子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


素敵なママ

今日はちょっと趣向を変えて、我々父親たちのパートナーである
『母親』についてお届けします。


私がよく感じるのが、世間で出会う・見かける「お母さん」たちが、
みな元気そうで、小ぎれいで、明るいこと。

それはとても素晴らしいことなのではありますが、
一方で少し気になることも、感じています。


小さい子を育てた経験のある人なら必ず知っていることですが、
子どもを育てている時には、どうしても「くたびれて」「小きたなく」
なってしまいやすいものです。
(子どもを持つ親が皆いつでも「くたびれて」いて「小きたない」
 というわけではありませんが、そういう時も少なからずあるはず、
 という意味です)



それを考えると、世の中の「お母さん」たちが『みな』素敵なママに
見えることに、やや不自然な感も、なきにしもあらず。



私の感じる「気になること」というのは、お母さんたちの中に
『元気で、小ぎれいで、明るい母親』を演じてしまっているケース
あるのでは、という点です。


仮に演じてしまっているケースがあったとしても、それはきっと、
本人だけの問題とは言い切れないでしょう。


確かに一部は、自身の見得などだけで演じているケースもあるかも
知れません。

ですが恐らくは、周囲からのプレッシャー(「お母さん」たちは
常に周囲の目にさらされています)ゆえに、
素敵なママ・ちゃんとした母親を演じざるを得なくなっている人の方が、
ずっとずっと多いはず。


どんな理由であれ、無理をして演じ続けていれば、当然ながらいつかは
息が切れてしまうもの。


他人の目がないところ──例えば家の中など──で、
小さく“キレる”ことを繰り返す母親の中には、
そうしなければ神経が持たない、という切羽詰った状況の人も
多いのではと思います。

また、場合によっては何年も無理を重ね続けた末についに
『身綺麗さ』が壊れて、突然激しく“キレて”しまうことも、
あるのかも知れません。


これは、一部の例外的な母親だけの問題ではありません。
どの母親にも、すぐ近くまで迫ってきているリスク。


これに対して、幸いなことに父親にもできることがあります。
それは、周囲のプレッシャーから母親を守り、解放してあげること。

間違っても、プレッシャーに同調して追い討ちをかけるようなこと
──例えば、家で子どもに対してキレる母親に対して
「キレるなんておかしい」「育て方が悪いからだ」などと言う──
だけは、決してしてはいけません。


具体的に必要なアクションは、

・まずは、よく話を聞く
(解決案の提示などは一切要りません。ただ聞きましょう)

・『“常識”だと自分で思い込んでいること』や『人に言われたこと』を
 気に病んでいる時は、「そのままで良い」とハッキリと言い切り、
 外部の雑音を断ち切る

・義母などからのプレッシャーがあるなら、自ら防波堤になる


などで守りながら、

・母親の自由時間をつくる
(ママ業は365日・24時間営業です…代わってあげる人がいなければ!)


ことで、プレッシャーから解放してあげること。

子どもから離れて街の空気を吸うことができれば、きっと「お母さん」は、
元気で小ぎれいで明るい女性に戻って、再び自然体で“素敵なママ”で
いられるためのエネルギーを取り戻せると思いますよ!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト

“見本”で教える

ちょうど1年ほど前、我が家の娘が急に自転車に興味を持ち出して、
補助輪なしの練習をして、あっという間に乗れるようになりました。

今では、サッカースクールまでの約5kmをスイスイ走って通っています。


今日は、子どもに新しい動作ややり方を教えたり、練習させたりする
時のコツについてお届けします。


まず最初に心得ておいていただきたいのが、
「なぜうまく行かないのか」
についてしゃべり過ぎない
こと。


子どもの不器用な様子を見ていると、ついつい
「ここが曲がっているから、うまく行かないんだ」
「違う違う、そこで手を動かしちゃうからズレるんだよ」

と指摘したくなってしまうもの。

ですが、あまり言われすぎてしまうと、間違った部分に意識が行ってしまって、
かえって直しにくくなります。

─現状の問題点の指摘・分析=20%

─どうすればうまく行くかの説明・提示=60%

─うまく行くと楽しそうだね!の励まし=20%

くらいの比率を考えておけば大丈夫です。


次に心得ておくべきは、必ず『具体的なイメージ』を与えてあげること。

相手は未習得、つまり「どうすればうまくできるかを“知らない”」状態です。

「ちゃんと」「しっかり」「丁寧に」では、何も伝わりません。
できれば言葉の説明だけでなく、見本の実演も付けてあげましょう。


<例1:交通安全>

「ちゃんと見た?」「気をつけて」ではなく、

一緒に道路に出て、親自らが交差点で
「あ、曲がり角だ。横から車が出てくるかもしれないんだよな」
と言いながら立ち止まり、左右をキョロキョロ見て
「よし、車来ない!行こう」
と言って進む。



<例2:サッカー>

「ボールを蹴る前に、相手を見るように」と説くのではなく、

自分で見本を実演──相手を見て「お、あそこにいるんだな。それっ」
とボールを蹴る。



<例3:歯磨き>

「そんな雑な磨き方じゃダメだ」「もっと丁寧に磨きなさい」ではなく、

「歯磨きって、磨くところがいっぱいあるんだよ。まず歯の表側を
 磨いて…歯と歯の間が大切なんだよな…裏側はちょっと難しいけど、
 しっかりと…裏も歯の間を丁寧に…あっそうだ、奥歯は噛む所も
 磨かないとね」

(大人の歯を磨くところを見せながらでも、子どもの歯を磨いて
 あげながらでも)


以前に教えたことがあるものでも、子どもが慣れて身に付くまでは
「知らない」に近い状態です。


「前にも言ったじゃないか」「何度言えばわかるんだ」と言いたい
気持ちを堪えて、何度でも『知らないことを初めて教える』気持ちで
接してあげてくださいね。

----

余談ですが、冒頭の自転車練習の話のオマケです。

補助輪なしの自転車の、とても良い練習方法があるのでご紹介します。
(保育所の近くの自転車屋さんに教わりました。ご存知の方も多いかな?)


(1)まず、補助輪なしのバランス感覚を養う

補助輪を外す際に、左右のペダル(足で踏む部分)も外してしまい、
サドルを低~くします。

この状態(両足で地面を蹴って進む状態)で数日~1・2週間ほど
乗り回します。


(2)ペダル付で発進だけ練習する

ペダルなしでスイスイ乗れるようになったら、いよいよペダル付きでの
練習です。

サドルは、低いままか少し高くする程度。バランスを崩した時に
すぐに足で支えられるようにしておきましょう。

教えるのは、発進前に利き足(右足の子が多い)で踏むペダルを、
踏み込みやすい位置にセットすることだけ。
最初の踏み込みでしっかり漕げると、勢いがついて安定しやすくなります。


(3)ブレーキ練習も忘れずに

それなりに走れるようになったら、サドルは適切な高さにしましょう。

両足が指の付け根辺りまで接地するくらいが適当です。始めのうちは
やや低めでも良いですが、低すぎると膝が窮屈でペダルを漕ぎにくいですよ。

また、この頃には必ずブレーキも練習しておきましょう。
意外と子どもは、イザという時に足で地面を擦って止まろうとしてしまう
ことがありますので。

スピードを出させて、大人の合図が出たらブレーキを使って止まる。

練習でできるようになってからも、普段の乗り回し中に突然
「はい、ブレーキ!」と抜き打ちテストをしてみて、
体が反応できるか見ておきましょうね。


(もちろん、この自転車の練習の時も、私自身が(子供用自転車に
 乗って…)見本を見せて教えましたよ!)



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



親の人生は親のもの

このブログでは、折に触れて
「子どもの人生は、子どものもの」
「過度に干渉して、子どもの経験を奪わないように」

とお伝えしています。


そして、それと同じように、大切なのが『親の人生は、親のもの』という原則。


一見、当たり前のことのように思いますが、実はこの原則には、
大きな例外があります。

親─特に母親─は、人生の一部に『親の人生は、子どものもの』となる
時期があるからです。


子どもが乳児の頃は、おむつ替え、授乳、添い寝を繰り返す日々が続きます。
自分のための睡眠さえまともに取れない、文字通り“子どものもの”の時期。

少し大きくなっても幼いうちは目を離すことができず、
子どもからも後追いしてきたりで、トイレにも1人で入れない
時期がつづきます。


このこと自体は、子どもが小さいうちは自然なことですし、
その労苦を担うお母さんたちには感謝と敬意を感じるばかりです。


ですが、子どもが大きくなってきた時に、親の人生を適度なペースで
“親のもの”に戻せないケースも、少なくありません。

よく見るのは、子どもの生活・勉強・習い事に、熱心になりすぎて
しまっているケース。


『子どものために、自分の人生を捧げてしまう』
という誤り
が起きてしまうのです。


親が自分の人生を生きることを忘れて、子どもの人生にのめりこんでしまう。

その結果として、子ども自身が生きるべき“子どもの人生”を横取りして
しまっている。


子どもに全く関わらないことを目指すべきだと言うつもりはありません。

見守り、サポートして、一緒に楽しい時間を過ごすことは、もちろんOKです。


ですが、子ども本人が担うべき領域─子ども自身がやるべきことに
対しての意欲・情熱の部分─まで、親が持ってしまっているのなら、
それは間違いなく要注意の状況です。


「サッカーがうまくなりたい」という意欲は、子ども自身が持つもの。

親が意欲満々に
「もっと集中して!」
「今日はリフティングやったの?」

と声をかけるべき領域ではありません。


「ピアノを習いたい」という情熱は、子ども自身が持つもの。

親が
「休まず続けたほうが上達する」
「始めた以上、できるだけがんばらなきゃ」

と情熱を燃やす領域ではありません。


分かりやすいサインは、子どもが何かを「やりたくない」と
言い出した時の親の反応です。

「何とかして、やる気にさせなきゃ」
「いやいや、今日休むのは良くない」

などと反応してしまう場合は、子どもの人生に意識が向きすぎている
シグナルと思って良いでしょう。


「そう、今はやりたくないんだね」
「今日は休めばいいよ」

と受け止めてあげて、子ども自身の中から再び意欲が湧き上がって
くるようサポートしてあげられていれば、問題ないでしょう。


親が子どもの人生に過度に干渉しないようにするためには、
実は親自身の人生が充実していることがいちばん重要です。

どうすれば親自身の人生が充実するかは私がお伝えできることでは
ありませんが、世の中のすべてのお母さんたちが、充実した
“自分の”人生を送って、子どもとも良い時間が過ごせることを、
祈ってやみません!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



覚悟を決めて

以前の記事「弱気の虫」について、ご相談をいただきました。
参考→「弱気の虫」


相談の主旨は「子どもの訴えを聞いてみても、子どもがちゃんと
説明できないため、いつまでたっても解決に向かわない」とのこと。

腹が立ったり悔しかったり悲しかったりする状況で、思いを言葉で
表現できないこと自体は、仕方のないことです。
そんな時に、参考にしていただける記事もありますよ。
参考→「うまく言えないキモチ」


気をつけたいのは、
『大人の価値判断(→そんなことは大したことじゃない、など)』
『大人の都合・感情(→みっともない、早くして、など)』
『大人の解決策(→こうすればいいじゃないか、など)』

を決して持ち出さないこと。

自分の言いたいことよりも、子どもの思いに寄り添うことを優先する
強い覚悟は必要です。

モヤモヤしたものに言葉を与える(名前がつく)と、子ども自身で
その“思い”を扱い、対処することが、徐々に可能になってきますよ。



くりかえしますが、
「自分の言いたいことよりも、
 子どもの思いに寄り添うことを優先する、
 強い覚悟」

──これは本当に重要です。


場面と表現を変えれば、いろいろと言い換えることもできます。

─子どもの話に対して、自分の言いたい事を返事するのではなく、
 子どもが必要とする反応(傾聴や子どもが求めているアドバイス)
 をする覚悟。

─しつこいダダこねに腹を立てる/叱る/折れて言いなりになる
 のではなく、「なぜここまでひどくダダをこねるのか」
 「この子がこの状況を受け止め、乗り越えるためにはどんな
 サポートができるか」を考える覚悟。

─収拾のつかない事態に大泣きする子ども。「こっちだって
 泣きたいよ」「泣いても解決にならないだろう」ではなく、
 「よしよし。どうしようもなくなって、困ってしまったんだね」
 と抱き止める覚悟。


「うまく言えないキモチ」での例も同じです。

─泣きべそかいて、何が不満なのか・何を言っているのか
 はっきりしない子どもに、「そんな言い方じゃわからない
 じゃないか」ではなく、「言いたいことがあるのに、うまく
 説明できなくて困っているんだね」と声を掛けてあげる覚悟。



これらの例の中でも示していますが、“子どもの思い”と
“大人の思い”の区別については、改めてよく認識しておきたい
ところです。


「オモチャを取られて悔しい」は子どもの思い。

「オモチャの取り合いが始まって、イライラする」
「よその子に迷惑をかけてはいけない」
「オモチャくらい貸してあげればいいのに」
「貸してあげられるようになってほしい」
「いつもトラブルを起こしてしまうので、周囲の視線が…」
「ちゃんと躾けができていないといけない」


これらは全て、大人の思い。


「買って欲しいのに、買ってもらえなくて悲しい」は子どもの思い。

「お店の中で大声を出して欲しくない」
「いつもお菓子をねだるから、うんざり」
「『買いたい』って言わないと約束をしたのだから、言うべきでない」
「こんな所を知り合いに見られたら恥ずかしい」
「“ちゃんと躾けられていない子ども”“ちゃんと躾ができて
 いない親”のように見られそうだ」
「・・・って言うか、本当に腹が立ってきた!」


これらは全て、大人の思い。


『親としての覚悟』というのは、これら全ての“大人の思い”を
ぐっと抑えて、子どもの声を聞き、寄り添う覚悟です。

誰だって、はじめからできる訳はありません。
子どもを育てるようになってから、文字通り「覚悟を決めて」、
身に付けていくもの。

この意味を理解できた瞬間から、始めれば良いのだと思います。


もちろん、いつもいつもうまくできるとは限りません。
時には(はじめのうちは頻繁に)、厳しいことを言ってしまったり、
親の都合だけで不機嫌になってしまうこともあるでしょう。

それはそれでOK。慣れていないことがうまくできないのは、
自然なことです。

ただ、気がついた時点で、正しくその失敗と向き合えれば大丈夫。
向き合うことさえできれば、子どもに謝ることも、自然にできる
はずです。

「ミク、ゆうべは部屋の片付けのこと、厳しく言いすぎちゃって
 ごめんな。
 パパの言っていたことも正しかったとは思うけど、ミクが疲れてて
 少し休みたいってこと、ちゃんと聞いてあげられていなかったよね。
 今度からはミクの話も、しっかり聞くね!」



また、親だって、自分の思いを受け止めてもらうことで初めて
子どもの話を受け止める余裕ができるもの。

その部分は、夫婦間や親仲間、自分の親や兄弟など、あるいは
いろいろな相談サービスなどの支えを得られるよう、こちらも
努力が必要かも知れません。

「支えてもらう」ことを躊躇せず、積極的に周囲のサポートを
引き出して自分のコンディションを整えたうえで、子どもと向き合う
ことができれば理想的ですね。


メールをくださる読者さんの中にも、しっかりと覚悟を決めて、
子どもとの関わりを変えていって、素晴らしい親子関係を実現し
始めている方が何人もいらっしゃいます。

このママさんたちのように、子どもに関わるすべての大人が、
子どもに寄り添う姿勢を身に付けられたら・・・きっと
素晴らしい世界になると、本気で思います。

読者の皆さんにとって、このブログがお役に立てるのであれば、
本当に嬉しいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



創作意欲

娘の創作意欲が、このところとても高まっている様子。

もともと絵を描いたり、工作したり、お花を摘んで花束を作ったりが大好きな娘ですが、
8歳になって、制作にいろいろなこだわり・工夫が出てきています。



Runner

これは、クラスメートの間で(なぜか)流行っている『Runner』の歌詞カード
私にネットで調べさせて、かわいいメモ用紙に丁寧な字で書いたもの。

「写真撮りたい~」と言うのでカメラを渡したら、カードだけでは寂しいと思ったらしく、
手持ちのキーホルダーで装飾していました(笑)



リンゴとバラと蜂蜜と

我が家に偶然、赤いリンゴ青リンゴがあった時に、大いに喜んで2つを並べた娘。
さらにバラの花を添えて、
かわいい小瓶入りの蜂蜜も並べて、
写真撮影、パチリ。

実は最初はテーブル上で撮影していたのですが、あまり写りが良くないとご不満の様子。
明るさ不足と判断したようで、窓際に移して撮影し直していました。



お花畑

先日、友達の家に遊びに行く際、なぜか透明パック(縁日で焼きそばなどを入れる容器)を
欲しがったので、1つ与えました。

そして帰宅した際に持ち帰ってきたものが、コレ。

おそらく、出発前からこんな具合に制作したいとのイメージがあったのでしょう。
大いに満足気で、得意気に見せてくれました。



・・・とまあ、こんな具合に、次々と素敵なものを作り出しています。
きっと、私から見える以上に、充実した時間を過ごしているのだろうなぁ…と思います。

こんな娘の日々に寄り添うことができて、本当に幸せです。
ムスメよ、生まれてきてくれてありがとうね。


<オマケ:ムスメの肖像写真>
仮面の少女


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。