサイドから、
 最後に飛び込み台から、
 と段階的にステップアップして、練習を重ねます。

―要所要所でビデオ撮影して、自分のフォームを確認します。

―練習ばかりでは飽きてしまうので、時々遊びながら。
 プールサイドでかくれんぼしたり、水かけっこしたり。

―またしばらく飛び込み練習して、
 煮詰まってきたらクイックターン練習に切り替えて、
 休憩を入れて、再度飛び込み練習へ。

―途中で何度か、本番同様に飛び込みスタート→クイックターンで
 50mのタイムも測ってみたりして、気分を盛り上げながら。


こんな具合で3日間、練習を続けました。


ある程度は飛び込めるようになってきたものの、
まだまだ顔・胸・お腹を水面に打ってしまうことがなくなりません。

最後日、残り時間も少なくなってきた頃、困り果てた娘は
私にアドバイスを求めてきました。

しかし、それまでも何度もアドバイスを求められて、
私も思いつくことは言い尽くしてしまっていました

そこで、ちょっと発想を転換するアイデアを提供してみました。

―うーん、これまでいろいろ考えて、あれこれ試してきたよね。
 それだけでも、充分に上達したと思うよ。

 でも、それ以外の方法でもっと上達したいと思うなら…
 理屈で考えるのをやめて、とにかくたくさん飛び込んでみる!って
 方法もあるかもね。

 決してお勧めするわけじゃないけど、思いつくのはそれくらいかなぁ



いくぶん迷っていたようですが、結局娘はハラを決めたようです。

「今から、とにかくたくさん飛び込む。
 残り時間で、何回くらいできると思う?」


―10回か20回ならできると思う。休みなくどんどんやれば、30回できるかも。

「じゃ、30回やる」

―そうか、わかった。
 でも、辛くなったらいつでも止めて良いからね。



宣言通り、飛び込んでは上がり、飛び込んでは上がり、
やがて「どうせ飛び込むだけだから関係ない」とゴーグルの
曇りを取ることもせずに猛練習する娘。

ところが、27回目の飛び込みで、ハプニングが娘を襲います。

両方の鼻から、鼻血がタラーと・・・

連続して水に顔を打ち付けていたからでしょう。
見れば、顔も胸も赤く腫れています。

―よくがんばったね!お父さん、すごく立派だなぁって感心してるよ。
 鼻血が止まったら、帰ってゆっくり休もうね


「帰らないよ!まだ27だもん。鼻血が止まったら、あと3回やる」

―でも、帰りの電車の時間が決まってるから、そんなに延長できないなぁ

「お土産屋さんに行く時間をなくしていいから、やる」

しばらくして鼻血が止まると、また飛び込み台に向かう娘。


なんだかスポ根マンガみたい…とも思いつつ、
思った以上にがんばり屋さんの娘に感動しながら、見守る私。


そうして、最後の1回を録画したものが、これです。
[広告] VPS




まだまだ全然上手とは言えないけれど、
最初の“落下”から比べると、だいぶ進歩しました。

娘がプールから上がってきた時の表情も、
「やれるだけのことは、やりきった!」という満足感で輝いていました!

~~~~~~

本番の水泳大会では、ちょっとお腹を打ち気味の飛び込みでしたが(苦笑)、
自由形・平泳ぎ両方とも、この3日間で測ったベストタイムを
大幅に更新してのゴール。

すごくいっぱい努力して
その努力が実を結んだことも実感できて
娘にとって、素晴らしい体験になったなぁ!
と思うと同時に、

私が「教え育てる」役割が、順調に小さくなりつつあるなぁと実感した、夏の終わりでした。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



終業式

息子の中学校・娘の小学校ともに1学期の終業式でした。


子どもたちは通知表が気になるようで、帰宅したら真っ先に成績の話をし始めました。


娘の小学校は、よくできるできるもう少し、の3段階評価。
27項目のうち「よくできる」がいくつ取れたか、自慢気に話してくれました。


息子の中学校は、9科目それぞれに4~5個の評価項目(A~C)と、科目ごとの評定(1~5)があります。
(私が中学生のころは、各科目の評定(1~5)だけだったので、新鮮でした)

息子は帰宅してドアを開けるなり「パーフェクト逃した!!!」と悔しがっていました。


2人そろって立派な成績を取ってきたことも良かったと思いましたが、
それ以上にうれしいのが、担任の先生からのコメント。

「すぐに学校にも慣れ」
「友達と楽しく生活」
「よく工夫し」「よく努力し」
「自分の意見をしっかり言い」
「中心になってクラスをまとめ」


息子は学区外から転居しての中学入学なので、実質的に転校生みたいなもの。
娘ももちろん転校生です。

そんな不慣れな環境にいながら、これだけ頑張れたのは、担任の先生と周りの仲間たちのおかげ。
しかもその頑張りを、しっかり見ていてもらえている。
すごく良い環境に迎え入れてもらえて、本当に良かったなぁと思います。


そしてもう1つ、感心したのが、これです。
  ↓
MVS賞状

息子のクラスでは、生徒全員が「いちばんよく頑張っていたと思う人」を投票して、
上位3人が表彰されるMVS(最高殊勲生徒)という制度があるとのこと。
このMVSに、見事1位で選ばれたとのこと!

毎日、学校が面白くて仕方ないという様子で出かけている姿は見ていましたが、
こうした目に見える形で、充実した時間が過ごせていることがわかって、改めて感動してしまいました。



夏休みも、2学期も、子どもたちがのびのびといろんなことにチャレンジして成長していけるよう、しっかりサポートしてあげよう!と、私も心新たにした1日でした。
めでたしめでたし。



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



いろいろ試したい

息子がテニスに興味がありそうな雰囲気が感じられたので、
兄のところからお下がりラケットを2つ、もらってきました。

それを見せたら、案の定テンション上昇する息子。


さっそく、休日に近所の公園でテニス体験することにしました(笑)


私と2人、離れて打ち合ったり、

私がトスしたボールを息子が打ったり、

息子ひとり、サーブの練習をしてみたり。

サッカー少年、テニスに挑戦3

サッカー少年、テニスに挑戦2

サーブは、なかなかうまく行きませんでした(苦笑)


気を取り直して、ストロークの練習!

公園のネットに、ターゲット目印代わりに自分のバッグをくくりつけ、妹にボールをトスしてもらって、打つべし!打つべし!打つべし!




[広告] VPS



こちらは、やればやるだけ手応えがあったようで、充実感漂う表情を見せていました。


1時間ちょっとのことでしたが、息子の興味にタイムリーに対応してあげられて、私も楽しい時間を過ごすことができました(^_^)v


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



窓に落書き

3月に引っ越してきた新居。
寝室の窓に、ガラス飛散防止フィルムを貼りました。

娘と一緒の共同作業。
「そっち持っててねー」
「ゴミついてるよ?」
「霧吹きシュッシュして!」
「空気抜くぞ!」


もともと私と娘がセットになると騒がしいのですが、この時も賑やかに楽しく作業しました。


一通り貼り終わった時、私の頭に素敵なアイデアが!


さっそく油性ペンを持ってきて、説明抜きで実践します(^o^)
「見て!ガラスが濡れてるよ(笑)」

窓の落書き1


それを見た娘、もちろん即座にペンを手に取ります。
私の描いた水滴から着想を得たのかな?
素敵な絵柄を描いてくれました。
窓の落書き2


雲、雨・・・次は私の番。
この落書き、かなり気に入っています(笑)
窓の落書き3



すると今度は娘が、ペンを持って玄関の方へスタスタ・・・
「ここも描いて大丈夫でしょ?」

そうでした。
玄関わきの小窓にもシートを貼ってあったのでした。
こちらは目隠し用の白いシール。

娘は、いきなり中央に、山を描きます。

頂上には、看板らしきものが。
娘が保育所時代に毎日散歩に出かけた、くじら山です。
くじら山


「お父さんも描いていい?」

私も参加して・・・



素敵な作品ができました!

玄関の小窓
(犬と花の大きさのバランスがおかしい、とか細かいことは言わない(笑))


フィルムが貼ってあるとわかっていても、窓に絵を描くのはちょっとドキドキ。

日々の暮らしの中でも、絵が目に留まると自然とニッコリします


簡単で手頃な楽しみ。
小さい子でも大きい子でも楽しめるので、よかったら試してみてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



実験の様子(写真付き)

先日のブログでお伝えした、卵の実験。
 ↑
(クリックで記事が見られます)

その時の様子と写真そアップします

お酢の入ったコップに、卵をそーっと入れます。
するとすぐに、殻の表面に気泡が出てきます!

卵実験1

この写真でもわかりますが、気泡が出て、殻の表面が膨らんでいる部分があります。
窓の保護シートや、携帯の液晶画面保護シートを貼る時に失敗して気泡が入ってしまった!のような

その気泡のふくらみが、徐々に大きくなっていきます。

卵実験2

卵実験3

その様子を、真剣に見つめる娘(^_^)


しばらくすると、その気泡の膨らみが大きくなって、殻の表面から薄皮みたいなものが剥がれてきました。
牛乳を温めたときの膜みたいなもの(もっと薄いです)。

娘、箸で器用にその膜を取り出し、臭いを嗅いで、ポイッと捨ててしまいました(笑)

その後も徐々に勢いが弱まりながらも、気泡はじわじわ出続けます。

~~~~

翌日。

私が見つけた新聞記事では「酢を入れ替える」
娘の持っていた小冊子では「酢を注ぎ足す」
となっているので、娘の判断で注ぎ足すことに。

するとまた、気泡が元気よく出始めます!

その様子を眺めながら、
「なんでだろうねー?」
と、しばし親子で歓談
(その時の娘の考えた仮説は、先日のブログに書いた通り)

~~~~

そして2日後。指でつつくと、明らかに殻は柔らかくなっています

コップからそーっと取り出して、水で洗ってみます。
卵実験4

興味津々でいじくりまわす娘。

「おおー」

「すごい!ふにゃふにゃしてる


触っているうちに、破れてしまいました!
(目で見る限り、中身は普通の卵のままでした)

中身が抜けてしまった後も、殻の内側を水洗いして、いじり続ける娘。
卵実験5

最後はクチャッとつぶして、実験終了。

―酢で泡が出てくること、

―表面から膜みたいなものが剥がれてきたこと、

―固かった殻がペコペコの紙みたいになったこと、


とても興味深く観察できたようでした!


そんな体験に寄り添ってあげられて、よかったです

小学生くらいのお子さんがいらっしゃる方、ぜひ試してみてください!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。