遊びを切り上げない時

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遊びを切り上げない時

「そろそろ帰ろうか」
「ご飯だよ~」
「お風呂、入るぞ」
「そろそろ寝る時間だね」


声をかけても、子どもはなかなかすぐには動いてくれないこと、
ありますよね。

―絵本を眺めていて、顔を上げない。
―ブロックを組み立てていて、返事をしない。
―お人形さんのお世話をしていて、すぐ来ない。


ぽちっ→にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
      ブログランキングに参加しています。
      クリックお願いします~♪


先日ご相談を受けたご家庭では、
「うちでは『すぐには動いてくれないことがある』どころじゃないです。
 『すぐに動いたためしがない』ですよ」

なんて話でしたが、どの家でも(わが家を含めて…)似たり寄ったりかも
しれませんね。

日常的に出くわすそんな場面ですが、ひとつだけ心に留めておいて
いただきたいことがあります。
それは、すぐにイラついたり叱ったりはしない、ということ。

なぜならこの状況は、角度を変えて見れば“子どもの集中力・根気・
やりきる意欲の表れ”だとも言えるからです。

―親の声にも気付かないくらい、絵本に集中している。
―この塔を完成させるまでは、何があっても手を休めない!
―メルちゃんはおねむですねー。おかあさんがとんとんしてあげますからねー。


そのことに気付いてあげられれば、子どもの姿が頼もしく感じられたり、
健気に見えたりしてきますよ。

子どもが集中していることが分かったら、
「ご飯の用意ができてるよ。食べるときは声かけてね」とだけ伝えて、
あとはしばらく見守ってあげましょう。


くどいですが、間違っても「切り替えが遅い」あるいは「いつもダラダラ
しているんだから」などとは言わないでくださいね。

(そう言う人に限って、別の場面で“素早い切り替え”を発揮した子どもに対して
 「根気がない」とか言っている気がします)


いつも否定的な見方・言い方ばかりでは、親も不幸だし子どもも本当にかわいそうです。


なお、本当に早くしたい事情がある時は、
「早くしてよ~」
ではなく、事情そのものを伝えてあげるのが良いでしょう。

「パパ、お腹ペコペコで早く食べたいよう」
「もう8時を過ぎたから、そろそろお風呂に入って寝る支度ができるといいと
 パパは思うよ」



さらに一歩進んだ対応法として、子どもの“集中力の発揮”を見越して、
大人の側が少し早めにコトを進めることも可能です。

―10:00に出発したいなら、9:45に準備が完了するように動いておく。

―21:00までに寝かせようとするなら、20:50に寝られるよう用を済ませてしまう。



この方法をやり始めると、

 20:50お布団へ←20:00には入浴←19:50には入浴できるように
 ←19:00には夕食←18:50には夕食準備完了・・・


と、どんどん前倒しで動くことになります。
すると必然的に、決まった時間内で片付けられる用事が、かなり少なくなってしまいます。

でも、それで良いのです。それこそが「子供のペースに合わせて動く」
「子どものリズムで生活する」ということなのですから。


子どもと一緒に居られる時くらいは、焦ったりイライラすることは止めて、
代わりに子どもの集中力を観察して楽しむことを、お勧めします~!

スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。