イベント

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


育休男子会

3月2日の月曜日、RG育休男子会なるイベントに参加してきました。

その名の通り、育休取得経験者のパパたちの集い。
みんなリクルートグループ(私が以前に在籍した会社や、グループ会社)の方々です。

育休取得の時期や期間については、それぞれ異なります。
子どもが生まれてすぐに取った人もいれば、子どもが1歳になる直前だった人も。
取得期間も幅があって、1週間から半年までいろいろ。
周囲の賛同具合も人によってまちまちで、「いいね!」から「この年度末に…」までいろいろな反応があったようですが…

それでも、皆が共通して言っていたのが、
「育休、取って良かった!」

ある人は、夫婦の関係も良くなったと言い、
別の人からは「ずっと一緒にいすぎると、逆にね…」なんてコメントもあったりしましたが(苦笑)

ひとつ印象的だったのは、子育ての大変さだけでなく、『育児と並行で家事をすることの難しさ』を実感できて良かった、という声。
もともと家事が得意だったという彼は、
「育休を取らなかったら、この大変さがわからないまま奥さんに『そんなこともできないの?』と言ってしまって、致命的な溝を作ってしまっていたかも」
と話してくれました。
これって、奥さんの苦労を心から共感・共有できている、そんな状態ですよね。素晴らしいと思いました。

あと、特筆すべきことは、仕事を休んだことのデメリットを、誰も感じていなかったこと!
「心配していたような問題は何もなかった」
「そんなことよりも、育休を取って自分が成長できたこと、自分自身の仕事に対する姿勢がハッキリ・シッカリしたことの意義の方がはるかに大きい」

そしてもちろん、子どもとの関係は、育休終了後もみな良好
育休を取ったからこそ得られたいろいろな体験談も、楽しく話しました~♪

出産と授乳以外は、男女にできることに差はない。
男だから、女だから、ではなく、それぞれの家庭でちょうどいい役割分担ができるといい。
すべての家庭に育休が必要とは言わないけれど、少しでも関心があるなら絶対に取るべき。


そんな話を、熱く語り合いました。
あっという間の3時間半、とても楽しかったです。

私を誘ってくれたSさん、幹事を務めてくれたYさん、一緒に語り合ってくれた7人の仲間たちに、心から感謝です。


今年は、保育園の父親の会で育休体験談を話したり、自衛隊で育休取得推進の講演会をしたり、私個人としても育休推進がブームです。
またこういった場にお招きいただけること、楽しみにしています~(^o^)


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト

【満員御礼】子育て講演会(パパ向け)のお知らせ

主催者の方より、満員にて受付終了とお聞きしました。

告知からわずか数日で定員になったとのこと。
0歳~4歳の子どもとパパが集まってくださいます。

子育てに真面目に熱心に取り組んでいる方ばかりでは…と思いますが、
少しでもヒントになるお話ができるよう、頑張ります!

--------

久々に、一般参加可能な講演会のお知らせです。

0歳~3歳の子どもを持つ、父親向けの内容です。
パパ単独参加・パパママ一緒の参加のいずれも大歓迎とのことです。

市外の保護者の方も参加可能で、駐車場・託児もあって、参加しやすい条件がそろっています!
ぜひ、お越しください!


<講演会 概要>

■日時:9/27(土) 午後2:00~3:30

■場所:東松山市子育て支援センター「ソーレ」

■内容:パパの出番はココにある!~子供の年齢別・父親の活躍ポイントの見つけ方~

■定員:30名、託児:20名(いずれも申込先着順)

■参加費:講演会は無料(施設で遊ぶ場合は、付き添いの保護者1名ごとに入館料200円)

■申込方法:電話予約(0493-23-2231)
   ※ソーレの開館日・開館時間にお電話ください




<施設について>

ホームページはこちら
http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/solemare/index.html

・住所:埼玉県東松山市松本町1-9-19

・交通アクセス
東武東上線「東松山駅」下車
→徒歩15分
→東松山駅東口から「パークタウン五領行き」又は「鴻巣免許センター行き」に乗り、 「中央公民館前」下車

・駐車場:有り(松山市民活動センター共用300台)

・開館時間:午前9時30分~午後4時30分
・休館日:木曜日、年末年始


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



2/24(土) 講演を行います

2月24日(土)に、埼玉県で講演を行います。

普段の講演は、特定の幼稚園などの企画のものが多く、外部の方は参加できませんが、
今回は市役所の主催企画で、市内・市外を問わずどなたでも受講可能(しかも無料!)です。

普段ブログを読んでくださっている方とお会いする機会が少ないので、
講演でお会いできたら、とてもうれしいです!

■テーマ:パパが教えるパパのためのパパレッスン

■日時:2月24日(日)14:00~16:00 (開場13:30)

■会場:ふじみ野交流センター 集会室
 (埼玉県富士見市ふじみ野東3-7-1)
 (東武東上線「ふじみ野」駅より徒歩10分)

■申込方法:電話またはFAXにて申込み

■託児:あり(概ね1歳~未就学児。要予約・先着順)

■駐車場:あり(ただし台数に限りあり)

■申込先:富士見市役所 人権・市民相談課
    TEL:049-251-2711 FAX:049-254-2000


※お申し込み時に「くろさわのブログでイベントのお知らせを見た」と一言添えて
 お伝えください。

用意したお話を語るばかりでなく、会場のパパたちの疑問に答えながら
お話ししたいと思っています。
また、講演後も状況が許す限りご来場くださった方とおしゃべりしたいと
思っています。ご来場の際は、ぜひ、講演終了後に「ブログ読んでるよ!」と
声をかけてくださいね!


■参考URL:
□埼玉県富士見市HP/男性の育児に関するセミナー開催のお知らせ
http://www.city.fujimi.saitama.jp/40shisei/danjyokyoudou/2013-0128-0951-12.html

□セミナー案内リーフレット(pdfファイル)
http://www.city.fujimi.saitama.jp/40shisei/danjyokyoudou/files/H24seminar.kurosawa.pdf

□会場案内(地図あり)
http://www.city.fujimi.saitama.jp/30shisetsu/02shisetsu/syougaku/fujiminokoryu-center.html


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



子育てシンポジウムのご案内

今週末1/12(土)に行われる子育てシンポジウムで、
基調講演パネルディスカッションを行います。

普段の講演は、
「特定の市区町村の子育て世帯対象」
「特定の幼稚園の保護者向け」など、
対象者が限定されていることが多いのですが、今回はどなたでも入場可能です。

場所は埼玉県朝霞市。参加無料とのことです。
ご都合がつく方は、ぜひご検討ください!


<シンポジウム詳細>

埼玉県南西部地域ふれあい街道事業
「親子で、地域で考えよう!子育てシンポジウム」
~共助の子育て社会を目指して~


日時:1月12日(土) 14:00~
場所:朝霞市産業文化センター
主催:NPO法人 子育て支援 親の会・絆

内容:
◆基調講演
「子どもの自立を促進するコミュニケーションの取り方 および
 地域とのかかわり方」

講師:黒澤浩樹(子育て支援アドバイザー・パパコーチくろさわ)

◆パネルディスカッション
「今こそ求められる“地域で子育て”という発想」
◇コーディネーター:
  NPO法人新座子育てネットワーク代表理事 坂本純子氏
◇パネリスト
 ・朝霞市PTA連合会会長 飯倉昇明氏
 ・和光市古民家愛好会会長 井上明次氏
 ・浦和大学こども学部 藍誠高氏
 ・NPO法人地域の力代表理事 小見野成一氏
 ・子育て支援アドバイザー 黒澤浩樹氏


★参加申込先:NPO法人 子育て支援 親の会・絆
E-mail:oyako@oyakonokizuna.com
TEL:080-1297-8511
FAX:048-479-1901

■参考URL:
□埼玉県庁HP/埼玉県南西部地域ふれあい街道事業について
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/atarashi-koukyou/hureai-event.html

□埼玉県庁HP/シンポジウム案内(pdfファイル)
http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/536094.pdf

□朝霞市役所HP/会場案内
http://www.city.asaka.lg.jp/soshiki/13/sanbuncenter.html


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



<お知らせ>ホームスタートが分かる講演会があります

以前の記事でもご紹介した、ホームスタート小金井


この度、関心をお持ちいただいた方向けの講演会を開催するそうです。

日程は7月14日(土)、場所は東京都小金井市。JR中央線の武蔵小金井駅です。

詳しくは、ホームスタート小金井のホームページ(ブログ)にご案内が出ておりますので、良かったらご覧ください!



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



バッジ作りました~ジェントルマン宣言

最近また、バッジの配布が盛り上がってきました。

―私のバッジを見て興味を持ってくださる方、

―ブログを見てご連絡くださる方、

―以前にバッジを配布した方が、追加でご希望くださるケース

などなど。。

震災以降、人と人とのつながり・助け合いを大切にする気持ちが
高まっているからでしょうか?

ご関心をお持ちいただけたら、ぜひご連絡ください!
(メール、もしくはこのブログへのコメント(非公開にもできます)にて~♪)


----以下、2009年当時のブログです----


8/14のブログで「ジェントルマン宣言」という活動についてお知らせしました。
→ジェントルマン宣言

この活動を始めた経緯を簡単にまとめると、こんな具合。

…子ども・子連れのママパパ、障がいのある方などに優しい町にしたい
→ちょっと手を貸すことならば、すぐにでもできる,
 子どもが『困っている人がいれば手を貸す』という考え方・習慣を身につけるには、
 親が率先して実践するのがいちばん効果的
→ではまず自分が率先して、ジェントルマン宣言をしよう!


“宣言”して何をするかの具体的な内容は、以下の4つの「すぐに始められること」。

・子連れの方の荷物やベビーカーを運ぶお手伝いをします
・扉を押さえて、後から来る方が通りやすいようにします
・座席を譲ります
・あいさつをします



それ以来、個人的には活動を続けているのですが、せっかくなので
シンボルになるものを―と考えて缶バッジを製作しました。

缶バッジという“モノ”を用意した主な理由は、この2つ。

(1)知人から「それは何?」と会話のきっかけになり、
   “宣言”仲間が広がることを期待して

(2)自分自身がバッジを目にすることで、宣言した時の初心を思い出すため


やがていつか、子連れママさんなどが何度もこのバッジを持っている人に
親切にしてもらう中で
「こんな活動している人がいて、この町も子ども連れで外出しやすくなったなぁ」
と思ってもらえたらいいなぁ、と理想を抱いています。


ちなみに、このバッジをデザインしてくれたのは、ジェントルマン宣言に
興味を持ってくれたママさん。小さい子どもを育てながら、優しくて温かみの
あるデザインを用意してくれました。
ジェントルマン宣言バッジ


バッジが欲しい方には実費のみでお分けいたします。
くろさわまでご連絡くださいね!
(バッジ代=1個100円/送料=10個まで一律80円、それ以上はご相談ください)

■ご連絡いただきたい事項
□希望個数
□送付先住所・氏名
□実費分の送金方法(銀行振込/ゆうちょ振込/切手送付)
□一言コメントも添えていただけるとうれしいです

連絡先:kuroあっとまーくsnow.email.えぬいー.じぇーぴー
(ご面倒ですが、上記を半角英字に直してメールください)

なお、都内なら手渡しも可能です。ご相談くださいね。


「まち」や「社会」が変わることがあるとすれば、
それは、“新しい行動をする人”の人数が一定数を超えた時に
「まちが変わった」「社会が変わった」と見える

のだと思います。

“一定数”も、結局はひとりひとりの意識と行動の集合です。
あなたも一緒に活動していただけたら、うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



講演のお知らせ

8月6日(土)に、講演を1件予定しております。

普段は参加者が限定される講演が多い(特定の幼稚園・保育園の
保護者向け、など)のですが、今回はどなたでもご参加いただけます。


主催は『特定非営利活動法人しごとのみらい』。


主に部下を持っていたり、メンバーを育てる立場にあるビジネスパーソン
向けの内容です。

開催場所は東京・本郷。


主催者『特定非営利活動法人しごとのみらい』理事長・竹内さんからのご案内を、
以下に引用いたします。

ぜひ、ご一読ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あるリーダーは、こう不満を漏らしました。

「もっと自分で動いてくれないかな~」
「一生懸命やっているのに、なんでうまくいかないんだろう……」
「だからリーダーなんて引き受けたくなかったんだよ!」


新たに採用した社員
他の部署から移ってきたスタッフ

言ったことはやってくれるけれど、指示しないと動いてくれない。
いつまで経っても自分で考えてくれないので、面倒を見続けなければ
ならない。
そして、本来やるべき自分の仕事ができない……

このようなことで、お困りではありませんか?

本当は、もっと自発的に動いて欲しい……
もっと、アイデアを積極的に提案して欲しい……


けれども、それがなかなか叶いません。
だから、つい、言葉を荒げてしまうのですよね。

ひょっとしたら、本当は強く言いたいのだけれど、
スタッフとの関係を壊れることを恐れるあまりに言いたいことが言えず、
ストレスを抱えているという方もいらっしゃるかもしれません。

しかも、中間管理職である30代から40代の世代は
スタッフだけではなく、上司との間に挟まれています。
「もっと部下を育てなさい」
「いつまでも自分でやっているからだめなんだ」
などと叱咤激励され
「上と下にはさまれて、どうしたらいいの?」
「どうせ私の気持ちなんか、誰も分かってくれないんだ」
と愚痴をもらしたくなっている方もいらっしゃるかもしれません。



■次世代の「育てる」を考える「ジェネレーションブリッジプロジェクト」

自立したスタッフが育たないとお悩みの
30代から40代のリーダー・管理職のみなさまへ。

リクルートのサイト「アントレ」にも掲載された
チーム快感トレーニング、トレーナーの吉田裕美子さんが
すばらしいイベントを企画してくださいました。

その名も、「ジェネレーションブリッジプロジェクト」。

「ジェネレーションブリッジプロジェクト」とは
自分の周りの人を育てることを大切にすることで
世代間のつながりを考え、
長期的な成長と成果を創造していくことを目指したプロジェクトです。

今回から新たに始まるこのプロジェクトは
これまでの、「才能のある人材を探す」という観点から
「目の前のスタッフのリソースを最大限に引き伸ばす」
という新たな視点で、
さまざまな「育てる」立場のみなさんが集い、継続的に学びあう
高密度な勉強会です。

第一回目である今回は、
「どうしたら、スタッフの成長力を引き出し、
 自発的になるように導くことができるのか」

をテーマに講演会&ディスカッションの場を設けることといたしました。

講演者は、
学校やPTAなどでも講演されている「育ての専門家」黒澤浩樹氏をお招きし
子育てから学ぶ『成長力を引き出し、導く』育て方について
お話いただきます。

黒澤さんは、まぐまぐ!で殿堂入りした人気のメールマガジン
「子どもが育つ“父親術”」の著者で
子どもがグングン伸びて、親のストレスも激減するノウハウを提供され
「駄々コネが減った」「言わなくても自分の準備をするようになった」
と読者からも評判のコーチです。

私も、子育てとスタッフの育成の両方を体験してわかったのですが
実は、子育てとスタッフの育成には、非常に共通点が多いのです。
実際、育児書を見ると、「これは、マネジメントの本か?」と思うほど。

また、僭越ながら、私も登壇させていただき
自発的なスタッフの導き方について、お話させていただきます。


■今回のイベントで得られること

今回のイベントにご参加いただくことで

・成長力を引き出し、導く方法
・モチベーションを最大化するシンプルな法則
・スタッフが自分で考えるようになる仕組み


を得ることができます。


■イベントの詳細

開催日時:2011年8月6日(土) 13:30~17:30 (13:15開場)
開催場所:東京外国語大学本郷サテライト 5階セミナールーム
     (東京都文京区本郷2-14-10)
参加費 :5,000円(税込)
定員  :20人(先着順)
主催  :特定非営利活動法人しごとのみらい


■講演内容

「本人がやる気にならなきゃ伸びない…は全年齢共通!
 子育てから学ぶ『成長力を引き出し、導く』育て方」

3500部を超えるメールマガジン「子どもが育つ“父親術”」著者
コーチ 黒澤 浩樹氏




「『だから、スタッフが育たない!』
 スタッフがみるみるうちに自分で考えるようになるヒント」

特定非営利活動法人しごとのみらい 理事長 竹内 義晴



さらに、講演の後はディスカッションの場をご用意しました。
あなたが疑問に思われていることを直接ぶつけてください。
多くの方と集い、悩みを分かち合い、
解決策を共有できればいいなと思っています。


>■お支払い


お支払いは、当日会場にてお願いいたします。


■お申し込み

→お申し込みは、こちらからお願いいたします。



■懇親会のご案内

講演会の後は、実費にて懇親会を予定しています。
深く学びあった後は、楽しいお酒を飲みましょう!


■最後に

今まで、スタッフの育成に悩まれましたよね。

このイベントに参加することで、
「問題がすべて解決する!」などと申し上げるつもりはもちろんありません。

けれども、自発的なスタッフを育てるシンプルな視点は
お分かりいただけるのではないかと思います。

あなたにも、近い将来

「スタッフを育てる仕事って、楽しい!」
「うちのスタッフと出会えて、本当に良かった!」

と思える日がやってきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご参加、心よりお待ちしております!



サッカー教室のご案内

我が家の息子もお世話になっているサッカースクール「A. C. Fonte」で、
来年度から低学年クラスが始まることになりました。

私、くろさわもコーチとして指導に当たります!


開講に先立って、3月4日(金)と11日(金)に無料体験教室があります。
対象は、新1年生と新2年生。
参考リンク→A.C.Fonte 低学年体験のご案内

場所は東京都小金井市の総合体育館(小金井公園内)です。
参考リンク→総合体育館について(アクセスなど)

ご関心のある方は、メールにてご連絡くださいね。
詳細をお知らせいたします。
kuro☆snow.email.ne.jp
(☆を半角「@」に替えてください)


このスクールの良いところは、自立した選手を育てるスタンスで
一貫しているところと、現役選手を含むコーチ陣がレベルの高い
指導をしてくれるところ。私も信頼して息子を通わせています。

実際に、このスクールに通うようになってから息子のプレーは格段にレベルアップして、
チームの仲間とのコミュニケーション(量・質ともに)も向上したように思います。
同時に「物事に取り組む姿勢」「自分に責任を持つ意識」が高まったこと、
そして何より『賢く、たくましくなった』ことにも、とても感心しています。


低学年クラスでも、サッカー技術の習得に加えて「集中して取り組む」
「自分のことは自分でやる」「話をしっかり聞く」などにも重点を置いて、
子どもたちの成長を引き出そうと思っています。

子どもがサッカーを楽しく学びながら、サッカーを通じて成長する──
そんな姿を一緒に見守ることができたら、とても嬉しいです!


お近くにお住まいの方は、ぜひご検討ください!


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




twitter(ツイッター)始めました

ツイッター、始めました。

ブログの更新もままならない状況で新しいものに手を出すのはどうか…とも思いましたが、
とりあえず始めてみて良かったと思っています。

良かったら、フォローくださいね。
papakuro on ツイッター



ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックお願いします~♪


10.15 世界手洗いの日

ご存知でしたでしょうか。明日、10月15日は「世界手洗いの日」らしいです。

私は、知りませんでした。
ユニセフからのメールで、先ほど初めて知りました。
以下、引用です。興味のある方はどうぞ!


--ここから引用--

ところで、明日、10月15日は「世界手洗いの日」です。

「世界手洗いの日って、なあに?」 そんな声が聞こえて来そうですね。

世界手洗いの日とは、国際衛生年である2008年から、10月15日を
世界手洗いの日(Global Handwashing Day)として、ユニセフやさまざまな組織が
協力して、世界73か国で正しい手洗いを知ってもらうための
イベントが行われました。
参加した子どもたちの数は1億2000万人にものぼりました。

そう、手洗いはとてもシンプルな感染症の予防法です。
せっけんを使って手を洗い、汚れやばい菌を落とすことで
かぜやインフルエンザ、感染症といった病気の予防につながるのです。
子どもたちには、ぜひとも身につけてもらいたい習慣です。

それは、日本だけでなく、どこの国でも同じこと。
世界で、5歳の誕生日を迎えずに命を失う子どもたちの数は、
年間880万人。そのうち、不衛生な水や環境、不十分な衛生習慣などから
肺炎や下痢にかかって亡くなる子どもは、316万人もいます。

もしせっけんを使って正しく手を洗うことができたら、
年間100万人もの子どもの命が救われると言われているのです。
病気で学校を休まなければならない子どもも、大幅に減ります。

日本のみなさまにも、正しい手洗いの大切さを知ってもらい、
楽しく正しい手洗いの習慣を身につけていただくと同時に、
世界の子どもたちを取り巻く状況や、衛生や保健の問題に関心を広げてもらいたい、
日ごろから行っている手洗いを通じて、世界とのつながりを感じてもらいたい!

そんな思いを込めて始まった今回のプロジェクト、
是非、マンスリーサポーターの皆さまのご参加をお待ちしております。

【ダンスで参加!】
ダンスで手洗い? なんてちょっと不思議かもしれませんが、
手を洗うときに気をつけたいポイントや洗い方の基本が折り込まれ、
音楽や振り付けに合わせて、楽しく踊っているうちに、正しい手洗いが
自然に覚えられるダンスです!こどもも、おとなも楽しめます。

お手本を見せてくれるのは、世界で活躍しているダンサーの森山開次さん。
「にょっこにょっこ」「あわわ~」「すべすべス~ッ!」と
本当に楽しくてかわいらしいダンスを披露してくれています。

マンスリーサポーターの皆さまも、是非一緒に踊りませんか?
世界手洗いの日プロジェクト公式サイトには、
手洗いダンスの動画がアップされています。

▼世界手洗いの日プロジェクト公式サイトはこちらから
→リンク先へ

【伝えて参加!】
世界手洗いの日プロジェクト公式サイトからは「世界手洗いの日」や、
プロジェクトについてのブログパーツをダウンロードできます。
ぜひ、「世界手洗いの日」について語っていただき、
マンスリーサポーターの皆さまの一声から、多くの方へ手洗いの大切さと、
世界の子どもたちのことを知ってもらうために発信をしてください!

▼【伝えて参加】へアクセスしてください
→リンク先へ

子どもたちが笑顔で踊る「世界手洗いダンス」の楽しい光景。
ぶくぶくふくらむせっけんのアワといっしょに、
手洗いの大切さと、子どもたちの健康を願う心が
たくさんの人たちのあいだに広がっていきますように……。
マンスリーサポーターの皆さまのご賛同とご参加を、お願い申し上げます。

--引用ここまで--

ちょうど最近、ムスコの小学校&ムスメの保育園で新型インフルエンザが流行し始めた所です。
これまで以上に、手洗い励行でいこうと思います。
(踊るかどうかはこれから考えます・・・)



ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックお願いします~♪


プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。