疑問形に注意 <聞き分けのない時は(2)>

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


疑問形に注意 <聞き分けのない時は(2)>

「聞き分けのない時は」シリーズ第2弾です。


(2)「静かにしなさいって言ってるの、分からないの?」
   ~疑問形に注意~


無意識に使ってしまうこともある“疑問形”の表現ですが、
その中には、答えのわかっていることをわざわざ疑問形で
言っていることも多くありませんか?

言われたことを言葉通り受け取る子どもとのコミュニケーションには、
そういった「答えのわかっている質問」は適していません。

「ボールが窓に当たったら、どうなると思ってるの?」
「誰?テーブルの上にオモチャを散らかしたのは!」


このような言い方の他にも、
「そんなことして良いと思ってるの?」
「そうしたら危ないって分からないの??」

などの“反語”も、「答えの分かっている質問」という
意味では同じです。

言うまでもありませんが、もともとの趣旨は
「そんなことをしては良くない」
「そうしたら危ないと分かっているはずだ」
「だから、やめなさい」

など。

これらの思いをこめて、思いが強いからこそ、つい“疑問形”
を使って言ってしまっています。

大人だったら、このような疑問形の表現で言われても
相手の意図が分かるので、
「そうですね、ちょっと危なかったですね。すみません」
と返事することも可能でしょう。

ところが子どもは、これらの投げかけを文字通り「質問された」
と受け止めます。

質問への答えは、
「良いと思っていない」
「危ないって分かってる」


ただこの答えは、直前の自分の行動を正面から否定する内容です。
そのため子どもは自分で自分を否定することを強要されているような、
追い詰められた気持ちになるばかり。

行動を改めるどころではなくなってしまいます。


そんな時の代わりの言い方は、疑問形を直して
「そのやり方だと危ないよ」となります。

ですが、さらに欲を言えば、子ども自身が考え、判断する領域を
広く残すために“危ない”という表現も使わずに言いたいところです。

例えば
「振り回してる棒が赤ちゃんに当たりそうになってるよ」
「家の中には、ボールが当たると壊れやすいものがいっぱいあるね。
 窓ガラスもそうだね」

などなど。

ちょっとした言葉遣いの違いではありますが、
子どもの側の受け取るものは大きく異なることも少なくありません。

ちょっとだけ意識して、気をつけてあげてくださいね。



にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。