「お利口さん」に要注意!

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「お利口さん」に要注意!

「お利口さん」に要注意!

・・・といっても、お利口な子どもに注意するのではありません。
「お利口さん」と言っている自分にご注意!という意味です。


理由はふたつ。

ひとつは、かなりの確率で『利口であることを褒める・称える』場面では
ないことが多いから。

たいていの場合、「お利口さん」は『親の指示・教え通りに動いてくれて
良かった』という場面で使われていないでしょうか?

―大人が用事を済ます間、静かに待っていてくれた。

―傷の手当のとき、痛みをこらえてじっとしていた。

―お友だちからお菓子を分けてもらった時、ちゃんと「ありがとう」と言えた。


細かいことではありますが、言葉の意味を言葉通りに受け止める
子どもに対しては、できるだけ適切な表現を使いたいものです。


もうひとつの理由は、子どもに対しては「“行為”を“褒める”」のではなく、
「その行為をとった“判断”について、その結果どう良かったかを“伝える”」
方が子どもにとって重要だから。

裏を返せば、(いささか乱暴な説明になりますが)
「静かにしていてお利口だったね」と言われる経験が積み重なると、
「静かにさえしていれば、ボクは『いい子』なんだ」という
メッセージになりかねないことを心配しています。

本来伝えたかったことは、こういうことだったはずです;

―大人が用事を済ます間、静かに待っていてくれた。
→「○○ちゃんが待っていてくれたから、パパは用事が片付いて助かったよ。
  それに、待っているあいだ静かだったから、
  周りの人もビックリしなくて助かったと思うよ」


―傷の手当のとき、痛みをこらえてじっとしていた。
→「痛いのに、我慢してじっとしていたんだね。
  ○○ちゃんが足を動かさなかったから、しっかり手当てができたよ。
  きっと2~3日で治るんじゃないかな」


―お友だちからお菓子を分けてもらった時、ちゃんと「ありがとう」と言えた。
→「ちゃんと『ありがとう』が言えたんだね。
  パパは○○ちゃんが自分で『ありがとう』が言えるようになって
  誇らしい気分だな。
  それに何より、お菓子をくれた△△ちゃんも気分が良かったと思うよ」



「“行為”を“褒める”ことがあまり良くない」と言う時、
私の念頭には「行為の良し悪しは場面・状況によって決まる」
という事実認識があります。

砕いて言ってしまえば、
“待つ”以外の行動が望ましい場面もあるし、
お菓子をもらっても受け取らず無視して逃げるべき状況だって
(あって欲しくはないけれど)あり得る
、ということ。


子どもたちには、
「××するのは良いことだ」といった硬直的な思考ではなく、
「さて、今はどうすればいちばん皆が喜ぶ/物事がうまく進むかな」
と考えて自分で判断・行動して行く習慣
こそ、伝えていきたい。

そして、伝えたいことが伝わるための技術(=表現・言葉遣いなど)を
身につけることが、親としての務めなのだと、思います。


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪




FC2ノウハウ

スポンサーサイト


たまたま記事を見つけて読ませて頂きました。一歳児のママです。
周りのママでよくお利口さんという言葉を使う人が多いので、なんか違う!と違和感を持ってました。
子供を褒める言葉ではあるけど、母親の潜在的な威圧感や、強制力をその中に感じていました。
記事を読んですっきりしました。
その通りだと思います。

子育て中子さん、

コメントありがとうございました!
そうですよね、「お利口さん」と言っていながら、実は自分にとって都合がいいだけ…
という接し方には、気をつけたいですよね。

よかったら、またお越しくださいね!
くろさわ











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。