子どもと過ごす~意思を持って時間を取る

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもと過ごす~意思を持って時間を取る

私事で恐縮ですが、GWの我が家は“お出かけ週間”でした。

29日は川遊び。エビ・ザリガニ・ヤゴ・アメンボなど多数捕獲した後は、
公園で軽くボール蹴り。

30日は息子・娘・私はサッカー練習、その後クラスメートがうちにお泊りに。

1日は一家4人と友達3人で卓球へ。

2日は学校。放課後は歯医者行った後、家族でのんびり。

3日は一家4人で映画鑑賞。

4日は息子のサッカーの試合で、

5日は息子と私がサッカー練習と川遊び、娘と母で映画鑑賞&お買い物。


もちろん、これだけお休みしているので、私の仕事には影響が出ています。
業務のスケジュールはずいぶん狂い、来週はだいぶハードになることを
覚悟しています。

ただ、ハードにはなるとは言え、何とかなっている(多分、何とかなる)
ことも事実なんですが。



今週は、いつもとは趣向を変えて、大人である読者の皆様にお願いの
メッセージをお届けします。

メッセージとは、ずばり
「もう少し、子どもと一緒の時間を持ってあげて!」
です。


子どもに関連することに限りませんが、私たちは何か良い案が浮かんだとき、
(なかば知らず知らずのうちに)自分でその案をボツにしてしまうことが、
少なくありません。

案を実行するかどうか迷う私たちの頭の中には、いつだって、
充分すぎるほどの“ボツにする理由”があります。

―仕事の予定が入っているから。

―この日に抜けると、周りに迷惑がかかる。

―月末に休むのは、心苦しい。

―先月も子どもの発熱で休んじゃったしな…

―そもそも「子どもと遊ぶから」って理由で休んで良いの?

―別にこの日じゃなくたって、動物園には連れて行けるさ。

―あんまり休んでいると、評価に響くかも…


そうして、せっかくの機会を、かなりの確率で捨ててしまう。

捨て続けて1年後に、
『今年はあんまりお出かけできなかったなぁ』と思う。

捨て続けて20年後に、
子どもが『パパと遊んでもらった記憶、あんまりないなぁ』と思う。


…なんてもったいないことにならないように、私からのお願いです。

「やってやれないことはなさそうだ」の感覚があったら、
ぜひご自分にGOサインを出してあげてください。

もちろん、職場には迷惑をかけることもあるでしょう。
そのことは素直に周囲に感謝して、別の機会に恩返しを。
(躊躇している同僚に「こっちでカバーするから、旅行、行ってきなよ!」
 と背中を押してあげたり、年度末に休む仲間の業務を快く引き受けて
 あげたり、いくらでもできることは見つけられるはずです)


私に言われるまでもなく、子どもと過ごす時間を確保するのは、
簡単ではないと思います。

だからこそ、
少しでも躊躇する気持ちを持ってしまったら、
「支障ないタイミング」が来るのを待っていたら、
きっと、チャンスはかなり減ってしまいます。


人によっては、永遠に『子どもと過ごす時間』が訪れなくなってしまう
かも知れません。



実際のところ、仕事に支障が出るかどうかは休んでみないと分からないもの。
そして、たいていの場合、どうにかなってしまうものなのです。


子どもたちの代わりに、皆さんにお願いしたいこと。

 不確かな未来のために、
 確かな今を犠牲にしないで。



3歳の夏は、一度きり。5歳の夏も、生涯に一度の体験です。

子どもが小学校に入ったり、習い事・スポーツチームなどを始めると、
お出かけに連れて行きたくてもいけないことが出てきます。

ぜひこれからは、子どもと楽しい時間をいっぱい共有する、
素敵な時期にしてください。

「どこに連れて行けばいいか分からない」なんてお悩みですか?

子どもが好きなもの、行きたい所がわかればそれでいいですが、
分からなくても心配は無用です。

水遊びができる所に行って、子どもと一緒にジャブジャブしましょう!

子どもは、いつもの場所・いつもの遊びでも、パパが一緒にはしゃいでいる
というだけで、いつもの10倍も盛り上がるもの。

きっと「パパとお出かけするのは、たのしい!」と強く心に刻み込まれる
ことでしょう。


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


「子どもと過ごす」と言えば、このメルマガの発行者・モアイさんは
子どもと過ごす時間を上手に確保して、しかも絶妙な距離感で子どもと
時間を共有しています。

■子供と共に育つ "共育!!"

どんな風に子どもとの時間を過ごしているか、毎日読みやすい文章で
綴られています。

私のお気に入りのブログです。皆さんにも、お薦めです!

ブログをブックマークして読みに行くもよし、
メルマガに登録してメールで受け取るも可能です。

スポンサーサイト












管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。