親の役目

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親の役目

今日は少し改まって、親の役目とは何か?について考えてみようと思います。


折に触れてこのブログでは書いていることですが、私はこれまで子どもたちを見てきて、
「子どもは自ら育つ力を持っている」
「その育つ力を発揮する仕組み(=好奇心、活動意欲、
 身体を動かしたい衝動etc.)も備わっている」

と考えています。


そのことを踏まえたうえで、親の役目─子どもが育つために、親にできること─を
挙げるとすると、次の5つではないかと考えています。


(1)環境づくり

子どもが自分の意欲によって行動できる場を用意すること。

簡単に言ってしまえば、子どもが興味を惹かれるようなものや好奇心を持つものが
ある場所、体を動かしたくなる場所を用意してあげる(連れて行くでもOK)ことです。

これは「×歳児向け玩具が豊富に用意された場所」「安全な遊具が揃っている公園」などを
指しているのではありません。

ただ、外に出るだけで充分。子どもは、天才的なまでに好奇心の対象を見つけたり、
やってみたいことを思いついたり(たいていは思いつくと同時に実行してしまいますが(苦笑))
します。

加えて、その場に草花や木があったり、虫がいたり、川が流れていたり、
広い空き地があったり、他の子どもがいたりしたら、もう理想的。

親の意識としては
「ずっと家の中・車の中じゃかわいそう」
「外に遊びに行ったら、できるだけ好きにさせておいてあげよう」

と思っていれば大丈夫です。


(2)見守り

子どもが安心して活動できるよう見守ること。これには2つの側面があります。

ひとつは、子どもの性質─親が見守ってくれていることを時々確かめることで、
新しいこと・物に触れていく勇気が湧いてくる─そのための見守り。

もうひとつは、重大な事故だけは防ぐよう、本当に危ない時に制止したり
助けたりするための備え。

とは言え、小さなケガや多少の困難は、子どもにとって大切な経験。
親の意識としては
「よっぽどのことがない限り、手出し・口出しはせず見守る姿勢に徹しよう」
くらいがちょうど良いかも知れません。


(3)傾聴

子どもが話したいことを好きなだけ話させてあげて、聞いてあげること。

遭遇した出来事や自分の感情・思いなどを話すことは、自分の考えを整理するのに
非常に効果的です。

また、それをひたすら聞いてもらえることは、様々な経験を受け止め、消化して、
何かを吸収していく上で大いに助けになります。

親心からいろいろと解説したり、
「こうすればいいのに」と助言したり、
時には「なんで××しなかったんだ!?」と言いたくなることもあるかも知れませんが、
ひとまずは“聞き”に徹することを意識しておきましょう。


(4)生活力の育成

生活のための技術や知恵を習得させてあげること。

基本的には日常の暮らしのあれこれを、自分でできるようになることが目的です。

トイレ・着替え・歯みがきに始まって、大きくなれば料理や掃除などの家事の経験も
持たせてあげたいですね。

教えるタイミングとしては、本人が興味を持った時。「やるー」と言った時がやらせ時です。

ただ、その時すぐに習得まで進むわけではないので、気長に構えて、
あまり追い掛け回さないように意識しましょう。

個人的にはもう少し欲があって、
「ちょっとしたものであれば自分で作ったり、改造したり、修理したりできる
 手先の技能とマインドを持てるようにしてあげたい」

とも思っているので、我が家ではそういった活動もしています。

(近所の工務店で不要木材をもらってきて鋸でメチャクチャに切って「ジグソーパズル」、
 もう1枚の板材には割り箸をボンドで貼り付けて「ビー玉迷路」、
 通販の棚を改造して「子どもが自分のものを片付ける場所」などなど…)


(5)社会性の育成

他者・社会と共存していくためのルールや思いやりの技術を教えてあげること。
一般的に躾と呼ばれるものは、このルールに当たることが多いでしょうか。

また、ここで思いやりの“心”ではなく“技術”と書いていることには理由があります。
“心”は誰でも元々持っているので親が教え込もうとする必要はなく、
逆に“技術”は教わらなければ手に入らず、せっかくの“心”が活かせないから。


つまり、「困っている人がいたら助けましょう」と説くのではなく、
・「世の中にはどのようなことで困っている人がいるのか」の知識
・「困っている人に気がつく・見つける」ための方法
・「どうすれば相手が助かるか」の具体策と実践法

を教えてあげる。

「人の嫌がることはやめましょう」と説くのではなく、
・「世の中では、どんな行為が嫌がられることが多いのか」の知識
・「お互いにいやなことを伝えたり、確認したりする」ためのコミュニケーション
・「相手に嫌な思いをさせず、かつ自分のやりたいこともできる方法を見つける」ための思考スキル

を教えてあげる。

これも、親が教え込もうとしてしまうとうまくいかないものです。

親自身が「子どもに伝えたい」と思うことを自分で実践し続け(独り言のフリをして
説明を少々入れるくらいはOKです)、子どもが見て学ぶのを待つ、との意識で
取り組むしかありません。


この5項目の関係は、ちょうど5層のピラミッド型のようなイメージです。

最下層の(1)環境づくりから生まれる子どもの意欲がすべてのベースになり、
子どもは(2)見守られながら活動して(3)そのことを話して聞いてもらいながら、
自らの力で成長していく。

やがて、親や周囲の人を見たり教わったりしながら(4)生活のスキルを身につけ、
自分の経験に新しい知識や考え方を付加して(5)社会とのかかわり方を理解していく。

親は、ややもすると(4)(5)に力を入れてしまいがちですが、むしろ
(1)(2)(3)により多くの意識を向けるべきでしょう─ちょうどピラミッドの各層が、
下の方ほど大きくなっているように。


少しカタい話でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。
皆さんのお考えにも興味があります!ぜひお気軽にコメントくださいね。
(まとまった考えでなくてもOKです!思いつき、ふと考えたことなど大歓迎)


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。