校庭でドロケイ!

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


校庭でドロケイ!

地震の発生以降、小学校は午前授業(給食なし)の短縮時程。

ただでさえ何かと不安をあおられることの多い子どもたちを、午後の間ずっと
室内に閉じ込めておくのはかわいそう・・・とのことで、息子・娘と一緒に校庭へ。
(まあ、私が誘わなくても勝手に行くのですが)

校庭に遊びに来ていた子、学童保育で校庭にいた子などに声をかけて、皆でドロケイをしました!
もちろん私も参加です。



子どもたちの元気なこと!

ちょっと寒いかな、という陽気でしたが、上着を脱ぎ捨て、中には半袖1枚になって走り回る子も…
私は、あまり走り回らない省エネ戦術だったので、上着は着たままでしたが(苦笑)


チームを変えて、何度もやりました!


何度かやっていると、子ども毎に個性というか、クセがよくわかります。

―いつも仲間と2人で挟み撃ちをする子

―無茶な状況でも仲間を助けに突入して、あっけなく捕まる子

―じーーーっと隠れて、終盤になってから姿を現す子

―なぜか自分より年上の子ばかりを狙う子

―逃げる時、必ず高い所に行く子
校庭でドロケイ
 ↓
でもこの作戦はイマイチ。追っ手が2人で来ると簡単に捕まってしまいます。
それでも毎回、すべり台やら登り棒やらジャングルジムやらに登ってしまう、悲しき習性(笑)


----

家庭によっては、いろいろと心配して子どもを外に遊びに出さない判断もあるようです。

どの判断が適切かを見極めるのは難しいですが、やはり外で元気に遊ぶ子どもの表情は
イキイキしています。

ずっと心配しながら過ごしている子どもたち、できる時にはこうして
「心配事を忘れて、元気にパァーっと遊ぶ」ことをさせてあげたいと、個人的には思います。


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。