子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


100点テストの褒め方

小学校低学年くらいですと、比較的、テストで100点が取りやすかったりします。

学校の勉強が得意なタイプの子だと、いつも良い点数を持ち帰ってくる――なんて
こともあるでしょう。

そんな時に、安易に「すごいねー!」「おっ、頭いいな☆」と言ってはいませんか?


今日は、テストの点数が良かった時の褒め方について、お伝えします。


まず最初に、心掛けるべきは「ちゃんと見たよ」とのメッセージを
子どもに送ること。

言葉に出して「さっき出してくれたテスト、見といたよ」でもいいですし、
子どもがいる時に見るようにしてもOK。


特に、配布物やテストを出し忘れることのある子には、意識的に

「出してくれて助かった」

「見られて良かった」


とのメッセージを投げかけてあげましょう。


次に、テストの結果についてコメントします。
ここで注意すべきは『評価』『論評』はしない、という点です。

子どもの成長に立会い、見守る人として、単純に『感心』してあげられれば、
それで充分です。

もし「ずっとがんばってきて、ようやく取れた100点!」なら、
一緒に『感動』すれば良いのです。

「いつも90点とか100点とかで、パパ、感心するなぁ」

「ついに100点取れたね!これまでがんばってきた甲斐があったね~!」



続けて、子どもを褒めてあげるのですが、ここが重要です。

決して“才能”“能力”を褒めるのではなく
良い結果を生み出した“努力”を認め、褒めてあげるよう、
意識してください。

×「頭がいい」

×「何でもすぐ覚えられる」


○「先生の話、よく集中して聞いていたんだね」

○「宿題もしっかりやっていたもんね」



この時に悩ましいのが、特に努力をしていないように見える場合。

そんな時も、これまでの人生で積み重ねてきたものが、
今の結果につながっていることは間違いありません。

子どもの好きだったこと、よく集中して取り組んでいたことを思い出して、
がんばりを褒める言葉をかけてあげましょう。

「キョウちゃんは小さい頃から、いっぱい本を読んでいるからね。
 自然と国語が得意になったんだね」

「ダイは昔から数字に興味あったよね~。
 スーパーで片っ端から値段を読み上げていた時もあったんだよ!
 計算が得意なのは、その頃から興味を持っていたおかげかな」

「ミエって保育園の頃からお絵描きが大好きだったんだよ。
 理科の観察の絵も丁寧に描いていたね。
 それで植物に詳しくなれたのかもね」



このように“才能”ではなく“努力”を褒めるのは、以前にお伝えした
勉強以外の『がんばったこと・成し遂げたこと』と同じです。

→参考:努力体質の作り方



なぜそうするのが良いかについて、さらに詳しくお伝えしますね。


“才能”を褒められた子どもは、ますます才能を発揮することに
気持ちが向かいます。

才能というのは、自分の中に(はじめから)持っているもの。
となると、新たな努力を必要とせずに100点を取ることが、ゴールとなります。
言い換えると、『努力をしないこと』が大切になってくるのです。

(余談ですが、私も中学生くらいまではこのタイプの考え方でした。
 勉強しないで100点が理想!と、本気で思っていました)

次回は努力せずに100点が取れるかもしれません。
ですが、それがいつまでも続くとは限りません。

と言うよりも、絶対に近い将来には続かなくなります。

そんな時に才能を褒められて育った子は「自分には才能がない」
という恐ろしい現実に直面することになります。

それはテストの点が悪いというだけの問題ではありません。
自己肯定感・自尊感情の危機と言っても過言ではない、
そんな人生の大ピンチです。


大抵の子は、ここで苦しい言い訳やごまかしに走ることになります。

―意欲のないふり・本気で取り組んでいない態度を取る
(点数が悪いのは、本気を出していないから。
 才能がないわけじゃない、という言い訳)

―こっそりカンニングをする
(才能があるとの偽り)

―返されたテストをふざけて破る・捨てる、忘れたふりをして親に出さない
(発覚するのを防ぐごまかし)

いずれにしても、本人にとっても可哀想な方向に進んでしまう
可能性が高く、とても心配です。


一方で、“努力”を褒められた子は、ますます努力することに
気持ちが向かいます。

努力というのは、今はできないことを、できるようになるためのプロセス。
知らないこと・わからないこと・できないことに直面した時こそががんばり時!
とのメンタリティが育ちます。

いつか将来、勉強がわからない・テストの点が悪いなどの試練に出遭っても、

―もっと努力してみよう

―やり方を変えてみようか?

―どうしたら良いか、訊いてみよう


など、前向きの発想が生まれやすくなります。

もちろん一時的に落ち込んだり、休憩を必要とすることもあるでしょう。

それでも、努力を褒められて育った子なら、親に気持ちを受け止めてもらって
心と体を休めることができれば、きっと前に進む元気と意欲が取り戻せるはず。


小学生だと、わりと頻繁にテストを持ち帰ってくることが多いと思います。

そうした日常の機会を活かして、子どもの“努力”への意欲を育んで
あげていただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト

暴言が心配

「バカ!」

「死ね!!」


子どもが、こんな言葉を使いだした…

そんな時の親の心配・不安はとても大きいもの。
しかも、「どう対処して良いかわからない」という戸惑いもあります。

―わが子がそんな言葉を使ったことに驚いて、どう返事をして
 いいか思いつかなかった。

―誰でもいつかは通る道、と頭では考えても、いつまでも続く
 暴言に不安になる。

―叱りつけても逆効果で、どんどんエスカレートするだけ。



~~~~~~

今日は、この問題についてお届けします。

(1)そうした言葉を覚えるきっかけ
 ↓
(2)子どもが暴言をはく理由と、その対処法


の順番で、ご説明しますね。


(1)どこで覚えてくる?

まず最初に、子どもが乱暴な言葉を使う、最初のきっかけについて。

子どもが新しい言葉を使うのは、(乱暴な言葉に限らず)すべて
人のマネから始まります。

友達、きょうだい、親、先生。
時には、本や紙芝居の中の登場人物の使っていた言葉をマネして
使うこともあります。

ここで安易に「では、乱暴な言葉に触れさせなければいい!」
考えるのは要注意
です。

子どもの触れる情報や相手を、親が制限してコントロールできるのは、
とても小さいうちの一時期だけ。

どんな子も、やがては親を離れて「保育園」「幼稚園」「学校」「職場」
などの社会に出ていく時期が来ます。

乱暴な言葉などの“触れさせたくないもの”への付き合い方を
学ばせずに送り出すのは、かえって危険。
それではむしろ、子どもが可哀想です。

その子の人生の中で、出遭うタイミングに出遭ってしまうこと
自体は受け入れた上で、その後の対応を考えたいところです。


(2)なぜ、使う?

次に、子どもが乱暴な言葉を使う理由について。

これは大きく分けて2つあります。
それぞれについて、理由と対策を詳しくお伝えしますね。


(2-1)覚えたら、使ってみたい

1つは単純に「覚えたら、使ってみたい」という欲求。

これは説明不要ですよね。
新しく覚えた単語が、一時的にブームになったり、
外国語を覚えたての子が、やたらと使いたがったり。

その「使ってみたい」という衝動は、言い換えれば

「耳で聞いただけの新しい言葉を、自分で言ってみたり、
 相手の反応を見たりすることを通じて、理解と記憶を深めたい」


という本能的な学習の欲求です。
この学習本能は伸ばしこそすれ、押さえつけるべきものではありません。

「そんなこと言っちゃいけません!」
「ダメでしょ!そんな言い方したら」


など、頭ごなしに否定したり叱りつけることは、控えましょう。

その代わりに、子どもの学習本能に寄り添って適切な“学習”が
できるよう対応するのが、デキる親の接し方。


―おとうさん、バカ!

「うわ、『お父さん、バカ』かぁ」

→まずは頭ごなしに叱らず否定せず、そのまま受け止めます。


「『バカ』って言われると、なんか悲しいなぁ」

→乱暴な言葉が人を傷つけるということを、『パパを悲しませた』
 という経験を通じて学ばせてあげます。


「もし何か嫌なことがあったんなら、何がどう嫌だったか、
 言っても良いからね」


→さらに、問題が発生しても相手を否定するのではなく、
 問題点にフォーカスするという対処法を伝えます。


このように適切な学習体験を子どもに提供してあげることができていれば、
子どもは自然と穏やかで適切な言葉遣いを学ぶことができますよ。


(2-2)ストレス発散

子どもが乱暴な言葉を使うもう1つの理由は、ある種のストレス
発散です。

―親から離れている間にすごくがんばってきた。

―イヤなこと・腹の立つできごとがあった。

―不安・不快感を一生懸命こらえた。


こどもがこのような時間を過ごした後で、ストレス・疲れを発散させる
ために態度が悪くなることがあります。

この場合も、頭ごなしに否定したり叱りつけたりすることは不適切。

仮に“乱暴な言葉”を封じ込めることに成功したとしても、
ストレス・疲れは別の出口に向かうだけ。
最悪の場合は、出口を失って子どもの中に積もっていってしまいます。

それに、そもそも子どもは、それが「使ってはいけない言葉」だと、
ちゃんとわかっています。

その証拠に、言う相手をしっかり選んでいるでしょう?
(家庭外では使わず、親など身近な人にだけ言うケースが多いです)

「悪い言葉」と知っているから、ちゃんと外の社会では我慢して、
甘えられる相手だけにぶつけて、ストレス・疲労を発散する。

そこまでわかっている子に、
「それは悪い言葉」
「そんな言葉は使っちゃダメ」

と説教しても無意味
です。


いえ、無意味どころか、逆効果かも知れません。

こういう時の子どもは、心のどこかで
「こんな悪い言葉を使うボクでも、受け止めてくれるかな?」
との一抹の不安を抱えています。

そんな時にいきなりお説教では、
「パパ/ママは、“いい子”の時のボクだけが好きで、
 “悪い子”の時は嫌いなんだ」

との印象を与えてしまいます。

これはつまり、
「どんな時でも、ありのままの自分を、無条件に認めてもらえる」
という自己肯定感・自尊感情を損ねてしまっている
、ということ。

安易に『子どもに正しいことを教える』という接し方は、
時に期待と全く違う結果を招くこと、注意してくださいね。


こんな時は、ストレス・疲れそのものを癒すことに集中すべきと
心得ましょう。

具体的には、

受け止める → 気持ちを言葉でなぞってあげる → 身体を落ち着かせる

の順番です。


―ママなんて、死んじゃえ!

「あら、ヒロは「ママなんて死んじゃえ」って思ったの」

→ひとまず、受け止める。


「今日の幼稚園で、すっごくイヤなことがあって、腹が立っているのね」

→子どもが荒れている原因を推測して、思い当たるものを言葉にしてあげる。


「そんなに腹が立っているなら、もう新聞びりびりするしかない!
 ママも破っちゃおう!」


→煮えくり返っているハラワタを落ち着かせてあげるために、
 手ごろな活動を提案して誘ってあげる。

※参考:『新聞びりびり』とは


怒りならこうした遊びで発散させてあげて、
疲れなら昼寝で回復させてあげて、
不安なら膝に座らせてゆったりした時間を過ごして安心させてあげる。


こうして接してあげていれば、子どもの気分は徐々に落ち着いてきます。

加えて、自分の気持ちを表現するための言葉「腹が立った」「悲しくなった」
「不安だった」
などを習得するという効果も出てきます。

これによって、

「自分の気持ちをうまく表現できないから、
 このストレスを暴言の形で吐き出す」


から、

「自分の気持ちを言葉で表現して、受け止めてもらう」

へと、子どもの行動パターンを成長させてあげることができるのです。


~~~~~~

子どもが『問題行動』と呼ばれるようなことをする時には、
必ず何か理由があります。

それを見つけて、適切な接し方を選んであげることを意識して
いただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



新聞に本の広告が載りました

私の著書「自分で考えて行動できる子」に育てる本 の広告が、
読売新聞10月16日朝刊)に掲載されました。

出版社からは「あんまり大きくない広告です」とだけ聞いていたのですが、
1面に載っていてびっくりしました。

読売新聞広告「自分で考えて行動できる子」に育てる本


この広告掲載のタイミングに合わせて、紀伊國屋書店の下記の3店舗で積極販売中!とのこと。
お近くにお越しの際は、ぜひ覗いてみてください!

■さいたま新都心(コクーン新都心1階)

■二子玉川(玉川高島屋ショッピングセンター南館5F)

■豊洲(アーバンドックららぽーと豊洲3F)



関西方面では、10月17日(木)の朝刊に掲載されるとのことです。
よかったら、探してみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



書店販売のご案内

私の著書が、徐々に全国の書店に並び始めました!

「自分で考えて行動できる子」に育てる本
黒澤 浩樹・著/アルマット/1,260円(税込)


全国の書店の中で、在庫数が多めのところを教えてもらいました。

「本屋に行ったけど、なかった…」となっては申し訳ないので、
下記リストの書店がお住まいの近くでしたら、ぜひそちらにおいでください!

◆Amazonなどのネット書店でも発売中です◆


□■ 在庫数が多めの書店リスト ■□

※このリスト以外の書店でも、在庫があるお店はいっぱいあります!
※全国すべての書店で取り寄せが可能です!

【北海道】
札幌市 MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店
札幌市 紀伊國屋書店札幌本店

【青森県】
【岩手県】
【宮城県】
【秋田県】
【山形県】
【福島県】

【茨城県】
鹿嶋市 蔦屋鹿嶋宮中店

【栃木県】

【群馬県】
太田市 喜久屋書店太田店

【埼玉県】
さいたま市 ジュンク堂書店大宮高島屋店
さいたま市 紀伊國屋書店浦和パルコ店
飯能市 丸善丸広飯能店

【千葉県】
船橋市 芳林堂書店津田沼店
習志野市 丸善津田沼店
松戸市 ジュンク堂書店松戸伊勢丹店

【東京都】
千代田区 三省堂書店神保町本店
千代田区 丸善お茶の水店
千代田区 三省堂書店有楽町店
千代田区 紀伊國屋書店大手町ビル店
千代田区 丸善丸の内本店
千代田区 有隣堂ヨドバシAKIBA店
中央区 丸善日本橋店
中央区 八重洲ブックセンター本店
中央区 Books書原晴海店
港区 文教堂書店浜松町店
港区 TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
新宿区 ブックファースト新宿店
江東区 紀伊國屋書店ららぽーと豊洲店
大田区 TSUTAYA大森駅前店
世田谷区 紀伊國屋書店玉川高島屋店
渋谷区 紀伊國屋書店新宿南店
豊島区 ジュンク堂書店池袋本店
豊島区 リブロ池袋本店
豊島区 旭屋書店池袋店
国分寺市 紀伊國屋書店国分寺店

【神奈川県】
横浜市 あおい書店上大岡店
相模原市 ブックファーストボーノ相模大野店

【新潟県】
新潟市 ジュンク堂書店新潟店

【富山県】
【石川県】
【福井県】

【山梨県】
甲府市 ジュンク堂書店岡島甲府店

【長野県】
松本市 松本改造社書店
松本市 MARUZEN松本店

【岐阜県】
岐阜市 三省堂書店岐阜店
各務原市 カルコス各務原店

【静岡県】
静岡市 戸田書店静岡本店
静岡市 MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店
浜松市 本の王国浜松雄踏店
浜松市 谷島屋イオンモール浜松志都呂店

【愛知県】
名古屋市 三省堂書店名古屋高島屋店
名古屋市 ジュンク堂書店ロフト名古屋店
名古屋市 丸善名古屋栄店
名古屋市 ジュンク堂書店名古屋店

【三重県】

【滋賀県】
草津市 喜久屋書店草津店
大津市 紀伊國屋書店大津店

【京都府】
京都市 三省堂書店京都駅店
京都市 アバンティブックセンター
京都市 ジュンク堂書店京都店
京都市 大垣書店イオンモール京都店
長岡京市 恵文社バンビオ店

【大阪府】
大阪市 ジュンク堂書店上本町店
大阪市 ジュンク堂書店大阪本店
大阪市 ジュンク堂書店難波店 
大阪市 ジュンク堂千日前店
大阪市 旭屋書店天王寺MIO店
大阪市 旭屋書店なんばCITY店
大阪市 喜久屋書店阿倍野店
大阪市 ブックファースト梅田店
大阪市 ジュンク堂梅田店
大阪市 紀伊國屋梅田本店
大阪市 紀伊國屋書店グランフロント大阪店
大阪市 ブックスタジオ
大阪市 天牛堺書店天下茶屋店
堺市 天牛堺書店堺東高島屋店
東大阪市 ヒバリヤロンモール
豊中市 ブックファースト豊中店
豊中市 阪急ブックファースト曽根店
高槻市 大垣書店高槻店
枚方市 水嶋くずはモール
泉南市 旭屋書店りんくう泉南店

【兵庫県】
神戸市 大垣書店神戸ハーバーランドumie店
神戸市 キヨスク神戸店
神戸市 ジュンク堂三宮駅前店
神戸市 ジュンク堂書店神戸住吉店
神戸市 ジュンク堂書店三宮店
神戸市 ジュンク堂書店舞子店
明石市 ジュンク堂書店明石店
芦屋市 ジュンク堂書店芦屋店
尼崎市 ブックスキヨスク尼崎店
加古川市 紀伊國屋書店加古川店
宝塚市 ブックファースト宝塚店
西宮市 ジュンク堂書店西宮店
西宮市 ブックファーストエビスタ西宮店
西宮市 ブックファースト阪急西宮店
姫路市 ジュンク堂書店姫路店

【奈良県】
橿原市 喜久屋書店橿原店
大和郡山市 喜久屋書店大和郡山店

【和歌山県】
和歌山市 ウェイ ガーデンパーク和歌山店
和歌山市 ウェイ ミオ店

【鳥取県】
【島根県】

【岡山県】
岡山市 ジュンク堂書店岡山店

【広島県】
広島市 ジュンク堂書店広島駅前店
広島市 丸善&ジュンク堂書店広島店
広島市 紀伊國屋書店広島店
広島市 フタバ図書MEGA祇園中筋店
安芸郡 フタバ図書TERA広島府中店

【山口県】
【徳島県】
【香川県】
【愛媛県】
【高知県】

【福岡県】
福岡市 紀伊國屋書店福岡本店
福岡市 ジュンク堂書店福岡店
福岡市 丸善博多店
福岡市 紀伊國屋書店ゆめタウン博多店

【佐賀県】
【長崎県】
【熊本県】

【大分県】
大分市 ジュンク堂書店大分店

【宮崎県】
【鹿児島県】

【沖縄県】
那覇市ジュンク堂書店那覇店
那覇市 球陽堂書房メインプレイス店
那覇市 Books教販安謝店
那覇市 リウボウブックセンター
宜野湾市 宮脇書店大山店
宜野湾市 宮脇書店宜野湾店
西原町 球陽堂書房西原店
南風原町 宮脇イオン南風原店
浦添市 ツタヤ伊祖店
豊見城市 戸田書店豊見城店
島尻郡 球陽堂書房サンエー八重瀬店


◆引き続き私に直接ご注文いただくことも可能です◆
直接注文への特典も継続しています!

>特典の内容・直接注文の方法などは、こちらをクリックしてご覧ください<



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



続・中学生×スマホ

先日の「中学生×スマホ」には、多くの反響をいただきました。

やはり、多くの方にとって気になるテーマなのですね。


そんな中で、読者の方から素敵なアイデアを教えていただきました。
(Iさん、ありがとうございました!)

それは、

―親のfacebookでのやりとりを見せる

そして同時に、

―子どものスマホでのやり取りも親が見る

との方法。

不快なことを書かない、怪しいアクセスに答えない、
そんな感覚を養っていって欲しい――との思いを込めて、
大人のやり取りをお手本として見せる。

一方で、子どもに対しては「親に見られて不都合=不適切」との
明確な基準を示す。

とても明快で、あいまいさが残らない、優れた方針です。


ただ、私自身がわが家で取り入れることを考えた時、
1つだけ気になる点もありました。

中学生にもなると、徐々に親から離れて、
友達との関係の中で生きていくようになります。

男の子であれば、友達同士でバカ話をしたり、エロ話にニヤニヤしたり、
なんてことも当然出てきます。

親が子どものスマホを見るのは、友達同士でおしゃべりをしているところを
聞かれているのと一緒で、こうした話ができなくなってしまう
(≒子どもの世界に親が入り込みすぎてしまう)
――というのが、
悩ましい点でした。

このことを息子と話し合うに当たって、私は、前述のフルオープン方式の内容も、
私の懸念も、すべて伝えて相談しました。

「中学生の子どもにスマホを持たせるのに、こんなルールを採用している
 家があるらしいんだ」

「このやり方だと、こんなメリットがあって、なかなかいいなぁ!と思ったんだ」

「だけど、こんなデメリットもあるから、即採用!とも言い切れないでいる」

「うちでは、どんなルールで使うのが一番良いと思う?」



相談の結果、わが家ではこれまで通りのルールで続けることになりました。

「変更なし」との結論ではありましたが、改めて話し合いの機会が
持てたことは、とても有意義でした。

「子どものやり取りを全部見る」というのは、これまでの私の
スタイルでは考えられないアイデア。

私がどんな考え方の持ち主かは、12年の付き合いで息子もよく知っています。

そんな“考えられない・あり得ない案”を私が真剣に検討するほど、
スマホとの付き合いには注意が必要
――というメッセージは、
充分に伝わったようです。


スマホには、大きく分けて3つのリスクがあります。

(1)ゲーム…夢中になって時間(場合によっては、お金も)を使いすぎてしまう

(2)ネット…有害な情報へのアクセス、個人情報の漏洩

(3)LINE…コミュニケーションのすれ違い、いじめ
      (意図せずいじめに関与してしまう恐れも大きい)


(Iさんのアイデアは、主に(3)のリスク対策ですね)

どのリスクも、対処法を身に付けるには相応の時間がかかるものばかり。
難易度も高めです。

それでも、この時代に生まれた子どもなら、いつかは身に付けなければ
いけないスキルです。

日々しっかり見守って、コミュニケーションが取れる関係の中で、
スキルの習得をサポートしてあげる――という感覚で、
子どもに接していただけたら、私もうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。