子どもの話に関心が持てない

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもの話に関心が持てない

今日は『子どもの話に関心が持てない』ことについてお伝えします。

前回のブログで、子どもの話をしっかり聞いてあげられない大きな原因のひとつとして
挙げたテーマです。

また、関心が持てないことは、遊びに付き合うのが苦痛だったり、
「見てー」「来てー」を面倒に感じてしまうなどの原因にもなります。

こうした悩みをお持ちの方には、「関心のメカニズムに対する理解を見直すこと」を
お奨めします。

ややこしい表現をしましたが、簡単に言うと
「どうして人は、あることに関心を持ったり、持たなかったりするんだろうか?」
についてもう一度とらえ直してみましょう、ということです。


「子どもの話に関心を持てない」と感じる方は、おそらく下記のような理解の
仕方をしているはず。

■考え方・その1

(1)人それぞれ、関心のある対象を持っている。私の場合は、コンピュータ、
   プロ野球、車いじり、料理など。

(2)この対象リストに載っているものは関心があり、載っていないものには関心がない。

(3)子どもが話しかけてきた。内容はポケモン。

(4)私のリストにポケモンは載っていない。なので関心はない。



一般的に、子どもの話す内容が大人の持つ「関心対象リスト」の内容と一致することは、
あまり多くありません。

そして、
(a)子どもの話に関心が持てず、しっかり聞いてあげられない
(b)関心のないことを、辛抱して聞かなければならない

の悲しい2択を迫られることになります。


一方、私が提案したいのは、以下のような考え方。

■考え方・その2

(1)人それぞれ、関心を持つきっかけになりやすい“フック”がある。
   私の場合は、機械・メカっぽい感じ、スピード感のある動き、相手の出方を
   読み合う真剣勝負、切ったり貼ったり&バラしたり組み立てたり、など。

(2)出会ったモノ・話の中に、これらのフックのいずれかに引っかかる部分が
   見つかると、関心が出てくる。見つからないままだと、関心が湧いてこない。

(3)子どもが話しかけてきた。内容はポケモン。

(4)私のフックに引っかかる部分を探しながら聞いてみよう。



この中で、(1)を分析することはあまり重要ではありません。

言葉で表現しにくい場合も多いですし、そもそも自分で自覚していない“フック”が
いくつも隠れている可能性があるので、ここのリスト作成は不要です。

それよりも、重要なのは(4)の部分。
漫然と聞いていると、フックに引っかかる部分を見つけにくい上に、
探すこと自体もすぐに飽きてしまいます。

「絶対に接点はある、見つかるはず」との信念を、忘れずに心に持つようにしてください。
そうすれば、ほとんどの話には接点が見つかるもの。

そして、子どもの話を関心を持ってじっくり聞いてあげることが、ストレスなく
できるようになりますよ。

なお、大人の関心の持ち方は、子どもと違っていても全く問題ありません。
「同じモノに対して、いろいろな楽しみ方があることを伝えられる」くらいに
思っておいてOKです。


大切な軸は2つ。

─自分の関心を特定の「対象物」に固定しない。

─どんな話にも自分の好きそうな「雰囲気」は必ず見つかると信じて、聞いてみる。


子どもの話を聞く時、これらを思い出せれば、きっとうまく行きますよ!

--

極論してしまえば、「話の内容」に関心を持たなくても、「子ども」そのもの、
あるいは「子どもが自分の好きなものについて一生懸命に話している」ことには
関心が持てるという発想の転換も、可能と言えば可能です。

ですが、子どもは大人から話の内容についての反応が得られた方が喜びますし、
伝えたいことを伝えることができたという手応えも感じられるので、
やはり話の内容にも関心を持てることは大切でしょう。

余談ですが、関心の持ち方を変えると(子どもの話だけでなく)日々の全ての
出来事が面白くなるんですよ。
大げさに言えば「人生が、俄然面白くなる」
ぜひ一度、取り組んでみてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
お陰さまでブログランキングはいつも上位。
今日もクリックお願いします♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。