子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お返事イロイロ

「子どもの話を聞く」を細かく分解すると、
聞いて→理解・解釈して→返事をするわけですが、
その時の“聞き方”“解釈の仕方”“返事の仕方”は、
それぞれイロイロあります。

今日は“返事の仕方”をいくつかのパターンに分類して、
それぞれについて解説しますね。

だいたい、誰しも「よく言っている言い方」というのが決まっているもの。

『長男にはこの言い方、次男にはあの言い方』
といった具合に相手によって違うこともありますが、
同じ相手には同じパターンで返すことが多くなっているのでは。

自分はどれを言っていることが多いかなぁ?と考えながら、
お読みくださいね。


例として、子どもが
「今日、ハナちゃんにイヤなこと言われた…」
と言ってきた場面を考えます。



(1)どうせ、ミクが意地悪なこと言ったんでしょ。
   それでハナちゃんも怒ったのよ


親としては、子どものやることが想像できて、コトの経緯が読める場合に、
こんな返事をしたりします。

問題の構図を教えてあげて、解決を助けてあげようという意図があって、
こんな具合に返事しているのですが…

子どもにも、もちろん、最終的には問題を解決したいという思いはあります。

ですが、最初は「話したいことを話して、自分の言い分を聞いてほしい」という
思いの方が強い
もの。

この返事だと、子どもにとっては
『話を最後まで聞かずに、決めつけられた』
という印象しかありません。

子どもは決めつけられるのが大嫌いです。
その内容が正しくても、間違っていても、すぐに不機嫌になります。

言い分は聞いてもらえない、そのうえ決めつけられる…では、
解決しようというところまで気持ちが進んでいけません。

なので、この返事―勝手に解釈―は、お勧めしません。



(2)仲良くしなきゃダメじゃないの

子どもには友達と仲良くしてほしい、そして楽しく毎日を過ごしてほしい、
そう願うからこそ出てくる、こんなお返事。

ですが、子どもとしては、ウンザリしてしまう一言でもあります。

仲良くしなきゃ、なんて充分承知しているし、
自分だって好きでケンカしているわけではないし、
仲良くできてなくて残念に思っているのに、
そこに追い打ちをかけるように、ダメ出しされた(+_+)
と、感じさせてしまうのです。

問題の解決にもつながらないし、子どもの励みにもならないので、
こうした返事―一方的に評価―は、止めておきましょう。



(3)いつ? 何て言われたの? 前にも言われたことは?

状況をしっかり把握して、適切なサポートをしてあげたいと思って、
いろいろと質問するパターンです。
子どものことを真剣に思えばこそ、ですよね。

ですが、それは『親の聞きたいことを話させる』であって、
『子どもが自分の話したいことを話す』『自分の言い分を聞いてもらう』
ではありません。

子どもの気持ちは、これでは満たされません。

逆に「ちょっと話すと、あれこれ訊かれて大変」との印象を
持たせてしまって、子どもが話をしづらくなってしまう恐れもあります。

それに、そもそも、このパターンには大きな勘違いが潜んでいる
可能性があります。

友達との関係がこじれたという問題が発生しているわけですが、
その当事者は親ではなくて、子どもです。

その問題に向き合って、解決していくのも、当然ですが子ども本人。
親の役目は、その子どもの気持ちを支えてあげること。

このように質問を次々に投げかける時は、もしかすると子どもの
代わりに問題を解決しようという不適切な意図が出てきて
しまっている恐れがあります。

こうした返事―詮索―をしている方は、ちょっと気をつけてみてくださいね。



(4)じゃ、明日学校で「イヤだった」って言いなさい
   それから「私も何かイヤなこと言った?」って訊くのよ


アドバイスを通り越して、どう対処すればいいかを即座に言って
しまっていますね。

―わが子が抱えている問題をなんとか解決してあげたい、

―そのためにはこうするのがいちばん手っ取り早い、


そんな、あり余る親心からの言葉なのでしょう…

ですが、そう思惑通りには事は進みません。


・子どもは、人から言われた通りに行動するのが嫌い

・仮に指示に従おうとしても、自分の身に付いた言葉ではないので、
 説明された通りには言えず、異なるニュアンスで伝わってしまう

・仮に説明された通りに言えたとしても、自分で考えていないので、
 相手の返事に対してその先の会話ができない

・仮に親の言葉に従って問題が解決できたとしても、解決の経験を
 積めたのは親。
 子どもの能力・スキル・自信は育たない


こうして考えると、こういった返事―指示・命令―も、お勧めしません。



(5)大丈夫だよ、すぐに仲良くできるよ
   ハナちゃんも悪気があったわけじゃないだろうし


ネガティブな気分になってしまっている子どもに対して、
前向きな視点を示して励まそうという、優しい心遣いですよね。
子どもを元気づけようという温かい親心の表れと思います。

ですが、既に何度もお伝えしている通り、子どもはまず、
今の気持ちを話したい、受け止めてもらいたいと思っています。
この返事は、その思いには応えられていません。

また、こうした前向きな返事を繰り返してしまうと、子どもは
「ネガティブな発言はしてはいけないんだ」
「ネガティブな気持ちを持ってはいけないんだ」

との印象を受けるようになり、

やがては
「前向きな時しか、親は認めてくれない・愛してくれない」
との思いを抱く恐れがあります。

こういった一見前向きな返事―応援―も、実は望ましくない一面があるのです。



(6)そう、イヤなことを言われて、悲しかったんだね

シンプルに子どもの話を聞いて、子どもの言ったこと、
子どもの今の気持ちをなぞった返事です。

親の側からは、役に立つこと・力になることを何も言っていないように
思えるかもしれません。

ですが、子どもから見ると、
「しっかり、話を聞いてくれた」
「自分の気持ちをわかってくれた」

と実感できる、そんな返事なのです。


子どもに起きる変化は、

・話を聞いてもらえた“満足感”と、気持ちを受け止めてもらえた
 “安心感”から、自己肯定感・自尊感情が高まる

・“元気”と“勇気”が出て、自分で解決に向かうことができる
 その結果、能力・スキル・自信がつく

・こうしたやりとりを重ねる中で、親への“信頼”と“愛情”が深まる



だから、私が強くお勧めするのが、この返事―理解・受容―です。



最後にもう一度、おさらいを。

(1)勝手に解釈
「どうせ、ミクが意地悪なこと言ったんでしょ。それでハナちゃんも怒ったのよ」

(2)一方的に評価
「仲良くしなきゃダメじゃないの」

(3)詮索
「いつ? 何て言われたの? 前にも言われたことは?」

(4)指示・命令
「じゃ、明日学校で『イヤだった』って言いなさい
 それから『私も何かイヤなこと言っちゃった?』って訊くのよ」


(5)応援
「大丈夫だよ、すぐに仲良くできるよ
 ハナちゃんも悪気があったわけじゃないだろうし」


(6)理解・受容
「そう、イヤなことを言われて、悲しかったんだね」



自分がよく言うパターンを再確認しつつ、
ぜひ(6)の返事をすること、意識してみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト

父の日♪

先週の日曜日、まだパジャマでボケーっとしているところに、
娘が満面の笑みでやってきて・・・

「はい、父の日のプレゼント!いつもありがとね~」

と、包みを渡してくれました♪

その日は他の用事があったりで、父の日のことはスッカリ忘れていたので、
ちょっとしたサプライズ


さっそく包みを開けてみると・・・

父の日プレゼント

マフィンの焼き型と、マフィン用のカップが~♪♪♪

先日、図書館で借りてきたお菓子作りの本を見ながら、
「マフィンもいいけどなぁ、道具がないから無理だな~」
と呟いていたのを、聞いていたようです。


まあ、見方によっては、かなりしたたかな奴らとも言えなくもないですが(笑)、
ここは素直に喜ぶことにします


そしたら、作らないわけには、いかないですよね~

記念すべき第1号マフィンは、クランベリー入り♪

レシピ本では黒豆を入れると書いてあるのですが、
黒豆はないし、
クランベリーが余っているし、
すぐ作りたいので、勝手にアレンジ(^_^;)

レシピとは違う種類の砂糖を使ったり、
無塩バターの代わりに加塩バターを使ったり、
かなり自己流なので、仕上がりが心配でしたが・・・

クランベリーマフィン

こんな具合に、とてもうまく焼き上がりました!

食べたみたら、、、夢のような美味しさ!
自画自賛ですが、いままで食べたどのマフィンよりも、美味しかった~(^o^)


子どもたちの評判も上々だったので、
気を良くして、第2弾♪


今度は、バナナマフィンです。
こちらは、ほぼレシピ本通りに。
とは言っても、相変わらず砂糖の種類は違いますが(^_^;)
(だって、ブラウンシュガーとグラニュー糖と、なんて何種類も用意してませんから)

焼き上がりは、こんな具合。

バナナマフィン

焼く直前に、飾り用のバナナを一切れずつ載せるのですが、
娘に頼んだら、平らに載せたり、タテに突き刺したり…
そのまんま、焼き上がりました(・_・;)

バナナとバターの香りが豊かな、美味しい仕上がり♪
子どもたちに訊くと、断然こちらの方が美味しいと。


その日、仕事から帰ると、テーブルの上にメモが。
見ると・・・

・チョコチップ
・バナナ&チョコチップ
・バナナ&ココア
・きなこ
・プレーン
・ココア&チョコチップ


これ、全部リクエストなんでしょうか(笑)

それにしても、我が家にある材料、私が作りそうなパターン、熟知されています


これからしばらくは、マフィン作りが続きそうです~(^O^)


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



「かわいそう」の親心

わが子を見ていて「かわいそう」と思う場面、いろいろとありますよね。

―痛がっている

―何か、うまくできずに苦労している

―あっちにいいもの・楽しそうなものがあるのに、気付いていない

―子ども同士の交渉で、明らかに不利な条件をのまされている(笑)



こうした状況で、子どもを「かわいそう」と思い、
「何とかしてあげたい」と思うのは、自然な親心。

わが子が安全に、幸せに暮らせるように…という思いがあるからこそ、

―子どもの「かわいそう」な状況を解決してあげたり、

―そもそも「かわいそう」な状況にならないように手助けしたり、


したくなるもの。


ですが、ちょっと待ってください。
これらの「かわいそう」な状況は、実は子どもの成長の糧になる、
貴重な経験でもあるのです。

・痛い
→どのような場所・状況・行動が危険なのかを学ぶ機会

危険の芽を親が摘み取ってしまうと、子どもは「親と一緒にいる時だけ
安全に過ごせる」という育ち方をします。
いずれは親を離れて友達同士で遊ぶようになることを考えると、
それはむしろ危険なこと。

せっかくだから、そのまま体験させてあげましょう。
痛くて親のところに来たなら優しく受け止めてあげる、
ケガをしたなら一緒に手当をしてあげる、
そんな見守り方をしてあげたいです。


―うまくできず苦労
→悔しい気持ちを感じてうまくやりたいとの情熱を燃やす機会,
 試行錯誤を繰り返し、いろいろな技能を身に付けるプロセス


本人が集中している間は、世話も補助も不要です。
もどかしさ、悔しさから泣き出すようなことがあったら、
その気持ちを受け止めてあげますが、それだけで充分です。
子どもの代わりに親が解決してしまうと、自分でやりきる力が
伸びるチャンスを奪ってしまいます。


―いいもの・楽しそうなものがあるのに気付いていない
→別のことに集中している、大切な時間

その時に子どもが取り組んでいる内容と、
あっちにある“いいもの”と、どちらが大切かという比較に
陥ってはいけません。

「もっといいものを求めて、コロコロ目先を変える」という習慣を
身に付けさせるのか、
それとも、
集中している機会を邪魔せず、集中力を養わせてあげるのか、

直面しているのは、その2択だということに気付きましょう。


―子ども同士の交渉で不利になっている
→子どもの世界のこと。本人は納得しているかも

子どもの育ちには、大人が管理・監督・干渉しない時間も必要です。
大人の目が行き届くことの意義もありますが、こうした“子どもの
時間”が失われていることは、とても心配です。
オモチャの分配が不公平でも、ブランコの待ち時間が不均等でも、
子ども本人が納得しているのであれば、何も問題はありません。
やがて「それじゃずるい」と気付くようになるのも、
相手に再交渉を持ちかけるのも、
いずれも子ども自身のペースで進んでいけば良いことです。



親が子どもを「かわいそう」と思う気持ちは、子どもの安全を
確保するうえで重要な感情であることは間違いありません。

ですが、とかく親の目が行き届きすぎて、親が手をかけすぎて
しまいがちな家庭においては、「かわいそう」の気持ちは過保護・
過干渉のモトである
点に、注意が必要です。


―あ、かわいそう、助けてあげたいな

そう感じた時は、

―でも、待てよ。助けてあげることは、
 もっと「かわいそう」なことじゃないかな?


こんなふうに自問自答しながら、どこまで手助けしてあげるかを
判断するように心がけていただけたら、私も嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



お駄賃の是非

―お手伝いをして、お駄賃をもらう。

自分自身が子どもの頃に経験したこともある方が多いと思います。

そして現在は、自分が親になって子どもに同じようにしている場面も、
出てきているかもしれませんね。


“お駄賃”は、子どもにお手伝いを促すうえで、効果的な方法の1つです。

「働いて、お金を稼ぐ」ということを学ぶうえでの最初のステップとしても、
重要な体験です。

就学前は必要ないと思いますが、子どもの成長・発達に応じて、
徐々に取り入れていきたいものです。


ですが、その一方で、懸念もあります。


お手伝いを頼んだ時に、子どもの方から

「お駄賃くれる?」

「100円くれるなら、やるー」


などの反応が返ってくるようになる場合があるのです。


こういった現象については、学者が実験して論文も発表しているんですよ。

何らかの作業・労働について、

「手伝ってほしいのですが、お願いできますか?」 と頼むのと、

「100円お出しするので、やってもらえますか?」 と頼むのでは、

前者の方が了承してくれる人が多い――という結果が出たりします。

理屈で考えて、
前者が「人助けができる」という喜びがあるから手伝うとしたら、
後者は、同様に「人助けができる」喜びに加えて、100円ももらえるのだから、
了承する人が多くなるはずです。

ですが、実際にはそうなりません。
多くの人は「100円しかもらえないなら、やらない」と考えるのです。

つまり「人助け」の気持ちがあるところに、「報酬」を持ち込んでしまうと、
「人助け」の気持ちを失わせて、単純に金額の多寡で考えるように
させてしまう、ということ。


もうひとつ、別の研究をご紹介します。

ある保育園で、お迎えの遅刻が多くて困っていました。

そこで、園は罰金制度を導入します。
『お迎えの時間に10分以上遅れた場合、罰金を取ります』

すると、遅刻者は増え続け、以前の2~3倍の水準になってしまったのです。

以前は
「約束の時間を守らなきゃ」
「遅れたら、先生に悪い」

などの気持ちで、保護者はお迎えに来ていたのが、

「罰金を払えば、遅れてもいい」
さらには、「この金額で、延長保育してもらえるなら」

といった感覚に保護者の意識を変えてしまったため、
遅刻は逆に増加してしまいました。

この実験には続きがあります。

遅刻の増加を受けて、罰金制度を廃止して、元に戻しました。
そうしたら、遅刻は・・・


まったく、減りませんでした。
相変わらず、昔の2~3倍の水準のままだったとのこと。

つまり、一度「人助け」などの気持ちを失わせてしまうと、
簡単には元には戻せない、ということなのです。

~~~~~~

家庭で“お駄賃”を活用して子どもにお手伝いをさせること自体は
悪いことではありませんが、

「どのようなお手伝いにお駄賃を出すか」は、慎重に決めた方が良いでしょう。


日常的なこと、あるいは「人助け」などの気持ちを忘れてほしくない
ことについては、お駄賃は出さず、

仕事として捉えて良いこと、親の仕事を直接・間接にサポートする
ことについては、お駄賃を使ってもOK、

そんな感覚で判断できれば大丈夫そうですね。


実際には、その領域の境界はハッキリしませんが、
参考にわが家の例をご紹介すると、こんな具合です。

・食卓の片付け
・部屋の片付け

などは、日常生活の一部なので、報酬なし。

代わりに、
「テキパキ片付いて、助かるよ!」
といった声を掛けたり、

「テーブルが空いたから、みんなで遊ぼうか!」
と、片付けたことのメリットを実感できる体験を与えたりします。


・私の忘れ物を届けてもらう(笑)
これは人助けなので、報酬なし。

その代わり、感謝の気持ちをい~っぱい表します(笑)


・書類をホッチキス止めする
・郵便局に行って書類を送る

など、仕事の一部を頼む時は、報酬を出します。

仕事の難易度によって金額を変えるだけでなく、
納期によっても報酬額を変える(「今日中にやってくれたら100円、
明日だったら50円」のように)といった提案も、最近では試しています。

こうした提示をすると、子どもは頭をフル回転させて考えます(笑)

~~~~~~

子どもの年齢によって頼める内容も違いますし、
最初のうちは、大人と同じ役割が担えることが嬉しいという
気持ちもあるので、その時期は報酬を混ぜ込まない方が良い、
との判断も大切です。

一度決めた方法を、後で変更することは問題ありません。
特に[報酬なし→報酬あり]への変更は、スムーズに移行できる
ことが多いです。

子どもの感じ方を察しながら適切に調節してあげること、
気にしておいていただけたら、うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。