子どもが育つ“父親術”

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子どもの自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわが子どもゴコロを解説し、親子ともに機嫌よく過ごせるコツをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖徳太子にはなれない

「聖徳太子は同時に10人の話を聞きわけた」
なんて話を聞いたことがあります。
(その後、違う説も耳にしましたが…)

10人と言わず2人でも、同時に話しかけられてしまうと、
その内容はほとんど聞き取れなくなります。

ところが、そういう状況、子育ての現場ではしょっちゅう発生
するんですよね。

―仕事から帰宅すると、子どもたちが駆け寄ってきて、
 それぞれ言いたいことを話し始める

―ケンカを始めた姉妹が、同時に自分の言い分を訴えてくる


などなど、『2人同時に』『3人が一斉に』という場面、少なくないですよね。


この状況への対処について、以前ブログに記事を書いたことがあります。

参考:ブログ「子どもが育つ父親術」~文句を言いたい子どもが2人…
http://papakuro.blog56.fc2.com/blog-entry-301.html

(クリックでリンクが開きます)


この中で、2人同時に話しかけてきた時の対処について、こう書きました。

----
1人目の言い分を聞いている間は、
何とかして他方の子には待っていてもらう必要があります。

これには奇策はありません。
正面から『どちらの子にも、しっかり向き合う』ことを宣言して、
納得して待ってもらうしか方法はありません。

----

ところが、講演での質疑や個別相談のメールで、
「実際には待ってもらえない」
という声も、複数いただいています。


なので、今日は新しい方法をお伝えします。

―子どもが複数、同時に話しかけてくる

―「必ず話を聞くね」と言っても、待てない


そんな状況で、
全員の話をしっかり聞くことができて、
子どもたちも満足できる、
すごい奇策!

です(笑)



それは、
「全員同時に話をさせてしまう」
です。

話しかけてくる子たち全員に、順番に目を合わせ、頷き、
「うん」「そうかぁ」「うん、それで?」と相槌を打ちます。

その時は、話の内容が聞き取れていなくてもOK。

ひとしきり(おそらく2~3分で足りることがほとんどでしょう)
話をさせてあげます。

そしてその後に、

「そうか、わかったよ。みんなそれぞれ言いたいことがいっぱい
 あるんだね。
 みんなの気持ちをよくわかりたいから、もう一度1人ずつ聞くね」


と、1人ずつ話を聞き直す――そんな方法です。


この方法には、大きなメリットが3つあります。

1つは、子どもの「言いたい!」「聞いてほしい!」という強い
思いを、我慢させずに済む
こと。

一時的でも、言いたい衝動を抑えなければいけないのは、
子どもにとっては大きな負荷になります。
それを避けられるのは、大きなメリットです。


2つ目は、『忘れちゃった』防止です(笑)

話す順番を待たされている間に、自分の言いたいことを忘れて
しまう…ということ、子どもにはよく起きますよね。

忘れてしまう程度のことならいいじゃない、とも思いますが(笑)、
「言いたいことを、結局言えずじまいだった」という不満感を
残してしまうのは、やはりかわいそうです。


3つ目は、頭の整理効果

大人にも言えることですが、他人に向かって話をすることで、
頭の中が整理されてクリアーになるという効果があります。

2人・3人で同時に話している間に子どもたちの頭の中が整理され、
改めて1人ずつ話を聞く時には、まとまった内容で話が聞ける
――なんて効果も期待できます。


実際にこの方法をアドバイスさしあげたところ、
「効果あり!」
「だいぶ楽になった♪」

とのコメントもいただけています。


聖徳太子級になれない一般人の皆さま、ぜひ試してみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト

やる気を引き出す応急処置

夏休みも、残すところあとわずかですね。

この時期に、全国のパパ・ママを悩ますのが
『まだ宿題が残っているのに、うちの子は全然手を付けていない…』
という問題です(笑)


ある程度大きな子であれば、
「この人の人生は、この人のもの。
 自分の行動の結果を受け取って、学べばいい」

と考えて、見守りに徹するという選択もアリでしょう。


ですが、小学生くらいまでは、親の導きが必要な時期。

だからと言って、安易にお説教をしても無駄ですよ。
逆にやる気が失せて、エンジンがかかるのがさらに遅れるだけ。

また、親ばかりがやる気になってムキになってしまうのも不適切。
子どもの問題は、子ども本人が意欲を持って取り組む必要があります。

親にできるのは、
子ども本人がやる気になりやすい状況・環境を作ってあげることと、
気持ちを切り替えるきっかけを提供してあげること


その内容と方法を、具体的に説明しますね。


まず、やる気になりやすい状況・環境を作ってあげることから。
これは、逆に言うと「やる気になりにくい状況を、解消する」です。

ではその“やる気になりにくい状況”が何かと言うと…
次の3つがダントツのトップ3です(笑)

(1)眠い・疲れている

(2)ダラダラ気分

(3)他のことに夢中


この3つに対しては、
 まず(1)を解消して
→次に(2)(3)をセットで攻略

――という作戦がおススメです。


まずは休息。
キャンプ・合宿や旅行帰りなどの疲労が溜まっている時は、
良く眠り、ほどほどに食べるのが基本です。
1日しっかり休んだら、身体を動かす活動も入れていきましょう。

余談ですが、サッカーのプロ審判員の方々も、この流れで休息を取っています。
試合を担当した翌日はしっかり休み、その次の日は「Active Rest」
と呼ばれる軽い運動をして、疲労回復を促進しているそうです。

普通に外遊びでは暑くてバテてしまいそうなら、
1~2時間ほどプールに連れて行ってあげるのがお勧めです。


次に、(3)を利用して(2)を解消します。
つまり、
何か好きなこと・楽しいことをすることでダラダラ気分から抜け出す
――というワザ。

単純なところでは、
・テレビを観る
・ゲームをする
・マンガを読む
などでしょうか。

ここでのポイントは、
長時間にしないことと、
やる気を引き出すスイッチを先に決めておくことの2点。

「サザエさん観て、それから宿題やるのはどう?」

「3回だけパパとゲームで対戦してから、
 観察日記を書いちゃおうか?」


加えて、ご褒美があると俄然やる気が増すというのも、
人類普遍の法則です(笑)

「計算ドリルが全部終わったら、パフェ食べに行こうか♪」

ただし、ご褒美はクセになると危険なので、大きな節目だけに
限定しておきましょうね。


子どもの好きな活動にからめて、やる気を引き出す工夫も可能です。
どのように組み立てるかが難しいですが、うまく活用できると、
効果は絶大です!

(例1)カブトムシの世話

「先に買い物してから、宿題を済ませちゃおう。
 宿題が終わったら、一緒にカブトムシのお世話をしようね」


こんなふうに声をかけて腐葉土やグッズを買いに行きます。
一緒に品物を選ぶことで子どもの活力を引き出しながら、
いちばん楽しい作業をご褒美にしてしまう、という工夫です。


(例2)お菓子作り

「クッキー作るよ~♪ 一緒にやる?
 じゃ、焼いている間に漢字練習してていいよ。
 26ページまで終わったら、おやつにしようね!」


手指を動かす作業も、子どもの集中力を高めるのに役立ちます。
自分で作ったクッキーの美味しさは格別です。
それがご褒美に待っていると思えば、宿題も捗るはず(^^)

~~~~~~

こうしたサポートは、子どもが無事に夏休みの宿題を終えられる
ためでもありますが、本当の目的は別にあります。

より大切なのは、

―がんばり時に向けて、自分のコンディションを整える

―うまく気分転換して、ダラダラ気分から抜け出す

―自分のスイッチを入れて、やるべきことに取り組む


こういった成功体験を積ませてあげて、必要な時に自分でできるようになること。

そのために、はじめのうちは親がサポートしてあげているんだ――という
意識を、忘れずにいてくださいね。

この意識の有無は、失敗した時・狙い通りに行かなかった時に
大きな差となって表れます。

単に宿題を終えさせることだけに目が行っていると、
例えば、気持ちの切り替えに失敗していつまでもズルズルとゲームを
止めない子に対して、猛烈に腹が立ったりします(激怒)

でも、『子どもに成功体験を積ませる手伝いをしている』との意識があれば、

「あー、この子は、このアプローチだと逆効果だったか~(苦笑)
 じゃ、別の手を考えなきゃな」


と冷静に考えてあげることができるはず。


今日は、ちょっと難しいことをお伝えしました。

参考にしていただきつつ、すぐに実行しなきゃ!と気負わない
ようにしてくださいね。

躍起になりすぎず、うまくサポートしてあげることを目指していただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



承認欲求

『嫌われる勇気』という本、ご存知でしょうか。

最近よく売れているので、ご存知の方も多いかもしれません。
書店でも、たいてい目立つ場所に置いてありますよね。

私も読みましたが、共感する部分が多く、皆さんにもお勧めしたい1冊です。


この本の著者の岸見一郎さん、いろいろなメディアにコラムも書かれています。

その中で、私が気になった記事が1つありました。

日経ビジネスオンライン/アドラーに学ぶ 人と人の間のこと
「いいね!」が作る危ない上下関係
~「承認欲求」よりも「貢献感」を意識する~

(クリックで記事が見られます)

このコラムの中に、
「承認欲求」とはすなわち「他者の意志」を優先すること
という記述があります。

人に認められたいと思うがゆえに、
「他者の意志」に応えることを優先してしまい、
「自分の意思」に従って生きていない。

――そんな状態を指しています。


子育てにおいても、この危険は常に身近にあります。

端的に言えば、

・子どもに好かれていたくて、子どものワガママを何でも聞いて
 しまう、子どもの言いなりになってしまう親

・親の機嫌を窺いながら、親の気に入るようにふるまう子

・親に褒めてもらうことが、行動の目的になってしまっている子


こういった状態です。


このような状態になってしまうのは、親子双方にとって望ましくありません。

こうなってしまわないための工夫・方法については、
これからも継続してお伝えしていこうと思っています。


今日お伝えしたいのは、「承認欲求」は、必ずしも悪いものばかりではない、
ということ。

確かに、前述のように「他者に認めてもらうために、他者の意思を優先する」
では良くありませんが、

「他者が、ありのままを認めてあげる」こと、
そして
「他者からありのままの自分を認めてもらって、嬉しい」ことは、
決して悪いことではありません。

むしろ、非常に望ましい、子育てにおいては必要不可欠な要素とさえ
言えます。

このことは、しっかり心に留めておきたいところです。


子どもの行動・発言に対して、

「それじゃダメ」
「もっとこうしなさい」


と言うのは、親の意思を子どもに押し付ける接し方。
子どもは、「親に認めてもらうために、親の意思を優先する」
方向へと押しやられて
しまいます。

逆に、
「すごいね~」
「偉いね~」


と言うのは、子どもの行動・発言が親の物差しに合っているよ、
というシグナル。

子どもは褒めてもらえたことを素直に喜びますが、その後の行動に
「こうすれば、ママ/パパは褒めてくれる」という影響を残します。
これもまた、「親に認めてもらうために、親の意思を優先する」
方向へと子どもを誘導して
しまっている状態です。


「ありのままの子どもを認めてあげる」
というのは、例えばこういった声をかけること。

「ユウタ、嬉しいんだねぇ~」

「ヨシくんは、・・・って考えて、・・・したんだね!
 他の人のことも考えていたこと、パパが見ていてもよくわかったよ」


ここには、親の意思は語られていません。
子ども自身の感情、意志・意図を言葉に出して、返してあげただけ。
親は、それを「見ていたよ、理解したよ」としか言っていません。


この感覚・この距離感が、私が強くお勧めしたい子どもへの接し方。

子どもが小さいうちは、もっと近い距離感で親の考え・意向を
伝える場面も多いですが、
小学生くらいのうちに、この距離感を持てるように心掛けられると
良いでしょう。


子どものそのままの状態を見て、喜ぶ―という感覚、
徐々に身に付けていただけたら、私もうれしいです。


■参考図書:嫌われる勇気(岸見 一郎・古賀 史健/ダイヤモンド社)
http://amazon.jp/dp/4478025819?tag=indigo96-22


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



質問で導く

7/25と8/1のブログで、
「言われたことは、自然とイメージしてしまう」
「イメージすると、行動もそちらに向かう」

という性質があるから、
子どもの意識を向けさせたい点を話題にして、
声をかけてあげましょう――とお伝えしました。


ところが、「思ったように、うまく行かない」とのご相談が、
いくつか寄せられています。

ご相談の内容を見ると、

・ひとつひとつの行動の意義を伝えても「わかってるよ」などの
 反応しか来ない

・親にあれこれ言われること自体をうるさがる


など、こちらの期待する様子で話を聞いてくれない、という状況のようです。

せっかく実践してくださったのに、うまく行かず思い悩んでしまった
皆さま、ごめんなさい。

もう少し、お伝えしなければいけないことがありました。


子どもが、親の投げかけを素直に聞かないことがあったとしても、
これはこれで、仕方のないことなのです。

どんな子にも、親にあれこれ教え示されることに反発する時期がありますし、
子どもによっては、何歳であってもそういった働きかけを嫌うタイプの
子もいます。

このことを、残念に思う必要はありません。

裏を返せば、こういう時の子どもは、親がいちいち教え示すことを必要としていない
――つまり、自分で考えて見つけられる力を発揮しようとしている、ということ。

成長したなぁと感慨深く喜んで、見守ってあげていれば、OKです。



とは言え、まったく親が関与する余地がないというわけでも、
関与する意味がないというわけでもありません。

そんな子であっても、時には、親からの働きかけで意識の向け先を
変えてあげることが効果的な瞬間もあります。


そんな時に便利なのが、“質問”を使った働きかけです。

親から「・・・だよ」と言われることに抵抗感がある子でも、
質問されたことに答えるのは平気ということは、よくあります。

人に答えを言われるのは嫌だけど、自分で考えたことを言うのは
問題ない、そんな感覚ですね。


「夏休みは合宿とかキャンプとか予定がいろいろ入っているから、
 暇なうちに宿題をやっておけると、最後にいっぱい遊べるよ」


こう言われると、お説教臭くてイヤだ!と思う子には、

「夏休みは合宿とかキャンプとか予定がいろいろ入っているけど、
 宿題のペース配分は考えてあるんだっけ?」


と、軽く質問するだけでいいでしょう。

この時、子どもの返事を聞いて、さらに突っ込みたくなることが
頻繁にありますが(笑)、そこは子どもの自主性に任せておきましょう。
(もしそれで失敗するのであれば、それは必要な経験だったんだと
 受け止める度量を持ちましょう!)


大事なのは、子どもの自身の意識がどこに向いているか、です。

言い換えれば、子どもの意識が適切な方向に向きさえすれば、
言って諭すでもいいし、
質問して思い出させるでもいいし、
そういった直接の働きかけでなくても、いいのです。

ある程度大きくなってきたら、親自身が見本を見せるだけでも充分
――という時期がやってきます。

そうなったら、子どもにあれこれ口を挟む必要はありません。

「今のうちに仕事を済ませて、気分よく旅行に出られるようにしておこう」
と独り言をつぶやいて、黙々と作業する姿を見せるだけで、充分です。


あくまで一事例に過ぎませんが、わが家では中2の息子が、
だいぶ前からこの域にいます。
あれこれ口を挟まれることを嫌う一方で、自分のことは自分で
管理する意識を高く持っています。
時々忘れていることがあっても、私自身の行動を見せるだけで、
すぐに思い出して自分で修正できるようになりました。

小5の娘も、だいぶ自分でできるようになりました。
親のサポートが必要かな?と思う場面でも、質問して思い出させてあげれば、
すぐに意識をしっかり持って動けています。

子どもの自主性を伸ばすことを意識して、辛抱強く失敗経験にも
付き合ってあげていれば、ある時期から飛躍的に親はラクになってきますよ。


子どもの成長する力を信じて、寄り添ってあげていただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




子どもの意識の向けどころ

先日のブログで、
「言われたことは、自然とイメージしてしまう」
「イメージすると、行動も自然とそちらに向かってしまう」

という性質について、お伝えしました。

だから、心配事がある時に、心配な内容をそのまま言ってしまうと、
そのイメージを子どもに持たせてしまって、かえって逆効果。

言い方を工夫して、良いイメージを持たせることを意識しましょう、
とお伝えしましたね。


この知恵は、リスク・心配事がある時に限らず、活用できます。


「さ、歯みがきしよう」

「そろそろ寝るよー」


だけで済ませるのではなく、


「さ、歯みがきしよう、
 で、明日もピカピカのお口で、おいしくご飯を食べよう♪」

「そろそろ寝るよー、早めに寝て、明日も元気いっぱいでプールに
 行こうね♪」


と、日常のひとつひとつの行動の先にある大切な意味を伝えてあげる、
そんな工夫です。

そうすることで、目先の面倒臭さに囚われることなく、
大きなメリットに意識を向けてあげることができ、
子どもは親のアドバイスに素直に従いやすくなります。


他にも、活用の場面はいろいろあります。

ケガをした時に、

「よく洗って、絆創膏を付けておこうね」

に付け加えて、

「しっかり洗うと、ばい菌がなくなるんだ。
 そうすると、カラダさんはばい菌と闘う必要がなくなるから、
 傷を治すお仕事がどんどん進むんだよ」


など、治療の意味・効果に意識を向けてあげると、
痛みや不自由さに対して、子どもはぐんと辛抱強くなれます。


家庭科の宿題で、家事のお手伝いする子どもには、

「そうやってお家の仕事をやっておけば、自分でいろいろできる
 ようになるね!
 そしたら、いつでも好きな場所で暮らせるから、インテルや
 マンチェスターから誘われても、すぐに行けるね♪」


こんなふうに子どもの好きなものに関連付けて意義を示して
あげられたら、子どもの意識は
「宿題だから、仕方なくお手伝いしてる」
から、一気に
「将来の夢に向けてステップを昇っている」
との気持ちになりますよ!


そう言えば、以前読者のNさんが実践していた工夫も!

とにかく「かわいい」ことにこだわる娘に、
「歯みがきして~」では動かないので、
「かわいい・・ちゃん、かわいく歯みがきしてくださーい」
言っていたとのこと。

猛然と歯みがきを始めたそうです(笑)

これも、「歯みがきする」ことから、
「かわいく振る舞う」ことに意識を向けさせてあげたことで、
うまく行った例です。

~~~~~~

こうして接していることのメリットは、
「子どもが進んでやるようになる」の他に、もう1つあります。

それは、
「子どもが、目的意識を持って行動するようになる」
ということ。

「親がうるさいから、早寝早起き・歯みがきをする」子よりも、

「明日を元気に楽しく過ごすために、早寝早起き・歯みがきする」
という考え方を身に付けた子の方が、将来にわたって成長する力が
ある――ということは、わかりますよね。


大きくなれば、その違いはあらゆる面で表れてきます。

「言われたから/叱られるから、勉強する」
 ⇔
「…の目標のために、勉強する」

「決められた範囲を、練習する」
 ⇔
「もっと上手になって活躍したいから、教わった練習に取り組む」

「指示された業務をこなす」
 ⇔
「最終的に…の成果を上げたいから、この作業に集中する」


ちょっと話を大きくしすぎましたが(苦笑)、子どもと何かに
取り組む時、子どもに何かをさせる時、このことを思い出して
いただけたら、嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。