パパ、見て~

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パパ、見て~

「パパ、見て~」
と子どもが言ってきた時、皆さんはどう答えていますか?


「お、すごいね~」
あるいは
「上手に描けてるね!」
など、前向きな返事をしている方が多いのではないでしょうか。


ところがこの答え方、
子どもの自立心や個性・感性を伸ばすうえでは適切ではありません

では、どう答えるのが良いか分かりますか???




子どもが伸びるために最適な答え方は、

「うん、見たよ」

なのです。


不可解に思われるでしょうか。。。
しかしそれは、私たち大人がすでに多様な先入観を持ってしまっているから。

頭を白紙にしてもう一度子どもの言葉を聞いてみてください。

子どもは、「見てー」と言っています。
そうです、「見て」ほしいのです。

ですから、最適な返答は「見たよ」なのです。
ただし、言う時は自分の手を止め、まっすぐ子どもの方を見て言ってあげてください



では、なぜ褒めてはいけないのでしょうか?

親に褒めてもらえれば、子どもとしても嬉しいことは間違いありません。
親の愛情も感じられるでしょう。

しかし、子どもは「見て!」と言う時、
自分の内から湧き出る興味・関心・好奇心で自発的に活動し、
すでに自分の感性で楽しんでいます


親が「褒める」ことを繰り返すと、
子どもはいつしか親に褒めてもらうことに意識が向いてしまい、
自分の感性で感じ、楽しむことを忘れてしまいます


褒め言葉は、使い方を間違えると麻薬のように依存心を生み出すのです。


そして、何かにつけて

『ねえ、すごい?』

『パパ、上手でしょ?』


と確認したがる子どもに育ち、
やがて他人に評価してもらえないと不安な大人になっていきます。


実際に「うん、見たよ」と声に出して言ってみると、
慣れるまではとても不自然に感じると思います。

子どもも最初は不思議な顔をするかも知れません。

でも、慣れてくれば非常にすんなり行くようになります。

親に「見て」もらった子どもは、また自分の好奇心と集中力を育む活動に戻っていきます。
慣れるまでのしばらくの間、意識してやってみてください。


なお、既に子どもが褒められることに慣れている場合は、
子どもの方から「すごい?」と確認してくる可能性もあります。

仮にそうなっても、安易に「すごいね」とは答えずにすむ方法も、頭の片隅に入れておきましょう。

「リョウがすごく得意な気持ちなのがわかるよ」

「レイナが楽しそうにしているのは、パパも嬉しいよ」


などと応じてあげて、自分の感性で楽しむことを支えてあげてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



FC2ノウハウ

スポンサーサイト


拙ブログへのコメント、ありがとうございました。こちらの記事を読んで、「ほめないなんて厳しい」と思う反面、これはこれでそうなんだよなと思う部分もあります。
たとえば、コーチみたいな人だと、本当に褒めるのは、上手にできたときだけで、悪い点の指摘があるかぎりは、「こうしたほうがいい」「もっとこうしなさい」というのが普通ですよね。
で、一般の親は、本当に熟知した部分じゃないと、そんな口出しもできない。となると、いっそ、指導もできないのなら、褒めないほうがいいというか。
指導ができないってことは、その中身の本質がわかっていないんだから、褒める点も的を射ていない可能性もあるわけで、それだったら初めからほめないほうが無難というか。
とくに高学年になってくると、「これ、褒めるところ?」って親の演技も見抜くようになるだろうし、いろいろと難しいなあと思います。
ちゃいさん、コメントありがとうございます。
確かに、子どもの取り組んでいる内容について褒めるためには、親がその分野に詳しくなる必要が出てきますよね。
サッカー少年のお母さんに「子どもを褒めてあげて」とお願いすると、かなりの確率で「でもサッカー知らないので、どこを褒めていいのかわからない」との返事が来ます。

なので、しっかり見守ってあげること、話を聞いてあげることを中心にして、褒めるのであれば「取り組み内容」ではなく、「取り組み姿勢」を対象にすれば良いのでは、と思っています。

具体的に言うと、
「1点目のゴールシーン、一度切り替えしてDFを外してから、すぐに逆足でシュート打って良かったよ!」
とサッカーの詳しい内容を褒める必要はなく(それはコーチの役割ですね)、
「一生懸命走って、声出して、頑張っていたね。お母さん、頑張るコウタの姿を見られて本当に良かった!」
と言ってあげられれば良いのでは、と思っています。

親が「私が感動した」「私は楽しんだ」「私は嬉しかった」と感じてそれを言葉に出している限りは、本人の勝手な感想なので、子どもが大きくなっても「無理して褒めようとしてないか?」との心配も少ないので、基本的にはこの姿勢をお勧めしています。











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。