「ありがとう」が言えるように

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ありがとう」が言えるように

ブログをお読みになった方や、メルマガ読者の方から、コメントやメールをいただくことがあります。

ご質問・ご相談以外にも、メルマガへの感想、わが子の近況など内容は様々。

どんな内容も私にとって良いヒントになりますし、何より励みになるので、
メールをいただけるのはとても嬉しく、いつもじっくり読ませていただいています。
(メールくださった皆様、ありがとうございます!)


さて、そのメールですが、ここ最近類似する内容のご相談が続いたので、
今日はそのご相談に答える内容でお届けしますね。


テーマは「『ありがとう』が言えるようになってほしい」です。


人に親切にしてもらった時には、きちんと、快く『ありがとう』と言えるように
なってほしい・・・これは子どもを持つ方すべてに共通する願いだと思います。


ですが、中には子どもが順調に「ありがとう」を身につけているように思えず、
悩みに感じている方がいるのも、これまた事実でしょう。

実際に、ご相談をいただいた中で、

─子どもがなかなか「ありがとう」を言わないだけでなく、逆に人に対して
 「ありがとうは?」と要求するようになってしまった


とのケースもありました。

このケースに触れながら、子どもが「『ありがとう』が言えるようになる」
ためにできることについてお話します。


(1)親から学ぶ・・・でも!

子どもが親から多くのことを学ぶというのは、事実です。
ですが、もう少し詳しく知っておく必要があります。

子どもが、
「親から言われたこと」から学ぶことは実は少なく

多くは
「親がやっていること」から学ぶことの方がずっと多いということを。

前述のケースでは、(純粋に親心から)子どもに

「親切にしてもらったら『ありがとう』って言うんだよ」

「『ありがとう』は?」


と言っているうちに、そこから子どもは

“人に親切にしたら、『ありがとう』を言うように指導する”

という行動を身につけたのでしょう。


では、『ありがとう』を言うことを教えてはいけないとすれば、
どうすれば良いのでしょうか。

もうお分かりだと思いますが、

子どもが
“人に親切にしてもらったら、『ありがとう』を言う”
という行動を身につけるために一番効果的なのは、

親自身が
“人に親切にしてもらったら、『ありがとう』を言う”
を実践すること。


―子どもが物を取ってくれた時、

―ジャマな場所から動いてくれた時、

―電話中に静かにしてくれた時、

気持ちを込めて『ありがとう』と言えば、それで充分。

また、親が子ども以外の人に『ありがとう』と言っている姿を見ることも、
子どもが『ありがとう』を身につけるうえでとても良い経験です。


(2)さらに工夫するなら

それ以上に工夫して効果的なコミュニケーションを取りたいと思う方には、
2点ほどヒントをご提供しますね。


■どんな場面が『ありがとう』にふさわしいか、一緒に伝える

単なる『ありがとう』に加えていくつか言葉を添えることで、どのような時に
『ありがとう』を言えばよいのかの理解を助けることも可能です。

「お箸に手が届かなくて困っていたんだ。取ってくれて、パパ、助かったよ。
 ありがとう」

「ソファを半分空けてくれたから、パパもゆったり座れて気持ちいいな。
 ありがとね」



■『ありがとう』を言われる側の気持ちも伝える

『ありがとう』を言ってもらえることで、相手方もうれしいということを
言葉に出して伝えるのも良いでしょう。

「お、『ありがとう』って言ってもらえると、気分がいいなぁ」

「『ありがとう』って言われると、手伝ってあげて良かったなぁ、って思うよ」



(3)焦らないで!

実際にご家庭で取り組まれる前に、肝に銘じておいていただきたいことがあります。

「他者が、自分に配慮してくれたことに感謝する」というのは、かなり高度な概念です。

このことが本当にわかるためには、自分とは別の他人を認識して、
しかもその他人の立場を考えられることが必要で、小さい子には到底ムリな部分もあります。

“ちゃんと意味が分かって『ありがとう』を言う”なんてことは、
相当に時間がかかるものと理解して、決して焦らないようにしてくださいね。

最初は意味も分からずに言う『ありがと』でも充分すぎるくらい。

「お礼を言う」という“形”にこだわりすぎず、
「親切をしてあげたら、相手が喜んだ」という体験がいっぱいできるよう
接してあげてくださいね!



にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。