祝!ご入園・ご入学

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝!ご入園・ご入学

入園・入学の季節ですね。

皆さんの中にも、お子さんが入園・入学を迎えた方がいらっしゃると思います。
ご入園、ご入学、おめでとうございます!

今日は、この4月に入園・入学した子どもについてのお話です。


新しく幼稚園・保育園に入ったり、別な園に転園したり、小学校に入学したり、
環境が大きく変わった子どもというのは、相反する2つの気持ちを感じています。

―うれしい気持ち、張り切っている気分。

―不安な気持ち、気を遣っていて緊張している状態、何となく疲れた気分。


どんなに元気いっぱい・楽しさ満開に見えても、必ず両方を感じているもの。

また、その影響で家にいる時・親と過ごす時の様子が変化することも、よくあります。

―ワガママを言い出す

―聞きわけがなくなる

―怒りっぽくなる

―些細なことで泣きだす

―ダラダラする


…いろいろありますが、一言で言えば「ダメな子になった」ような状態ですね。


こんな時、つい『しっかりして欲しい』と思ってしまうのは仕方のないことです。

「そんなこと言ってないで、早く準備しなさい」

「こんなことで泣いてどうするんだ。大したことないだろう」


…ですが、子どもの言動を正すような接し方は、実は適切ではありません。


この場面での適切な接し方は、敢えて「許す」「そのまま認める」こと。

「明日の準備が面倒なんだね。そうかそうか。無理してやらなくてもいいと思うよ」

「おおそうか、そんなことがあって嫌だったんだね」


なぜなら、上記のような子どもの様子の変化は、新しい環境に移ったことによる、
心と体の疲れの表れだからです。

もちろん、“ダメな子”状態をいつまでも続けることが良いわけではありません。

ですが、その状態からの回復は、あくまでも子ども本人の力で進むべきもの。

親の叱咤激励(≒強制力)で正そうとしても、結果的に効果はありませんし、
子ども自身の力で進むことを妨げてしまう弊害さえあります。


こういった時期は、子どもを“安心させる”ことに重点を置くべき、
と肝に銘じておいてください。

親が子どもを許す・認めることで子どもは安心でき、新しい環境に対応する力を得ます。
そうして新しい環境に対応できるようになるに従って、“しっかりした自分”を取り戻し、
さらに成長できるものなのです。

そう考えると、疲れのサインは出ている方が望ましいくらいとも言えます。

逆に、こうした変化が全く出てこない子は、もしかすると『しっかりしなきゃ』と
“頑張りすぎ”ているかも、と心配してあげたいところ。

その時は、子どもが気を緩められるよう、ちょっと呼び水を差してあげても良いでしょう。

「よく頑張っているね。」

「でも、時々は大変に思ったり、嫌なことがあったりもするよね。」

「パパもね、1年生の頃、毎日『忘れ物をしないように!』って準備するのが
 とても大変だなぁって思っていたんだ。」

「それに、クラスに意地悪な子がいて、なんとなく学校に行くのが気が重い日もあったなぁ。」

「ケイスケも、何か困ったことがあったら、いつでも言っていいからね。」


--

我が家でも、昨年、下の娘が小学校に入学した時に似たような状況がありました。

入学式の翌日、今年度最初のバレエ教室があったのですが、午後になると
布団部屋でゴロゴロ・ウダウダしながら半ベソ状態で訴えてきたのです。
「バレエ辞めたい」と。

それまで娘はバレエをとても楽しんでいて、レッスンのない日も家の鏡の前で
踊ったりしていたので、正直これは私にも意外でした。
私の頭の中は大慌てで「甘い物食べすぎたかな?」「寝不足だったっけ?」など
グルグル考えましたが、すぐに「これは入学疲れだな!」と気付いたので、

「おお、そうか、辞めたいんだね。いいよ。」

「また気が向いたら、その時やればいいさ。」


と返してあげました。

バレエ教室には「気疲れして休みたがっているので、しばらくお休みします」と
こっそり連絡しました。
(結局、このまま辞めることになりました。少し残念な気持ちもありますが、
 まあ彼女の人生なので、それはそれで良いと思っています)

幸い、学校には元気に通っていました。

時には嫌なこと(クラスメートが他の子に意地悪するのを目撃する、など)もあったようですが、
そのことを家でダラダラ話してくれていたので、きっと大丈夫。

きっとあの時は、学校に慣れることに全パワーを向けているのだな、と理解しています。

--

子どもが大変な思いをしているときこそ、家が、親が、安心できる場所となって
子どもを支えてあげたい。

皆さんにも共感いただけたらうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。