子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うまく言えないオトナ

読者の方からメールをいただきました。
昔のメルマガ「うまく言えないキモチ」をお読みいただいたとのこと。

→参考「うまく言えないキモチ」



ご相談は、
(子どもではなく)自分が、
子どもに対して言いたいことをうまく言えず、
いつも後になって後悔する、

との内容。


「メルマガを読んで『今度はこう言おう』と思うのだけれど、
 子どもを前にすると考えたとおりに話せない」

とお書きになっていました。



こういったケースについて、私は「まったく問題ない」と考えています。


“うまく”言えていなくても、子どもを大切に思う気持ち
─子どものために良いと思ったことを実践しようという思い─
は、しっかり伝わっています。

なぜなら、
『話している言葉・内容』よりも、
『話している人の気持ち・思い』の方がよく伝わるものだから。


逆の例を想像してみてください。

口では「うんうん。パパ、ユウキの話に興味あるから、しっかり聞いているよ」
と言いつつ、目は新聞に、手には携帯という状態。

子どもは「ちゃんと聞いてもらえていない」と感じますよね。


だから、子どもが何か話しかけてきたら、
“うまく”返事をすることよりも、
“熱心に”“興味を持って”“喜びながら/楽しみながら”話を聞いていれば、
それでOK。

子どもが何か都合の悪いことをしたら、
“うまく”説明をすることも良いけれど、
率直に“困って”しまっていれば、子どもも気が付きます。

子どもに何か伝えたいことがあるなら、
“うまく”話せれば理想的ではありますが、
何を大切に思っているのか、見失わないよう意識することのほうがずっと大事。
すぐにではないかもしれないけれど、思いはきっと伝わります。


もちろん“うまく”話せることも、子どものより早い・正しい理解に
大いに役立ちます。

ですが、どちらが先かと言えば、圧倒的に誠意・気持ちの方が先。
うまく話すことは、後回しにしてしまって構いません。



ちなみに、前述の記事「うまく言えないキモチ」に書いた

 子どもにとっては、まず“受け止めてもらえた”との感覚が必要

→安心感を得て、落ち着きを取り戻す

→「ではどうしようか」との前向きな意識を持てる


とのプロセスは、大人でも変わりありません。


皆さんも、身近な仲間とお互いの思いを受け止めあう形で支え合う
ことができるなら、それは自分たちだけでなく、子どもたちにも、
とても幸せなこと。

自分の思いも仲間の気持ちもどちらも大切にすること、心に留めて
いただければうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト

限界をつくっている?

昨日、子どもが自分で決めている“限界”を越えて成長するお話を書いたところ、
読者の方から反省のメールをいただきました。

「限界を越えるきっかけを作ってあげるどころか、『お前には無理』
 『どうせ失敗するんだからやめておきなさい』など、逆に限界を
 作って与えてしまっていた」

とのこと。


このメールをいただいたのと同じ時期に、私自身も同様の実例を目に
しました。

パン屋さんで、自分でパンを取りたがる子ども(小学校2~3年生くらいに
見えました)に対して、母親が
「あんたにやらせると、どうせまた落とすんだから、ダメッ」
と一喝…


いずれのケースも、本心としては『事故を防ぎたい』との思いから出たもので
あることは間違いありません。

そして、ちゃんと事故(=パンを落とす、など)も防げています。

ですが、事故を防ぐ方法があまり適切でなかったために、思わぬ副作用
(=子どもに不要な限界を植え付ける)を起こしてしまっている恐れが大きいのも、
また事実です。


子どもは、大人に言われたことから少なからず影響を受けるもの。
親や、身近な信頼している大人から言われたことであれば、尚更です。


一旦「無理」「できない」と思い込まされてしまうと、それは非常に簡単に、
実際の“限界”になってしまいます。

仮にこの時点で子どもがチャレンジしたとしても、
当然ながら最初のうちは失敗が付き物です。


その失敗、本当はただ「慣れていない」「経験が少ない」だけ。

でも、先に思い込みを持たされてしまっていると
「やっぱりここが限界なんだ」
「僕には無理だ」

と容易に納得して、“限界”の意識がさらに強化されてしまいます。


もちろん、この“植えつけられた限界”だって、いつかは越えてゆけるもの。
でも、不要な“限界”を植えつけるよりは、植えつけない方が良いのは、
言うまでもありませんよね。



ちなみに、冒頭のパン屋さんの例での『適切な事故の防ぎ方』も
お伝えしておきますね。

問題の行為について否定的な話をする」(=子どもがパンを取ることを無理と言う)
ではなく、

他の肯定的な話で塗り替える」(=他に安全に子どもができることを考え、依頼する)
です。

もっと具体的に言えば、こんな具合です。

「そうか、リサはこのパンが欲しいんだね。
 じゃあこっちはパパが取っておくから、リサはゴマ入り食パンが
 どこにあるか、見つけてきてくれるかな?
 パパはお店の中のこと詳しくないから、リサが見つけてきてくれたら
 助かるな!」


防ぐ必要がある場合は、上記のような適切な言い方で防いでいただきたいのですが、
本当は事故や失敗を防ごうとし過ぎないで欲しい
というのが私の本心です。


子ども自身のチャレンジから発生した事故や失敗も大切な経験。

親がフォローできる範囲──例えば、落としてしまったパンを弁償する
…たった100円・200円の話です──なら、どんどんチャレンジさせてあげたい!
させてあげて欲しい!と思っています。

子どもが何か「やってみたい!」と言い出した時に、このことを思い出して
いただけたら嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



限界を超えて

子どもは(子どもに限らず大人もですが)、知らぬ間に自分で自分の『限界』
決めてしまっていることがあります。

「これはできない」
「自分には無理」


例えば、
―自分ではシャンプーできない
―包丁を使うなんて無理
―自転車、まだ乗れないんだ…


他にも、なわとび、鉄棒など、例を挙げればいろいろあります。


今日は、この『限界』を引き上げる=次の成長を引き出す方法について、お伝えします。


子どもが自分で決めた『限界』に対して、親が「期待をかける・期待を伝える」
「チャレンジを促す」
という方法で接することは、私はお勧めしません。

親に
「きっとできるよ」
「もうxx歳なんだから、大丈夫」
「だから、やってごらんよ」

と言われることは、往々にして子どもにとってはプレッシャーになるもの。

また、この接し方だとチャレンジして失敗した時に失望感につながりやすい
(そして再チャレンジの意欲を失う)
という、大きなデメリットがあります。


私がお勧めするのは、「“できない”という事実の捉え方を変える」方法。


子どもの中にある
「自分にはできない」
「自分にはその能力はない」

という捉え方を、

親からの声掛けで
「やってみたことがない」
「まだ慣れていない」
との捉え方に置き換える方法です。


『自分でシャンプーできない』という子どもに対して、

「そうだよね、まだやってみたことないもんね」
「慣れるまでは、難しくて当然だよね」
「やってみたくなったら、いつでも言っていいよ」
「手伝って欲しければ、いつでもパパはお手伝いするよ」


と淡々と返してあげる、そんな接し方です。


「できない」「能力がない」と捉えていた時には、その状況を自力で
変えられるとは到底思えなかったのに、

「やってみたことがない」「まだ慣れていない」と捉えるようになれば、
自力で変えていける気持ち(やってみれば、できるようになるかも!)
になる可能性が出てきます。


また、この方法ならチャレンジして失敗が続いたとしても、
「慣れるまでのしばらくの間は、失敗して当たり前」と自然に受け止められるので、
次のチャレンジ意欲が削がれる心配がない点も、大きなメリットです。


次の成長ポイントかな?と思うところがあれば、ぜひこの言い方で
チャレンジを促してみてくださいね。


ただし、いつ・何が成長するかは、子ども本人が自然と決めるもの
親にできるのは「きっかけ作り」だけということは、心に留めておいてください。

呼び水を掛けても子どもが乗ってこない時、乗りかかったけどチャレンジが
続かない時など、子どもを追いかけてチャレンジを強要してしまわないよう、
ちょっと気をつけてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



一人っ子だけど…

読者の方からのご相談メールや、講演でお会いした方との話の中で、

「うちは一人っ子なのですが・・・」

と心配する声をお聞きすることがあります。

(どういうわけか、必ずお母さんです。ただ単にメールいただく方・講演で
 お会いする方にお母さんが多いからかも知れませんが)


きょうだい間での経験がない、親に甘やかされやすい、などを理由として
『一人っ子はちゃんと育たない』との通説を気にしているケースが多いようです。

中には、
「ある子育て関連の“先生”から、『一人っ子というだけで病気だ』と言われて…」
との体験をされたお母さんも。


病気呼ばわりするなんて、トンデモナイ話です。


はっきりお伝えします。

一人っ子であることは、何も問題ありません
2人っ子も問題ありませんし、3人っ子でも5人っ子でも、
男ばかり兄弟でも女ばかり姉妹でも、
そのことに問題なんてある訳がない。

きょうだいの有無・人数は、その子の本質には関係ありません。

その子を取り巻く環境の一部でしかないと、正しく理解しておきましょう。



そのことを理解したうえで、積極的に他の子と遊ぶ機会を作るなどの配慮をするのは、
それはそれでOKです。

ただ間違っても、
「うちは一人っ子だからお友だちと遊ぶ時間を確保せねば」
との強迫的な意識だけは持たないようにしてくださいね。

一人っ子であることからは何も問題は起きませんが、
強迫観念からは多くの問題が発生してしまいます。


私の個人的な考えですが、理屈を越えたところの信念として、
『子どもは必要なモノ・経験を、必要な時に、ちゃーんと手に入れるものだ』
と思っています。
(実は子どもに限らず、人生全般にそうだと思っているのですが)

その点からも、一人っ子の「きょうだい経験不足」について心配する必要は
ないと思っています。


実際に、周囲の一人っ子たちを観察すると、実にうまい具合に他の子との関係の中で、
そして親や周囲の大人との関係の中で、しっかり必要な経験を積んでいるのが
分かります。


気にかけても良いのは、
・大人からの手出し・口出しが多く受ける可能性があること
・“スキ”が少なくなりすぎる可能性があること

の2つくらい。

→参考:「子どもの領分」─(4)スキ


きょうだいがいてもいなくても同じことですが、
子どもが子ども自身で何かを経験する時には、基本は「見守る」だけを心がけましょう。
さらに、子どもの成長に応じて“スキ”を作ってあげられたら、言うことなしです。



今回は一人っ子について書きましたが、

「きょうだいが多く、1人1人に充分に愛情を注げているか心配」

「家庭の事情で父親と一緒に過ごす経験がない/ほとんどないが、
 ちゃんと育つだろうか」


などのご相談にも、私の答えは同じです。


動かせない環境に対する心配は、すべて「心配する必要はない」
そして、「自分ができることにベストを尽くしていれば、大丈夫」と。


あなたの子どもは、あなたを選んで生まれてきています
そしてあなたの所に生まれてきて良かったと思っています。
だから、あなたも「この子が生まれてきてくれたこと」を喜んで、
一緒に過ごす時間を大切にすれば、それでいい。

あなたに、素晴らしい日々が訪れますように!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



擬人化のススメ

今日のテーマは、“擬人化”です。

子どもとのコミュニケーションの中で、子どもの理解・反応が良くなるための工夫として、
身の周りのモノを擬人化して話すという方法を、ご紹介します。

これは、効果が出る/出ないの個人差が大きい方法。

効果が見えやすい子には非常に多くの場面で役に立つので、ぜひご活用くださいね。



例えば・・・

(1)片付ける

オモチャなどを片付ける際に「片付ける」「しまう」の代わりに、
「お家に帰してあげる」という表現を使います。

「さあ、そろそろ晩ご飯の時間だ。
 この子たちにはお家に帰ってもらおうね。
 どの子も迷子にならずに自分のお家に帰らせてあげたいんだけど、
 ユリちゃん、お世話してあげられるかい?」

「あらら。色鉛筆がこんな所に落ちているよ。
 兄弟とはぐれてかわいそう。仲間のところに帰らせてあげようか」



(2)大切に扱う

子どもがモノを乱暴に扱う時や、(子どもは乱暴に扱っているつもりはなくても)
傷めたり壊したりする心配がある時に、
「壊す」の代わりに「痛い」「ケガをする」との表現で。

「木琴さんは、固いものやとがったもので叩くとケガをしやすいんだよ。
 一度ケガをすると治りにくいから、木琴さんが慣れてるこのバチで
 鳴らしてあげようか」

「ケータイくんは、水に弱いんだ。
 もちろん泳げないし、顔を水につけることもできないし、
 近くに水が跳ねてくるだけでも怖いんだって。
 だから、水遊びする時は遠くに置いといてあげようね」



(3)その他にも

いろいろな場面で活用が可能です。

荷物の用意をする時に
「今日はピクニックに行こう!公園でお弁当だよ。ユリ、一緒に
 ピクニックチームの集合を手伝ってあげよう。
 シートくん、水筒くん、お弁当ちゃんは絶対一緒だよね。
 あと、ボールちゃんとフリスビーくんが一緒に行きたいようだったら、
 連れて行ってあげてもいいよ」


変わりダネですが、我が家では食卓でも活用しています。

「お料理をお箸に載せて長い旅をすると、途中で事故に遭いやすいんだ。
 ユリも、落としちゃうこと、あるだろう?
 お皿でお迎えに行ってあげると、お料理さんには安心してユリの所に
 来てもらえるよ」


我が家のケースでは、兄は擬人化にあまり興味を示しませんでしたが、
妹はテキメンに反応しました。
いろいろな頼みごとやアドバイスが、ストレスなく伝わるようになって、
とても重宝しましたよ。

ぜひ一度、試してみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



新年度のおススメ記事

先日の記事、多くの反響をいただきありがとうございました!

やはり子どもが新しい環境に馴染めるか、順調にスタートを切れるかは、
関心をお持ちの方が多いようです。


過去の記事で、この時期に参考にしていただけそうなものをまとめてご紹介いたします。
よかったら、ご覧になってみてください!


■入学・入園を控えた家庭向け
「楽しみ」にすることは良いのですが、時には子どもの視点・気持ちにも気を配ってあげましょう。
→いちねんせい


■保育園に通い始める家庭向け
『慣らし保育(慣れ保育)』を始めるに当たっての心構えについて、ご説明しています。
→親の不安は子にうつる


■入学・入園の直後は
子どものが新しい環境に入っていく時の、最初のプロセスについて、適切な見守り方をご説明します。
→様子見


■その後の子どもの様子の変化について
子どもの様子を観察して子どもの状況・心境を理解してあげるためのコツ、
適切な支えかたについて、お伝えしています。
→祝!ご入園・ご入学


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



クッキング・サンデー

今日は、久々に何も予定の入っていない日曜日。

春休み中は「子どもに予定のない日」はあったのですが、私のお仕事が入りがちだったので、
こんな日は久しぶりです。


昨晩女子会で遅かった妻に代わって(私も1時半まで起きて待ってはいたのですが)、
まずは朝食の用意。
粉モノが得意な私としては、残っていた薄力粉でパンケーキをチョイスします。

当然ながら「やるー!」と手を挙げてくれる息子・娘。
息子には生地の準備を、娘にはそれ以外の作業を任せて、私はフライパン係に徹します。

やがて息子が生地を持ってキッチンへ。
「柔らかめが食べたかったから、けっこう柔らかくしてあるよ」
だって。

ご指定通り、薄くサクッと焼いて、お出ししました。


キレイなまんまるに焼けたパンケーキを、息子が写真に撮ってくれました。
pancake

娘は、焼き色の付き方を見て「ミッキー!」と大喜び



その後の午前中は、体調不良&ご機嫌ナナメな母を家に残し、3人で公園へ。

遊びが盛り上がって、帰宅したのが1時前、すぐに昼食の用意に取り掛かりました。
今日は15分では完成しなかったけど、20分程度で豚肉と玉ねぎの具だくさん汁とうどんを用意しました。

コレ、いつも好評なんですよね~。


午後も妻は一人で散歩に行ったりPCに向かったりだったので、退屈しそうな子どもたちに夕食作りを提案しました。
メニューは、娘のリクエストで餃子に決定!
(息子のリクエストの焼き魚は、また今度ということで)


せっかくなので、皮も手作りすることにしよう!

皮の手作り、だいぶ前にやったことがあるのですが、子どもと一緒に作るのは初めてです。


クックパッドで皮の作り方を印刷し、買い物リストを作成したところで、
娘から
「お買いもの、1人で行ってくる!」
との申し出が。

ありがたくお言葉に甘えて、買い物をお任せしました。


その間、息子と一緒に炊飯の準備をしたり、お風呂を洗ったり、洗濯物を取り込んで畳んだり。


やがて娘が帰宅して、開口一番「おもい~~~っ」
それもそのはず、
・薄力粉
・強力粉
・キャベツ

と、重量物いっぱいの買い物だったのですから。

それでも娘は「左腕も鍛えようと思って、帰りはほとんど左手で持って帰ってきたんだ~」って…


さて、材料が来たところでお料理開始。
当然のことのように2人で話し合ってそれぞれの担当業務を決める息子と娘。

どうやら、息子→皮づくり娘→具材準備、に決まったようです。

息子はクックパッドのレシピを見ると「あ、これならできるから」と私のサポート不要宣言。
仕方がないので、娘のサポートに入りました。

ところがこちらも、時々私に質問だけはするものの、1人で作業は進んでしまいます。

「キャベツって、これくらいでいい?」と尋ね、
ジャーっと洗って、簡単に刻んで、フードプロセッサでみじん切りにして、ボウルに移す。

「ニラは半分くらいでいいよね?」
「シイタケはいくつ?」
「お肉って、これ全部入れちゃっていいの?」


結局私がやったのは、質問への回答と、具材の味付けだけ。

気が付けば、息子の方の作業も終わっていて、生地を寝かせているところとのこと。



さて、皮の生地と具材の用意ができたところで、いよいよ包み込みです。

子どもたちの試行錯誤の結果、流れ作業で進めることに決定しました。

息子が、皮1枚分の生地を切って丸めて娘へ。
 ↓
娘が、生地を広げて伸ばして、再度息子へ。
 ↓
息子がさらに皮の周辺部を薄く広げて、私へ。
 ↓
私が具を包む。


お互いの作業時間が絶妙にちょうどよく、どこかで滞留することもなく、次々に作業が進みます。


焼くのは私の担当です。
今のところ、まだ『焼くのはダントツで上手!』の地位を守っております(笑)


第1陣が焼き上がって、テーブルへ。
皮から手作り餃子2

期待通りもっちもちの皮に、野菜多めのキリッとした味の具材がマッチして、
それはもう、美味でありました


普段も料理をすることはありますが、1日3食を全部用意したのは、久しぶり。
子どもたちと一緒に作って食べる、充実した日曜日となりました!

あー、美味しかった!

そして、楽しかった!!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。