プランAとプランB

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プランAとプランB

今日のテーマは、子どもに2択の質問をするときの方法についてです。

単純な2択であれば、話は簡単。
「リンゴとミカン、どっちにする?」
で済みますよね。

しかし、情報量が多くなると急に難しくなります。
例えば、連休の過ごし方で子どもの希望を聞く時など。

「おばあちゃんちに行くなら、2回くらいお泊りしよう。
 動物園にも行けるし、温泉もあるね。
 あと、大きなお店もあるから靴も買えるよ。」


「児童館のお祭りに行きたいなら、家で過ごすしかないな。
 でも家にいれば、ヨーコちゃんに誘われてたバーベキューにも行けるし、
 パパと自転車の練習もできるね。
 あ、靴はこっちでも買えるから大丈夫だよ。」


このように、複数の要素で構成されたプランAとプランBについてどちらが良いか聞く時には、
すこしワザを持っていた方が、コミュニケーションはだいぶスムース取れるものです。


基本のスキルは、

・各プランを明確に分ける
 ─例えばAの説明とBの説明を続けざまにはしないで、数秒ほど間を置く

・各プランの構成要素は、必ずひとかたまりで話す

ですが、子ども向けに特に有効なスキルをもう一つご紹介します。

それは「“2つの物語”にして語る」です。


「青ずきんちゃんは、保育園がお休みの日に、おばあちゃんの家に遊びに行きました。
 夕方、おばあちゃんの家に着くと、テーブルにはもうご馳走が並んでいました。
 次の日、朝から動物園に行きました。
 夜には、青ずきんちゃんが大好きな温泉にも連れて行ってもらいました。
 その次の日はゆっくり起きて、朝ごはんの後に大きなお店に行き、
 靴を選んで買ってもらいました。
 そしてそこから駅まで送ってもらい、お家に帰ってきました。めでたしめでたし。」


「白ずきんちゃんは・・・」

「でね、ユリは明日から保育園がお休みなんだけど、青ずきんちゃんみたいに過ごすのと、
 白ずきんちゃんみたいに過ごすのと、どっちがいい?



物語の形にすることの効果は2つ。

要素が多くても記憶しやすくなる効果と
最後の質問文を短く簡潔にできる
効果(これもけっこう重要)です。

情報量が多すぎるせいで物語で語っても覚えきれない時、あるいはしばらく考えたがる時などは、
補助手段として紙に書くことも有効です。
2枚の紙のそれぞれに青いずきんの子と白いずきんの子を描き、横にイラストを並べるだけで充分。


ささやかなワザではありますが、
「ヨーコちゃんと遊んで、一緒に温泉行きたい」
「それは無理。だから言ったでしょ、温泉に行きたいなら・・・」
といった不毛でストレスの溜まる時間は、確実に減らせますよ。
ぜひお試しくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



FC2ノウハウ

スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。