続・お泊まりのススメ(070号)

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・お泊まりのススメ(070号)

先週に続いて今週も、友だちがお泊りに来ました。

今回来てくれたのも保育園つながりの子で、現在小学生のNちゃん。
今日は理屈っぽい話抜きで、お泊りの楽しみについてお伝えしようと思います。


あいにく天気は悪かったのですが、Nちゃんが料理好きなので、
午後は一緒に飴やクッキーを作りました。

飴はNちゃんの持ってきた本に書いてある作り方で、クッキーは私の作り方で。

もちろんおやつは、できたての飴とクッキーです。

ひとしきり遊んだ後は、夕食作り。もちろんNちゃんも一緒に料理します。

ジャガイモを「だいたい同じくらいの大きさに切って」というのが案外と
難しかったようで、切っては悩み、切っては悩みしながら真剣にやっていました。
(ここで「時間がかかって仕方ない」と言って包丁を取り上げるなんて、
 ヤボなことはしちゃいけません。念のため!)


自分で作ったご飯は格別、うちの子たちにとってもNちゃんが作ってくれた
料理は格別、みんなでモリモリ(ガツガツ?)いただきました。

お風呂はNちゃんと娘で入ることになり、いろいろとお世話をしてくれていた
ようです。時々聞こえてくる2人の声が、楽しい・嬉しいの証拠です。

娘は入浴中もその後も、ほぼ付きっきりで構ってもらえて大満足の様子。


寝る前の「お話タイム」ももちろん一緒で、Nちゃんには我が家の
“楽しいこと”“楽しい時間”を存分に体験してもらえたと思います。


前号で「“お泊り”によって、自分の普段の暮らしとは違うやり方に触れる
ことができる」ことの良さについてお伝えしました。

ですが、この1日では、私はもっとシンプルに感じました―「楽しい時間を
(自分の子だけでなく)多くの子どもと共有する」
って、とても価値あることだなぁ、と。


子どもたち充実した時間を過ごせることが、何よりも大切。
そのうえで、楽しい時間を豊富に体験することによって、子どもたちが
「楽しみを見つける・作り出す・満喫する」ことが上手になれるとしたら、
本当に素敵だなぁと思いました。

--------

こうした
「わが子だけでなく、多くの子と時間を共有しよう」
「わが子に、いろんな人(大人も子どもも)と接する機会を」
という考え方は、押し広げていくと“地域ぐるみでの子育て”というものに
なっていくのかも知れませんね。

いきなり“地域”を動かそうとするのは大変かも知れませんが、
自分の行動ならいつでも自分で選べます
まずは私自身ができるところから、多くの子どもたちと関わっていきたいと思っています。

皆さんも、できる範囲で「わが子以外の子どもに接する」ことを始めてもらえたら嬉しいです。


ぽちっ→にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
      ブログランキングに参加しています。
      クリックお願いします~♪



ちなみに、私の「地域のおやじさん」としての目標像は、下記ブログのモアイさん。
■子どもと共に育つ“共育!!” いい男の育て方

子どもたちとの関わり方や、独特の視点での子ども観察などが毎日読みやすい文章で届きます。
よかったら読んでみてくださいね。

(第070号 2008/08/29配信分)

スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。