子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いま、やろうと思ってた

―歯みがきして~

―今のうちに、宿題やっちゃえば?

―先に洋服片付けといてね



こんな場面で、

「いま、やろうと思ってた」

といった返事を耳にしたことはあるでしょうか。



この瞬間、大人の頭の中によぎる思いは・・・

―なに言ってるんだ

―言わなかったら、やらないくせに

―だったら、さっさとやれ


こんな具合ですよね(笑)


ですが、それを口に出して言う前に、子どもの頭の中によぎる思いも、
ちょっと考えてあげましょう。


もともと、子どもには
『指示されてやる』よりも
『自分で考えてやる』方が好き

という性質があります。

それ自体は、親としても望ましいことですよね。

実は、「いま、やろうと思ってた」は、その思いの表れなのです。

親に言われてそのまま行動してしまったら、
自分は『指示されてやっている』感覚になります。

でも本当は『自分で考えてやる』子でいたい。

そのために、もともと自分でやろうと考えていたことなんだ、
と自分に言い聞かせているのです。


そんな心境の子どもに対して、冒頭の親の率直な思いを口に出してしまうと…

「なに言ってるんだ」

「言わなかったら、やらないくせに」

「だったら、さっさとやれ」


子どもは、自分の「自分で考えて、実行したい」という思いが
完全に否定されたような気持になってしまいます。

そうなったら、子どもは悔しくて怒ったり泣いたり、
余計に頑固になったりしてしまうのがオチ。

そのまま実行すると『指示されてやった』ことになってしまうから、
行動もできなくなってしまいます。



だから、子どもが「いま、やろうと思ってた」と言った時は…

まず最初に「そうだったの」と受け止めてあげることが大切です。

その一言で、『自分で考えてやろうとしていた』という思いを
認めてあげましょう。


その上で、

「よかった~」

「それなら安心」

「感心するなぁ」


と褒めて、子どもの『自分で考えてやる』という気持ちを
応援してあげてください。


その時はただの言い訳だったかもしれない「いま、やろうと思ってた」でも、

繰り返し応援してあげていれば、やがて本当に自分で考えて行動できる
ようになりますよ!



にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト

同席効果

先日の『双曲割引』の中でご紹介したわが家での取り組みのうち、
意外と多くの反響をいただいたのが、

息子が勉強している時間は、できるだけ同じ部屋で仕事・
執筆・読書などをするようにした


の部分。

これは、私自身もやってみて予想以上に効果が大きかったと感じている
部分でもあります。

重要で、しかも誰でもできることなので、今号ではこのことについて
詳しくお伝えしますね。


実際に私がやっていたことは、

―仕事の資料を読む

―メールマガジン・ブログの原稿を練る

―書類ファイルを整理する

―手紙を書く

―本を読む


などでした。

(私はやりませんでしたが、裁縫などのちょっとした手仕事も
 良いかもしれません)

目の前には誘惑に打ち勝って勉強している人がいるので、
もちろんスマホはご法度です(笑)


そうして同じ場所で一緒に静かに集中して過ごしていると、
思いのほか息子の勉強が捗るようになったのです。

もちろん、わからないところを私に尋ねて、教えてあげられる
という効果もありました。
でもそれは、あまり重要ではありません。
(なので、「私は勉強なんて教えられない!」と思った方もご安心くださいね)


それよりも大切だったのは、ふとした瞬間に気持ちを話して、
受け止めてもらえて、気が済んで、また勉強に戻っていける、というサイクル。

他愛のない会話で、子どもの思いを受け止めてあげるだけ。

それだけなのに、息子は必要以上に長く雑念に囚われることなく、
また勉強に戻っていったのです。


それともう1つ、明確に説明はできませんが、仲間がそばにいることで、
集中力が持続するという効果も、確実にあると感じました。

1人だとすぐに退屈したり飽きたりしてしまう課題・科目の時も、
そばに私がいるだけで(特に会話が無くても)、黙々とやるべきことを
片付けていました。


先月末で英検が終わり、今は学年末試験に向けて勉強しています。
今でも、都合がつく限り勉強中は同席するようにしています。

「あ、これ昨日やった問題と同じ方法で解けるじゃん!」
―お、ひらめいたか!どの解き方?へぇー、よく気が付いたね~。

「なにこれ。意味わかんない」
―どこから手を付けて良いかわからないと、途方に暮れるよね…
 その気分、わかるなぁ。


「コンパスって便利だよねー」
―うまいこと使ってるね!

「ノートさ、そのまま丸写しするより、時代ごとに分けた方が
 良いと思って、こんなまとめ方にしてみたんだ」

―工夫して取り組んでるね!その方法、自分で考えたの?
 大したもんだなぁ、感心するよ。


「今日△△先生が・・・って言っててさ」
―ははは、そんな話が出てたのか~。

「やべー、資料集、学校に置きっぱなしだ」
―お、お困りの様子だね~。

こんな具合に時折言葉を交わしながら、お互いのやるべきことに
取り組む、そんないい時間を共有できるようになっています。

この習慣を初めて数か月がたった今では、私が同席できない時も
1人で集中して勉強できているようです。


「勉強しなきゃとは思うけど、なかなかやる気が起きない」
「とりあえず始めてみるけど、すぐに飽きてしまう」


こんなお悩みをお持ちのお子さんがいたら、ぜひ試してみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



双曲割引

1月下旬に英検を受検した、うちの息子。
どうやら無事に合格したようです。
(今どきはインターネットで合否が確認できるんですね~)


今日は、息子が英検を受けることになった経緯を題材にお届けしますね。


もともとの発端は、息子からの相談でした。

―高校受験のことを考えると、ちゃんと勉強しておかなきゃとは思う。
 でも、毎日の生活の中では、自由な時間ができると、
 ついゲームしたくなっちゃう…


じっくり時間をかけて話を聞いてみると、問題の核心が見えてきました。

―受験と言っても、あまりに先のことで実感がない
―だから、ゲームの誘惑を跳ね返すだけの意欲が持てない


「じゃあ、もっと近い目標だったら、がんばれそうかな?」

―うん、たぶん大丈夫

「そしたら、何を目標に置こうか…
 そうだ、こないだ学校から英検の案内が配られてただろ。
 あれはどうだろう?」



・・・というわけで、英検を目標に据えたのが、3か月前のこと。

翌日には、自分のお小遣いで問題集を買ってきたり、
受検経験のある友達から問題の冊子を借りてきたり、
やる気満々のスタートです。


・・・ですが、これも不調でした。

最初に少し問題集に取り組んだだけで、その後は何日も放置。
3か月先の目標も、毎日の誘惑と闘うには、遠すぎたようです。

相談を重ね、最終的には、
<問題集の単元ごとに「○月×日までに終える」と決めて取り組む>
との方法に落ち着きました。

時々は締切を守れない時もありましたが、受検日までには何とか
全部やりきることができて、息子も達成感があったようです。


~~~~~~


このような、

「将来の大事なこと」
「目の前の誘惑」との間での葛藤
は、
誰でも経験することですよね。

子どもなら、
・勉強しなきゃ、でもゲームしたい
・歯磨きしなきゃ、でもテレビ観ていたい

などなど。


大人の生活の中でも、いっぱいあります。
・ダイエットしなきゃ、でも美味しいものをお腹いっぱい食べたい
・節約して貯金するぞ!でもコレは買いたい…
・大事なプレゼンに備えて準備しなきゃ、でもとりあえずメールチェック

数えだせば、キリがないほど。


じつはこの葛藤、行動経済学で『双曲割引』というテーマで研究されています。

その研究の成果として、
『遠い未来については、大事なものを適切に選べるけど、
 直前になると、誘惑に負けてしまいがち』

という傾向が誰にでも(程度の差はあるけれど)あることも、わかっています。

つまり、
「明日から、ダイエットするぞ!」との決意はできても、
食事5分前になると「やっぱり食べちゃおう」となってしまいがち

ということ。

息子も同じでした。
「学校から帰ってきたら、勉強する!」と決意したものの、
いざ帰宅してみると、ついスマホを手に持ってしまう…になっていたのです。


ただこの性質自体は、人間に備わった自然なものなので、
ある意味で仕方のないこと。

大事なことを誘惑に負けずやりきりたい!との気持ちは共感しますが、
『なんとかしてこの性質を変えよう・改めよう』とするアプローチは、
お勧めしません。

代わりにお勧めしたいのは、
『そういう性質が自分にはあるとわかっておいて、対策を考える』
というアプローチ。

具体的には、次のような方法から選んで組み合わせるのが良いでしょう。

■目標を設定する
 →その目標を、他人に話しておく
 →その目標を、紙に書いて壁に貼る
 →その目標達成への道を、イベントにして楽しんでしまう

■目標への道のりを細分化して、中間目標・行動目標を設定する
 →それを紙に書いて貼っておく
 →1段階ずつクリアする度に、書き込んだりシールを貼ったりして盛り上げる

■周囲からも継続的に応援する
 →見守る、見守っていることを伝える
 →がんばりを認めてあげる



今回、わが家で実際にやったことも、ご紹介しますね。

■英検4級合格を目標に設定した

 →親子で話し合って目標を決めた

 →その目標を、紙に書いて壁に貼った

 →合格なら父からプレゼント、不合格ならボランティア活動3日と決めて、
  ゲームとして楽しめる要素を取り込んだ


■中間目標として、問題集の各単元に締切日を設定した

 →目次のページをコピーして、締切日を書いたものを用意した

 →終わった項目をマジックで塗りつぶして、進行度合いが見えるようにした


■そのプロセスを見守った

 →定期的(週に1~2回程度)に、目次コピーを私が眺めて
  「おー、けっこう進んだね」
  「あれ?先週とあんまり変わってなくない?」
  「だいぶ真っ黒になってきたなぁ」
  と独り言を言って、見守っていることを伝えた

 →息子が勉強している時間は、できるだけ同じ部屋で仕事・
  執筆・読書などをするようにした


こんな具合で応援していました。


以前には、私自身が本の原稿を書く時に、必要ページ数と締切日で
グラフを書きました。

グラフの最終到達点にはピカピカの自転車の写真を貼りつけ、
『達成したら、新しい自転車を買おう!』と盛り上げていました。

これも、目先の雑用に流されがちな自分を励ますための仕掛け。
子どもたちが、こういうやり方を学んでくれたらいいなぁ…と思って、
敢えて子どもたちに見える冷蔵庫を選んでグラフを貼っていたんですよ。


そのお陰かどうかはわかりませんが、小学生の娘もうまくこの方法を
使っています。
「忘れ物したくない、宿題忘れもしたくない」
「家ではのんびりしたい、本を読んでいたい」の葛藤
に悩んでいた娘。

彼女が考えたのは、やるべきこと(宿題、翌日の持ち物の準備)を
メモにして、コピーしておいて、毎日すべての項目にチェックを入れたら、
好きなことをしていいというルールを自分に課す方法です。

時々ルールを緩めているようですが(笑)、だいたいうまくやれているようです。

~~~~~~

子どもが<大事なこと⇔目先の誘惑>の葛藤に悩んでいたら、
「こんな方法もあるよ?」とアドバイスしてあげると良いでしょう。

子ども自身が経験を通じて学べるよう、意識して接してあげていただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



手作りマフィン for バレンタインデー♥

小学校4年生の娘が、マフィンを作りました!

バレンタインデーに向けて、友チョコ代わりに「友マフィン」だそうです。

昨年、息子(当時・小6)が作った時のレシピを持ってきて、
「これ作るから、お父さんも手伝って!」と。

誰と誰にプレーン味クランベリー入り、
 誰と誰にはココア味チョコチップ入り、
  合計で…個作る!とリストを作成し、


週末のうちに材料の買い物も済ませて、

火曜日に試作&味見 → 水曜日に本番製作、
 としっかりスケジュールを立てて、


やる気満々の娘ちゃん(^o^)



火曜の試作の時から、どんどん自分で作業を進めるムスメ。

もう何度も一緒にお菓子作り・料理をしてきたので、
レシピを見ながら大抵のことはできてしまいます。


私は、主に使い終わった材料や器具などを片付ける係。


しっかり準備して始めたつもりでも、段取りミスが多数発覚します。

「あー、先にやっておけばよかった~」

「大さじ出すの忘れてた!お父さん、持ってきて~」


賑やかに作業は進みます(^_^;)


それでも無事に生地は完成し、カップに入れてオーブンへ。

焼き上がったら、こんな具合に・・・・・

マフィン(試作)


マフィンカップを買うのをケチって、
 お弁当用のアルミホイルカップで代用したら、
  カップが広がって生地が流れ出てしまいました(>_<)

それでもムスメは凹む様子もなく、ヘンテコに仕上がったのを大笑いしています。
なかなかの強心臓です(笑)

でも、お味はグッド♪
家族4人で試食しましたが、全員納得の味でした☆


「いろいろ失敗したけど、最初に練習することにしたのは大成功だったね☆」

最後の娘の一言に感動(*^▽^*)

ホント、前向きで素敵なヤツです♪


~~~~~~


そして翌日。いよいよ本番です。

前日の試作と同じ比率のまま分量を増やして、作ります。


さっそく、私に指示が飛んできました。

「卵を常温に戻すの忘れてた!助手、手で温めてて」

両手で卵を包んだり、優しくさすったり、まるで母鳥の気分 (*^_^*)


まずはプレーン味で生地を全量作り、カップに入れながらクランベリーを投入。

第一弾をオーブンに入れたら、残りの生地にココアパウダーと
チョコチップ(板チョコを自分で刻んだ(笑))を入れます。

第2弾をカップに入れたら、ちょっと生地が余りました。

「じゃ、これ私が食べる~♪」
と、急遽1コ追加となりました。


そして、ドキドキの焼き上がりは・・・

マフィン

前日の失敗から学んで、ちゃーんとマフィンの形にできあがりました!

結局この日も、私がやったのは後片付けばかり。

この日も段取りミスがありましたが、全く動じることなく、
私に頼ることもなく、瞬時に判断して作業を進めていました。

全部のプロセスを自分でやりきったから、ムスメの表情もとっても満足気です。


ダイニングがいい匂いでいっぱい
母・兄が、自然と寄ってきます(笑)

でも、配る数ピッタリで作っているので、家族にはあげません。

「昨日あげたでしょ」

こういうところは、きわめてドライなムスメです(^^)v


1つずつ用意してあった袋に丁寧に包装して、準備完了です☆


ムスコ「こんなにキレイにできてるから、お店で買ったやつだと思われるんじゃない?」

ムスメ「えー、じゃ、手作りしたって一生懸命言い訳しながら渡さなきゃ」

いつもはケンカの多い兄妹ですが、この時はさすがにとっても和やか(^^)


とっても素敵なひとときに立ち会うことができて、私も幸せな時間を過ごしました♪


~~~~~~


その晩、私がデスクで仕事の電話を受けていた時のことです。

娘が部屋に入ってきて、黙ってデスクに何か置いていきました。

助手にお礼

袋の中には、生地が余って追加で作ったマフィンが。
ムスメが「自分が食べる」と言っていたやつです。


これには、さすがに感動しました…

マフィンがもらえたのも嬉しいですが、

それ以上に、

娘がこうした親切ができるようになったこと、
人が喜ぶことをしてあげられるようになったこと
が。

本当に、素敵なひとに育ったなぁ…


マフィンのお礼を言いながら、
こんなふうに人に親切にできることが本当に素敵だと思う、感動したよ、と
伝えました(^_^.)


~~~~~~


あとは金曜日に配るだけ・・・ですが、雪の予報(+_+)
ちょっと心配なので、引き続き見守っていこうと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



「だっこ~」攻撃

今日は久しぶりに、小さい子どもへの接し方についてのお話です。


―つかれたー。だっこ~

―ミイちゃんばっかりずるい、ヨウくんもだっこ!


子どもって、いろいろな場面で抱っこをせがんできますよね。


いつも応じてあげられたらいいのですが、荷物がある、腰が痛い、
すでに1人抱っこしている…など、状況によっては抱っこして
あげられない時も、もちろんあります。

ですが、そんな時にストレートに断るのは危険です。

子どもが泣き出したり、怒って全然歩いてくれなくなったりして、
もっと大変な状況になってしまうことも、ありますよね。

そして最終的には無理して抱っこすることになり、疲労困憊・
肩こり腰痛なんて結末にも(涙)


こんな時の対処法をお伝えしますが、まずは最初に子ども心理の解説から。


子どもが抱っこをせがむ時、実は子どもの中には2つの欲求が
発生しています。

1つは、
「抱っこしてほしい」という欲求(A)。

そしてもう1つが、
「自分の気持ちを受け止めてほしい」という欲求(B)です。


状況によっては抱っこしてあげられないこともありますが、
それは(A)に応えてあげられない、というだけですよね。

そんな状況であっても、(B)に応えてあげることは、
ほとんどの場面で可能なはずです。

抱っこが無理な状況でせがまれた時は、真っ先に(B)に応えてあげて、
子どもの気持ちの半分を満たしてあげましょう。

―つかれたー。だっこ~

「そう、疲れたんだね。抱っこしてほしくなったのか~。
 いいよ、抱っこしようね」



その上で、現実的な方法・解決策を提案します。

「いまはお荷物いっぱいでパパの手が空いてないから、
 お家に帰ったらお荷物置いて、いっぱい抱っこしようね!」



お気づきかと思いますが、理屈としてはおかしなことを言っています。

今疲れて歩けないから抱っこしてほしいって言ってるのに、
家に帰ったら抱っこするね――では意味がないだろ!とツッコミが入りそう(笑)

ですが、意外なことに、この返事を聞いて子どもが自分で歩きだす――
ということも、実際には頻繁に起きるのです。


子どもには、

・「抱っこしてほしい」という気持ちを受け止めてもらえて、
 気分が落ち着く

・『後で抱っこ』という約束で、「抱っこしてほしい」欲求も
 満たされそうと安心する

・『お家に帰ったら』という具体的なゴールが見えて、
 がんばる意欲が湧く


といった変化が起きて、再び歩く元気が出てくるのでしょう。


家に着いたら、ちゃんとフォローの言葉をかけて、
たっぷり抱っこをしてあげましょうね。

「ヨウくんががんばって歩いてくれたから、パパもお荷物
 いっぱい運べたよ!助かったなぁ、ありがとう!」

「よーし、抱っこするかぁ!いっぱい待っててくれてありがとねー」


~~~~~~

もちろんこの接し方は、抱っこ以外にも応用できます。

・アメ食べたい

・メルちゃん買ってー


でも同じ対応が可能です。

「いいよ、アメ美味しいよね♪
 じゃ、こんど○○がんばったら、アメ食べようね。
 ぶどう味にしようか、みかん味にしようか、どれがいいかな~」

「うん、いいよ、メルちゃん欲しいんだね!
 じゃあ、こんどのお誕生日に買おうか。
 お誕生日が近くなったら、また一緒に見にこようね!」



また、もう少し大きくなってからも、

・ケータイ持ちたい

・ディズニーランド行こうよ


などに対しても、同じスタンスで応じてあげることができます。


「子どもの希望・欲求を受け止めて、認めてあげる」ことは、
「子どもの希望・欲求の通りにする」こととは違います。


この違いを意識して、上手に分けて話をしてあげてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。