自己有能感を育てる

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自己有能感を育てる

「自己有能感」というと、すこし難しい感じがしてしまうでしょうか。

ここでは、子どもが自分自身に対して
「自分にはこんな得意なことがある」
「頑張れば、きっとうまくいく」

と感じられる状態、くらいの意味で使っています。

「自分はコレが得意!」と思えるものを持っていること自体は、
絶対に必要というわけではないかも知れません。

しかし、ある種の有能感については、ぜひ育ててあげたいと考えています。

私が特にお奨めしたいのは、子どもに
「自分は、人を喜ばせることができる」
「自分は、人を感動させる力がある」

という種類の自己有能感を持たせてあげること。


─お絵描き、粘土細工、ブロック・積み木、朗読などのアート系
─走る・跳ねる、でんぐり返り、鉄棒・うんてい、サッカー・野球、水泳などのスポーツ系
─家のお手伝い、小さい子のお世話、パパの肩揉みなどの献身系

分野は何でも構いません。

上に挙げたもの以外にも「この子、すごいな」「お、がんばってるな」と思えることは
全て対象になります。

子どもが自分の“得意”を発揮している時こそ、子どもの「自己有能感」を育てる
絶好のチャンスです。


その際に気をつけるのは、声のかけ方。

子どもに対して「褒め」たり、「賞賛」したりするのはお勧めできません。

この声のかけ方だと、子どもの中には「自分は人を喜ばせることができる」という感覚以上に、
「褒めてもらえてうれしい!」というインセンティブを発生させてしまう恐れが大きいのです。

場合によっては、人を喜ばせたいとの純粋な気持ちから始まった行動が、
褒めてもらうための手段に変わってしまうこともあり得るので、
できれば避けたいところです。

適切な声のかけ方は、「独り言で、喜ぶ・感動する」です。

子どもに向かって声をかけるのではなく、独り言で(でも子どもにちゃんと聞こえるように
大きい声で(笑))「感動した」「嬉しい」を言うのです。

▲「おや、なっちゃん、お絵描きが上手だねぇ!」
○「おお、なんて素敵な絵なんだ!この絵を見ていると、
  南の島に来たような気分になるぞぉ~」


▲「ケンは走るのが速いねぇ!園でいちばん速いよね!」
○「わ。今すごく速く走っている子がいたぞ。
  あんなに速く走れたら、気分いいだろうなぁ!」


▲「リサは小さい子のお世話がちゃんとできて偉いね」
○「うんうん。リサが小さい子のお世話をしてくれるから助かるなぁ。
  子どもたちもリサにお世話してもらって、すごーく嬉しそうだ!」


ついでに添えると、子どもが何も『結果』を出していなくても、この働きかけは可能です。

例えば、子どもが何かに夢中になっていることを材料に、
「さっきはユウがものすごく集中していたなぁ。あれほど頑張っている様子を見ると、
 見ているほうもワクワクしてくるなぁ」

と言うこともできます。
(集中している所を邪魔しては悪いので、一段落した時に言いましょう)

なお、子どもの“得意なこと”は、ずっと一貫して同じものである必要はありません。
去年はジャンプだったのが、今年はお絵描きになって、半年後には玄関掃除に
なっていても、全く問題ありません。

むしろ、親の先入観で子どもの“得意”を固定してしまうことの弊害の方が心配なので、
いくらか無節操なくらいでちょうどよいでしょう。

こうして、自分の行動で他者の喜び・感動が起こる体験を重ねるほどに、
子どもの中には「自己有能感」が育っていくのです。

また、自分に自信が持てていると、不得意なこと・初めてのことにチャレンジする
勇気も持ちやすくなるもの。自己有能感を育てることは、子どもが自ら育つことを
支える上で、効果的なサポートとなるのです。


今日は「自己有能感」のお話でしたが、その基礎には
「自己重要感(自分という存在には意味がある・価値がある)」
が欠かせません。

「子どもが何もしていない時の、子どもを大切に思う一言」も忘れずに!
→参考006号:「存在を認める」とは言うけれど。

あまり子どもに手を掛けようとし過ぎてはいけませんが、
ちょっとした心掛けで子どもの自信、そして積極性を養える側面があることも事実。

子どもと一緒に過ごす1日は、ちょっと気にしておいていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。