子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


成績が上がらない(3)

前回前々回に引き続き、子どもの学業不振への接し方について
お伝えします。

これまで、

『子どもの学業不振に直面した時に、その原因・理由・問題点を
 一方的に決めつけてはいけない』

『学業不振という事実をどのように受け止めるかを教えてあげる』

ということをお伝えしました。

今日は、

『子どもとの対話の中で、使ってはいけないフレーズ』
『代わりに使うと良いフレーズ』

をお伝えしますね。

~~~~~~

今日は最初に結論から。
使ってはいけないフレーズとは、以下のような言い方です。

「どうして、計画した通りに勉強時間を取れないの?」

「なんで、テストの時にちゃんと見直ししないの?」

「なぜ、いつも集中できないの?」


親としては、最も重要で気になる部分です。

問題の中核を明らかにして、改善していくために、必要不可欠な質問だと
思う方もいるでしょう。

それでも、これらのフレーズは使ってはいけません。
理由はシンプル。良い結果につながらないから。


「どうして、できない」との質問には、3つの大きな危険が潜んでいます。

1つは、「できない」ことが前提として、固定されてしまっていること。
子どもが“できない子”であることを共通理解としてスタート地点に
据えてしまっているので、子ども自身も「自分は、できない子なんだ」
というイメージを持たされてしまいます。


2つ目は、この質問を発することで、『できない理由』ばかりが
次々に浮かんできてしまうこと。
理由が出てくれば出てくるほど、「できないのも仕方ない」との気分になり、
言い訳・自己正当化をする方向に意識を向けさせてしまいます。


3つ目は、上記の2つを通じて、どんどん「できない」とのイメージが
強化されてしまうこと。
最終的には「できなくて当然」「がんばるだけムダ」との結論まで、
簡単にたどり着いてしまいます。


もちろん、状況を改善するためには、できていないことと
その理由に焦点を当てて変化を起こす必要があります。

なので、話題を変えることも適切ではありません。


お勧めするのは、質問の投げかけ方を変えること。


「どうして、できない」の代わりに使うべきフレーズは、こんな言い方です。


「どうしたら、できる?」
「何をしたら、できる?」



前述の例を言い換えれば、こんな具合です。

「計画通りに勉強時間を取れるようにするには、
 どんな工夫があるかな?」

「どんな準備をしておいたら、テストの時にちゃんと見直し
 できそう?」

「集中するためのいい方法って、どんなのがあるだろう?」



これらの言い方には、「できるようになる」との認識が前提に
置かれています。

つまり、こんな質問を投げるだけで、子どもに対して
「できるようになるはず!」との意識でスタート地点に立たせて
あげることができるのです。


また、これらの質問を受けた子どもの頭の中では、どうすれば
できるかのアイデアが出始めます。
最初はなかなかアイデアが出ずに親のサポートが必要かもしれませんが、
慣れてくると“自分の得意パターン”のようなものも持てるようになります。

アイデアが出れば出るほど、「この方法ならできるかも」
「こうすれば、きっとうまくいく」との方向に意識が向いてくるものです。


そして、これらを通じてどんどん子どもは「やればできる」との
イメージを強く持てるようになっていきます。
最終的には、
「どんな課題でも、工夫と努力で解決できる」
「自分は、どんな目標も達成できる」

といった強い自信さえ、育んであげることも可能なのです。

~~~~~~

ただし、このアプローチも万能ではありません。
最大の弱点は、個別の科目・テスト問題を解く時に効果がないこと。

「どうして、この問題が解けないの」を、
「どうやったら、この問題は解けるかな?」に言い換えても、
「それがわからないから、困ってるんだよぅ」となるだけです(汗)

よく、
「勉強を教えてあげたいけど、自分ではうまく説明できない」
などのご相談をいただきますが、心配いりません。

どのみち中学校、高校と進むにつれて、親には指導できない内容に
なってきますので、『親が教えられること』は必須ではありません。

そんな時は、こんなふうに投げかけてあげればOKです。

「どこで(何で、どの本で)調べたら、わかるかな?」

「誰に訊いたら、わかりやすく教えてもらえそう?」

「先生に何て質問したら、このことを教えてくれると思う?」



勉強を教えられなくても、子どもが家庭の内外で逞しく学べる
ように、元気と勇気を補給してあげられていれば、それで充分です。

そのためにも、誰よりも先に『この子は、やればきっとできる』と
信じてあげましょう。
その上で、適切な方法を見つけられるための質問を投げかける
ことも意識しておいてあげられれば、理想的です!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト

成績が上がらない(2)

前回に引き続き、子どもの学業不振への接し方について、お伝えします。

前回は、
『子どもの学業不振に直面した時に、その原因・理由・問題点を
 一方的に決めつけてはいけない』

ということをお伝えしました。

今回は、
『子どもの学業不振に直面した時、最初に何をすれば良いか』
をお伝えします。

~~~~~~

―子どもが、点数の悪いテストを持ち帰ってきた

―通知表を見たら、成績が悪くなっていた


などの場面に出遭ったら、まず最初にやるべきことは、その事実を
受け止めること。

もっと正確に言えば、
『そういった悪い事実をどのように受け止めるかを、
 子どもに教えてあげる』

ことが、親の務めです。

事実自体は変えることができません。淡々と受け止めるだけ。

「おや、今回の算数テストは55点だったんだね」

「1学期に比べて、『よくできる』がずいぶん減っちゃったね」



大切なのは、その次の会話。
その事実に対する『解釈』と『意味付け』を意識すべき、とても
重要な瞬間です。

×「勉強したとか言ってたけど、意味なかったじゃない」

×「ほんとにミサって頭悪いなぁ。勉強に向いてないんだろうな…
  遺伝だから仕方ないか(汗)」


間違っても、こんな言い方はしてはいけませんよ!

これらの言い方は子どもに対して、
「自分にできることは何もない」
「努力する意味がない」
「あきらめる、あるいは人を恨んだり羨んだりするしかできない」

などの悲しいメッセージばかり届けてしまう解釈・意味づけです。


○「今回のテスト前勉強じゃ、まだ足りなかったんだね」

○「今回の勉強の仕方だと、いい点が取れないみたいだね」


このような解釈・意味づけを示してあげること、しっかり意識しておきましょう。
こういった意味づけを与えてあげることで、子どもは“次にやるべきこと”
に気持ちを向けることができます。

もし子どもが落ち着いている状態で続けて話ができそうならば、
より詳しい話をしてあげても良いでしょう。

努力不足と思うなら、どの程度で“不足”で、次回はどの程度
努力するのか。

やり方が不適切と思うなら、どんなやり方だと“不適切”で、
次回はどんな方法を試すのか。

会話のイメージで言うと、こんな具合です。

――――――

「今回のテストの準備って、何分くらい勉強したの?」

―うーん、前の日に1時間くらい。

「そう、それだと足りなかったんだね。
 じゃ、次回はどれくらい準備することにしようか?」


―うーん、3時間くらい、かな。

「前の日にまとめて3時間?」

―ん~、それじゃ大変だから、1週間くらい前から始めて、
 1日1時間を3日やることにする。

「わかった。それくらい頑張れば、また100点取れるかもね!」

――――――

「今回はどんなやり方で準備したの?」

―えっと、用語の意味の穴埋め問題を、3回やった。

「そっか、そのやり方だと4つは思い出せて、3つは思い出せ
 なかったんだね。
 じゃ、今度はどんなやり方だったら全部覚えられそうかな?」


―えーっと、穴埋めじゃなくて、全部書き写す。

「なるほどね!
 ちなみに、声に出して読むと、よく覚えられるらしいよ」


―じゃあ、それも。

「それを何回くらいのイメージ?」

―5回やる。

「そうか!それならしっかり覚えられそうだね」

――――――

ここで注意が必要な点があります。

『子どもの案には、絶対にダメ出しをしない!』
ということ、肝に銘じておいてください。

その理由は3つあります。

まず1つ目の理由。
もしかしたらその案が(親の予想に反して)うまく行くかも
知れないから。

子どもは親とは別人ですし、生きている時代も勉強内容も異なり
ます。
親の「それじゃうまく行くはずがない」という先入観が、外れる
可能性も充分にありますから。


2つ目の理由。
子どもの改善案がうまく行かないなら、その経験もさせてあげたい
から。

親が寄り添ってあげることで、子どもは何度でも
『失敗して、また次の改善案を考えて、実行する』
のプロセスに繰り返し取り組むことができます。
そうすることで、『反省→改善』を習慣化することもできるの
だから、むしろ経験させてあげたいくらいですよね。


そして3つ目の理由。
ダメ出しは、別の副作用もあるから。

親としては、子どもの出してきた“改善案”にダメを出している
つもりでも、子どもにとっては「改善案を自分で考えてみた」こと
へのダメ出しにも感じられてしまうもの。
そうすると、次からは自分で改善案を考えようとは思えなくなって
しまいます。

そんな気持ちのところへ改善のプレッシャーを受けると、
子どもは簡単に
「じゃあ、どうすればいいんだよー」
と親を頼るようになります。

しかし、親に言われた改善案は、自分自身で考え付いたものほど
やる気が出ないうえに、結果が出なかった時にはすぐに親のせいに
したくなるという問題もあります。


だから、子どもの案がイマイチそうに感じられても、

・少しのヒントを提供するだけに留めて(上記の例で言えば、
 音読を提案した部分が“ヒント提供”です)、

・決してダメ出しはしない。

・あとは、子どもの意欲と努力に寄り添ってあげる。


こんな意識で、学業不振の克服に向かうベースを作ってあげられ
たら、理想的ですね。

いつ訪れるかわからないその瞬間に備えて、心の片隅に置いて
おいてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



成績が上がらない(1)

昨年10月に「100点テストの褒め方」という内容をお届けして以来、
子どもの学業・勉強に関するご相談を多くいただくようになっています。

→参考:100点テストの褒め方


その中で、一定数を占めるのが
「100点どころか、むしろ成績が良くないのですが…」
「ゲームばかりしていて、ぜんぜん勉強しない」

など、子どもの学業不振についてのご相談。

今回から、そんな時の接し方についてお伝えします。
「やってはいけないこと」「やってあげたいこと」がいくつか
ありますので、数回に分けてお届けしますね。

~~~~~~

まず最初にご紹介したいのが、ある中学生の声。
私も賛助会員として支援している『チャイルドライン』という
団体の報告書に掲載されたものです。

「試験の成績が上がらない。
 親は『勉強しないから、ゲームばかりしているから』と怒る。
 がんばってるのに、わかってくれない…
 勉強の仕方がわからなくなった
 もう嫌だ…」



ここでお伝えしたいのは、子どもの学業不振に直面した時に、
その原因・理由・問題点を一方的に決めつけてはいけない、ということ。

その理由は、

―いきなりダメ出しされると、次から言い出しにくくなる

―親が分析してしまうのではなく、自分で原因を考えさせたい

―そもそも、親の分析が当たるとは限らない


など、いくつもありますが、最大の理由は

―子どもが改善に向けて進めなくさせてしまう

から。



子どもの成績が上がらないのを見て、心配になってしまう気持ちは
よくわかります。
一方で、子ども本人は呑気にゲームをしている…
そんな状況であれば、厳しく言いたくなるのも当然です。

ですが、ここで頭ごなしに「ゲームばかりしているから!」と
言ってしまうと、子どもへは親の意図とは違うメッセージと影響が
届いてしまうのです。


子どもは子どもなりに、勉強している時間もあるかも知れません。
まったく勉強していない子も、「しなきゃいけないよな…」との
意識はあるはず。

そんなところに

「ゲームばかりしているから!」

との厳しい言葉を受けると、子どもとしては

「がんばっている時もあるのに、認めてくれない」
「やらなきゃという気持ちはあるのに、わかってくれない」


との思いを抱くことになります。

もちろん、現時点の子どもの取り組みが不充分だから、
成績が上がらないという厳然たる事実は存在します。
ですがそれでも、この言い方は不適切なのです。

なぜなら、自分の中の前向きな部分を認めてもらえないことで、
子どもの中の“勉強への意欲”はさらに弱まってしまうからです。

その結果、子どもから漏れてくる言葉は、次のようなものになります。

「どう勉強していいか、わからなくなった」
→改善の方法を見失ってしまう

「自分は頭が悪いから、勉強しても無駄」
→前に進む意欲が失われる

「自分のことが嫌いになってきた」
→自己肯定感まで損なわれてしまう

~~~~~~

もともとは、「勉強もがんばって」という親心から出てきた言葉なのに、
実際に生まれる結果がこれでは、あまりに悲しいですよね。

瞬間的に言いたくなる気持ちを抑えて、
「どうすれば、この子を支えてあげられるかな?」
との発想を意識してあげていただけたら、私もうれしいです。


続きは次回に。お楽しみに!


→参考:チャイルドライン支援センター ホームページ

→参考:「チャイルドライン」って何?


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



研修講師を務めました!

先日、ある地方自治体の職員研修の講師にお招きいただき、お話をしてきました。

テーマは男女共同参画
特に、男性の育児休業取得の推進が課題とのこと。


その自治体では、すでに充分な仕組み・制度が整えてられているとのこと。

それにもかかわらず、担当部署の方は、男性の取得者がいないことに課題意識を持って研修を企画されたようです。
その志の高い仕事ぶりに感銘を受け、喜んでお受けした仕事です。


ご依頼主様としては「男性の育休取得を進めるために、職場の環境をどう整備するか」に主な関心をお持ちのようでしたが、実際に“男性育休第一号”が出るには、周囲の環境よりも本人の強い意志こそが必要!と考え、男性の背中を強く押す内容でお話をさせていただきました。

「環境が整う→人が動く」という面も確かにありますが、『第一号』に名乗りを上げるといった大きな壁を破るような場面では、環境整備の効果は限定的です。

特定の誰か一人が、思い切って行動できるように導くことこそが重要…と考えました。

第一号が出たことによって周囲の理解が進み、同時に並行して2人目、3人目が出てくる…というのが、こういった物事の進みかただと思っています。


ご参加くださった職員の方々のバックグラウンドが様々(性別・年齢・子育てステージ)だったので、中には退屈に感じてしまった方もいらしたかも…と少し心配ではありますが、これをきっかけに男性の取得者が出てくること、祈っています!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



単独行動

このお正月、わが家は軽井沢で3が日を過ごしました。

元旦は私の両親・兄たちと甥・姪たち(子どもたちから見ると祖父母・
叔父・従兄弟たち)と一緒にのんびりと。

2日は息子と甥と私の3人でスキーに。

3日は一家4人と私の父で、善光寺へ。


この中で、子どもだけで行動する場面が2度ほどありました。


1つは、スキーの時。

朝8時過ぎから夕方までみっちり滑る気満々の男子中学生2人に対して、
こちらは腰痛持ちのアラフォーおやじ(笑)。
同じペースで滑る体力も気力もありません。

午前中、2時間ほど一緒に滑ってから
「お父さんは先に休んでるよ。あそこのお店でコーヒー飲んでるから、
 お昼ご飯にしたくなったらお店に来て」

と、子どもたちと別れました。

午後も2時間ほど楽しんでから
「お父さんはもう終わりにするから。あとは2人で好きなだけ滑って、
 満足したらさっきのお店に来て」

と離脱しました。


息子は昨年・一昨年も同じように1人で滑る時間があったので、慣れたもの。
短く「わかった」とだけ言い残し、従兄弟と共にリフト乗り場へ向かって行き、
1時間ほど過ぎてからちゃんとお店にやってきました。


もう1つは善光寺で。

お参りを済ませ、参道を散策しようという段になって、息子に尋ねました。

「一緒に動くのと、1人で歩くのとどっちがいい?」

「1人で行く」

息子は即答です。

待ち合わせの場所と時間だけ決めて、その場で息子は単独行動になりました。

~~~~~~

こんなふうに、子どもと離れて(見守りさえせずに)単独行動をさせる
という機会を、子どもの成長とともに意図的に作ってあげること、
お勧めします。

今どきは携帯電話を持つ子どもも多いので、
「何かあったら電話して」
で子どもを行かせることもできるでしょう。

ですが、携帯電話がなくても、チャレンジさせてあげたいところ。
(むしろ、ない方が良い経験がいっぱい積めそうです)

~~~~~~

息子は今は携帯電話を持っていますが、昨年までは持っていませんでした。

それでも、本人がやりたいと言うのを機に、スキー場で単独行動をさせてみたら
・・・案の定、迷ってしまいました。

それも当然です。スキー場全体の地図など意識したこともない子が、
1人ゲレンデを滑走して、リフトに乗って…を繰り返すのですから。


休憩している私の携帯に見たことのない電話番号から着信して、
応答してみたら息子の声。
本人からの電話で、迷ったことを知らされました。

「あ、お父さん?
 なんか変な方に降りてきちゃって、元のところに戻れなく
 なっちゃったんだ。
 で、近くの人にケータイ貸してもらってかけてる。
 いま『ウエストゲレンデのスキースクール受付』の前にいるんだけど、
 来てもらえる?」



こんな時、

―コースを間違えて降りてしまったことを叱る

―だから、1人で滑るのは危ないんだと言う

―見ず知らずの人に迷惑をかけたことを叱る


といった反応をしたくなるかも知れません。

でも、これらのことは改めて言うまでもなく、本人は痛いほど
実感しているはず。

なので、私が言ったのはこの3つだけ。

―迷ってしまって、心細かっただろうね

―でも自分で、電話を借りて連絡するという方法を考え付いたのは、
 いいアイデアだったね

―勇気を出して知らない人に声をかけられたこと、困った状況を
 自力で突破したこと、立派だったね。感心するよ


~~~~~~

気を付けていただきたいのは、
『子どもが、1人で行動しても大丈夫になったら、やらせる』
ではない、ということ。

経験がないのだから、最初は能力はありません。
「能力がないならやらせない」と言っていたら、永遠に経験も
能力も手に入りません
よね。
その理屈で判断していると、子どもにはいつまでも成長の機会を
与えてあげられません。

子ども本人に投げかけてみて、本人がやってみたいというなら、
やらせてあげましょう。


もちろん、経験がない(少ない)子どものことですから、判断力は未熟です。
必ず失敗するということ、覚悟しておきましょう。

大切なのは、その失敗への寄り添い方。
その後の成長の糧になるように接してあげることを、
意識しておいてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



新年の抱負

新年あけましておめでとうございます。

これまでのご愛読に感謝するとともに、今年も引き続きのご愛読、
よろしくお願いいたします。

今号はいつもの内容とは違って、私の抱負を語らせていただきます!
(年に1回だけなので、ご容赦くださいね)


昨年は、10月に本を出版して、多くの方にお読みいただくことができました。
(私への直接注文だけでも、最初の1か月で100冊以上のご注文を
 いただきました。感謝!)

お読みいただいた方からの感想も続々と届いて、とても嬉しく、
興味深く、読ませていただいています。


ひとつ意外だったのが「子どもが読んでいます」との声が多かったこと。

「イラスト・マンガが多いので、その部分を見ているようだ」との話が多いですが、
中には小学校中学年以上のお子さんが「バッチリ本文まで読んでいる」とのケースも。

「親が読み始める前に、子どもが読了してしまいました」なんて
方もいらっしゃいました(笑)

そういった方の中には
「親の手の内が相手にバレてしまって、大丈夫だろうか?」
と心配に感じた方もいるようですが・・・問題はなさそうです。

子どもが本を読んでしまっているご家庭でも、本を読んで取り
組んでみたことは、確実に手応えを感じていただけているようです。

~~~~~~

私の次の目標は、小学生編を出版すること。

―どのように“勉強”への意欲を引き出すか

―“学校という社会”との付き合い方

―子どもの自立を進める=親が見守らない・助けない領域を
 広げていく過程


など、今回の本では敢えて取り上げなかった内容を盛り込んで、
また皆様にお届けしたいと思っています。


それを実現させるための中間目標は、次の3つ。

・今回の本をもっともっと多くの方にお読みいただくこと

・メルマガをより多くの方にお読みいただくこと

・今後も継続して、メルマガを書き続けること


この3つを意識して、この1年もがんばりたいと思っています。


引き続きのご愛読に加えて、ご感想・ご意見・ご質問・ご相談など
をメールいただけたら、本当にうれしいです!

本年も、よろしくお願いいたします。



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。