子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・泥んこを嫌がる子には

先日の「泥んこを嫌がる子には」に続けて、
泥んこ遊びや砂場遊びが苦手な子どもへの接し方についてお伝えします。

今日は、他の子と一緒に泥んこ・砂まみれで遊ばない2種類の子どものうち、
『親に気を使っている』タイプへの接し方をお届けします。


このタイプは、過去に服を汚したり、泥まみれになったり、
あるいは汚れたまま家に入って周囲を汚したりしたことに対して
親に叱られる経験を積み重ねることで、泥んこ遊びをしなくなった子ども。

『叱る』だけでなく、『悲しむ』『ムッとする』『困り果てる』
などの親の姿を何度も見てきたことで、そうなる子もいます。


子どもは親の感情に対して、特に敏感です。
ママ・パパを喜ばせたい!との思いも強く持っていますし、
ママ・パパに愛されたい!との本能も、子どもの思考・行動に強く
影響します。

度重なる経験から
「ママ・パパを喜ばせるためには、泥んこはしてはいけない」
「汚れると、ママ・パパの愛情が受けられなくなるかも」

と思った子どもは、自分自身の感情として「泥んこは嫌い」
「砂が付くのは気持ち悪いからイヤ」
と感じるようになります。

そうなった子どもに対して、「汚してもいいんだよ」と伝えても、
子どもが行動を変えることは、残念ながら非常に稀です。

あれほど何度も親の感情の変化を見てきた子どもは、口で言っただけでは
「本当かな?」と半信半疑。なかなか効果は出ないでしょう。


そんな時のお勧めは、親の(言葉ではなく)行動で、
子どもの心のブレーキを外してあげること。

自ら砂場に乗り込んで、
「うわっ、靴に砂が入ってきた…でもまあいいや!」
と山を作って池を掘り、


泥んこ集団に参加して、
「うへぇ~、きったなーい…でも面白い!」
と泥団子を丸める。



この時、子どもを誘う必要はありません。

むしろ、我が子を放置してしまうほど夢中になっている姿を見せる方が効果的です。
(実際には、視界の端で子どもを見守りますが)

もちろん、服が汚れても気にしません。
(最初から、汚れても良い服で行きましょう)

親の気持ちを察して泥んこを嫌がるようになった子ならば、
大人の服は子供服以上に『汚してはいけないもの』との理解も持っているはず。
そんな“大人の服”を汚しても気にせずに泥をこねる親の姿は、
どんな言葉よりも説得力がありますよ。

何度も何度も繰り返しているうちに、いつか子どもは
「服を汚しても、本当に叱られないんだ!」と信じられるようになります。


―親が生み出したブレーキなら、親が外してあげなきゃね。

そんな気持ちを持ちつつ、泥遊びを楽しんでいただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト

泥んこを嫌がる子には

「子どもらしくない」という言葉を使って、我が子への心配・懸念を
表現される方がいます。

よその子が無邪気に泥んこ遊びや砂場遊びを楽しんでいるのに、
うちの子は一緒に楽しめていない

――そんな状況についてのご相談です。

体に砂がつくことを嫌がる、泥んこに汚れることを嫌がるという子ども、
確かに見かけることがあります。

今日は、こうした子への接し方についてお伝えしますね。

~~~~~~

他の子と一緒に泥んこ・砂まみれで遊ばない子どもの中の1つは、
『とにかく、生理的にイヤ』というタイプ

この場合、

「子どもが『嫌だ』『気持ち悪い』と感じるのはその子の個性と心得て、
 否定しない・変えようとしない」


というのが、大原則・鉄則です。


つまり、

「やだー」「だって、きもちわるいもん」と言う子どもに対して、

「大丈夫よ」
「気持ち悪くなんかないから」
「やってみたら楽しいよ」
「いいから試してごらん」

などと声をかけるのは、すべて不適切だということ。


まずは、

「そっか、砂がつくのが嫌なんだね」
「ダイスケ、泥だらけは気持ち悪いか」


と、子どもの気持ちを認めて、受け止めてあげることが大切です。


そうして気持ちを受容してあげた後で、「面白そう」「やってみたら
楽しいかも」と感じさせてあげる、という順序で接してあげましょう。

「面白そう」「楽しいかも」と感じさせてあげるための具体的な方法は、
「他の人が楽しんでいるところを見せる」が基本です。

この時、子ども本人に向かって直接働きかけるのは注意が必要です。
場合によっては「だからおまえもやってみなさい」というメッセージが
強く伝わってしまい、『自分の気持ちを受け止めてもらえている』という
安心感が損なわれる恐れがあります。

なので、泥遊びを尻込みする子に対して
「ほらダイスケ見てごらん、アユムが泥団子作ってるよ」
と言うよりも、

泥遊びをしている子に
「アユム、泥団子作ってるの?見せて見せてー!
 わぁ、ツルツルでピカピカだ!!」

と声をかける方が良いということ、頭に入れておいてください。


そして、最も効果的なのは、親自らが楽しんでいる姿を見せること。
「よし、おれもやってみるか。アユム、最初はどうやるの?」
「ぎゅーってして、固いの作るぞ~」
「あぁ~、崩れた!ショック…」
「今度は丁寧に、壊さないように」



念のためお伝えしますが、親がトライしたその日から子どもがやり始める!
なんて都合のいい話ではありませんよ。

子どもの中に「面白そう」「楽しそう」がどんどん蓄積されて、
従来からあった「やだ」「気持ち悪い」の総量を超えた時に、
子どもは「ちょっとやってみようかな」と思えるようになるもの。


その瞬間が訪れることを楽しみにしながら、楽しむ姿を見せて
あげていただけたら、私もうれしいです。



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


アプリで教育

先日ブログでスマホのアプリを使った子育てについて書いたところ、
学習・教育アプリを使うことについてのご質問・ご相談を相次いで
いただきました。

子どもの好奇心・遊び心を刺激して知識や学力をつける、
そんなアプリがいろいろ開発されて普及しているようです。


ご相談いただいたことの1つは、
「そもそもこうしたものを使っても良いか?」
という内容。

これについては、私は積極的にお勧めはしていませんが、
使っても良いと考えています。

ただし、子どもの活動がそればかりになってしまわないよう、
充分に配慮する必要があります。

どんなに優れたアプリでも、アプリが用意した範囲内でしか体験・学びは
得られないという宿命があります。

自然に触れる時間、友達と遊ぶ時間は、絶対に欠かさないようにしてくださいね。



また、こんなご相談もいただきました。
「教育アプリをやらせていたら、いつの間にか他のゲームアプリを
 やるようになって、困っている」

とのこと。

確かに、ゲームに夢中になって時間を使いすぎてしまうのでは、
目が悪くなってしまうのでは、などいろいろと心配ではあります。

その気持ちは良くわかります(私も同感です)が、それとは別にこの状況
――親が与えて(やらせて)いた教育アプリ以外のものを勝手にやり始めた――
ということについて、ポジティブな面があることも理解しておきましょう。


この状況が生まれるためには、以下の条件が揃う必要があります。

・スマホというハイテクツールの使い方に熟練する

・1つの機械の中に、複数の異なるアプリが入っている、という
 仕組みに気が付く

・「何か面白いものがあるかも」という好奇心と、「探してみよう」
 という探究心を抱く


子どもが、これら3つ全てを持てているということは、むしろ喜ぶべきこと
ゲームの是非とは別に、この認識は持っておいてあげたいところです。


また、この教育アプリを与えられてプレイするということについて、
子どもの側からはどのように見えているか?を一度考えてみておくことも、
強くお勧めします。

この視点は、スマホなどのハイテク機器との付き合い方を考えるうえで、
とても役に立ちますよ。

(1)親に与えられた新しいオモチャで遊んでみた
 ↓
(2)謎を解いたり、問題に答えたり、宝を探したりなど、
   課題をクリアして進んでいくのが面白い!
 ↓
(3)しかも、だんだん難易度が上がって、新しい要素が出てくる
   ので、飽きない!
 ↓
(4)集中して遊んでいたら、親も満足そう(^_^)


そうしているうちに、徐々に前述の3つの要素(スマホ操作に熟練、
多様なアプリの存在を認識、面白いものを探す好奇心と探究心)が育ち、
ゲームアプリを見つけます。

見つけたゲームをしている時の子どもは、こんな状態です。

(1’)自分で見つけた新しいオモチャで遊んでみた
 ↓
(2)謎を解いたり、問題に答えたり、宝を探すなど、
   課題をクリアして進んでいくのが面白い!
 ↓
(3)しかも、だんだん難易度が上がって、新しい要素が出てくる
   ので、飽きない!
 ↓
(4’)集中して遊んでいたら、今度は何故か、叱られた(+_+)


多くの教育アプリは、子どもの集中力・興味関心を引き出すために、
ゲームの要素を盛り込んで作られています。

ゲームと教育アプリには、プレイする時の子どもの感覚に共通するものがある、
ということをわかっておきましょう。

そのため、『ひらがな学習アプリなら褒めて、ゲームなら叱る』という接し方は、
何が良くて何が悪いのか理解しにくい状況に子どもを追い込んでしまうということ、
認識しておく必要があります。

「親が選んで与えたものはOK、自分で勝手に見つけたものはNG」
という基準が頭に浮かんだ方もいるかもしれません。
でも、仮に子どもが自分で『足し算れんしゅうアプリ』を見つけて学習していたら?
この境界線の設定が、非常に曖昧で脆いものだということ、ご理解いただけますよね。


子どもも、自分自身が理解・納得したルールであれば守ることができます。

目が悪くなる心配や、日々の暮らしに支障が出ることを説明して、
毎日の時間制限を決める――などは充分に可能でしょう。

その際は、キッチンタイマーを使用するのがお勧めです。

プレイに集中していると時計を見ることを忘れがちです。
時計を見ることに意識を向けず、集中して取り組んだ方が成果も出るでしょう。

また、残り10分、残り5分で音が出るタイプのタイマーならさらにグッド。
集中している時に急に「おわり!」と言われるよりも、
「あと10分」「あと5分」と言われて心の準備ができた方が、
スッキリ終了しやすいものです。


「このアプリはいい、あのアプリはダメ」のルール決めについても、
親子で話し合って『子ども自身が理解して、本心から納得したルール』が
作れるなら、それでも良いでしょう。

また「ルールで縛る」以外に、声掛けによる働きかけという方法もあります。

学習の成果を認めて声をかけてあげることでさらなる意欲を引き出し、
(他のアプリではなく)親の薦めたいものに取り組むように促す方法です。

「ひらがな、いっぱい書けるようになったね!」

「いつの間にか、足し算ができるようになったんだね!」


子どもの達成感・得意な気持ちに寄り添うことを意識して言葉を
選んであげれば、どんな言い方でも大丈夫です。

~~~~~~

ここまで教育アプリを使うことについていろいろ書きましたが、
本音を言えば、

・小学校に入る前から、あんまり詰め込まないで!
 それよりも、外遊びに連れて行ってあげて!

・入学後も、放課後・休日まで追い掛け回して勉強させないで!
 それよりも、友達と遊ぶ時間と空間を確保してあげて!
 家では、ゆっくり休ませて充分に甘えさせてあげて!


ということの方が、ずっと大事だと思っています。


勉強が大切ではない、という主旨ではありません。

外遊び・友達との遊びをたっぷり楽しんで、しっかりと休息を取れるように
育てた方が、問題解決能力やコミュニケーションスキルなどの“幸せに生きる力”が
伸びる(そして結果的に成績も良くなる)、という考えです。

子どもに早くからいろいろ学習させなくては、と焦りそうになった時にも、
今日の内容を思い出していただけたら、うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



アプリで子育て

すっかり普及した、スマホ。
ゆっくりPCに向かう時間が取れないママ・パパにとっても、
便利なツールですよね。

スマホ向けのアプリの中には、子育て目的に特化して開発された
ものも数多くあります。

そんな“子育て支援アプリ”の1つに、『鬼から電話』というものが
あります。
文字通り、鬼から電話が来る(鬼から電話が来たかのような動画が
再生される)というもの。
新聞などでも紹介されるケースが多いので、ご存知の方も多いかも
しれません。
<朝日新聞の記事>
<日経新聞の記事>


言うことを聞かない子を、鬼が叱るという内容の他に、公共の場で騒ぐ、
宿題をやらない、などの状況に応じた会話が多数用意されています。
叱るばかりでなく、お手伝いをした子を褒める、なんて内容も。


スマホアプリとしては目新しく珍しい感じがしますが、よく考えれば
昔の人も「言うことを聞かないと、鬼に食べられちゃうよ」と言って
いましたよね。

実際に、このアプリの開発者は、幼いころに言われた「なまはげがくる」を
ヒントにしたとのこと。

なので、一概にこうしたアプリが悪いと言うつもりはありません。


ですが、どの程度・どれくらいの頻度で、どういった目的で利用するのかは、
熟慮が必要と思います。

この躾アプリを使うことについて私が心配するのは、
子どもの思考力・判断力の成長機会が得られにくくなる点です。

確かに子どもは、不適切な行動を止める・しなくなるとは思いますが、
それは単に『鬼が怖い』から。

そこに「なぜこの状況でこの行動がいけないのか」を考えるチャンスは
ありません。

大人が便利に感じてアプリを頼れば頼るほど、子どもの判断力を養う機会が
奪われてしまう
構図があるということは、わかっておきましょう。


また、大人の側にも心配があります。

いけないことを子どもに説明して理解させるというのは、かなり難しいもの。
一緒に遊んだり楽しんだりする時間とは違って、面倒な瞬間でもあります。
だからこそ、こうしたアプリの力を借りたくなってしまうのですよね。
その気持ちも、よくわかります。

ですが、躾に関わる時間は「この子がどう育ったらよいか」を考え、
「そのために自分はどう振る舞い、どう接するか」を考えるプロセスでも
あります。
大人の側の成長の機会でもありますし、「手をかけて一所懸命育てた」
という充実感を形づくる体験の1ピースでもあるはず。

『とりあえず、言うこと聞かせたい』との欲求に安易に負けて、
アプリを頼り続けてしまうようになっては、非常にもったいないと思います。


「どんな時でも上手に説明できて、子どもがすんなり納得して、
言うことを聞いてくれる」のが理想かもしれませんが、実際には
そう都合よくできないことの方が多いでしょう。

時には、うまい説明が思いつかず、
「ダメなものはダメ!」
なんて言い方になってしまうこともあるかもしれません。

私は、それでも良いと思っています。

もちろん、子どもは納得できず、ふくれっ面になるでしょう。
でも、この状況を言いかえると、
「反発される・雰囲気が険悪になることがわかっていながら、
それでも自分のためを思って、厳しいことを言ってくれた」

という体験でもあるのです。

深いところでは、親の愛情に対する信頼感も育まれている、と
私は信じています。


子どもに厳しいことを言うのが苦手な方は、ぜひこのことを頭の
片隅に置いておいてくださいね。

具体的な場面に応じたお勧めの説明・言い方を個別にアドバイス
することも可能です。お気軽にご相談ください!

→パパコーチくろさわにメールを送る




にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。