寝かしつけテクニック集(前編)

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寝かしつけテクニック集(前編)

だんだん暑い日が増えてきましたね。
これから本格的な梅雨、そして夏を迎えるにつれて、
寝付きにくい日が徐々に多くなりそうです。

そこで今回は、寝かしつけのコツ・テクニックについてお伝えします。


既にご存知のこともあるでしょうし、意外な発見もあるかもしれません。

また、皆さまにもそれぞれのやり方があると思いますので、
ぜひ読後に「うちではこうしてる!」とのコメントをお寄せくださいね。


(1)1日の活動

やはり、日中によく動いておくと、寝つきは断然良くなります。
このことについては“寝かしつけ”から話題が離れてしまうので、
また別の機会に取り上げようと思います。


(2)儀式

眠りにつく前に毎日決まった手順を習慣にしておくと、
子どもは心身ともに「もう寝る時間だな」と感じられて
寝付きやすくなることは、多くの方がご存知と思います。

代表選手は、なんと言っても「本の読み聞かせ」ですね。
本以外では、マッサージやハグなども該当するでしょうか。

ところで、子どもによっては、「どの本を読もうか?」
と訊いても毎日毎日同じ本を希望することもあります。

そんな時は、決して「たまには別のにしたら」とは言わず、
その本を何日でも続けて読んであげてください。

その子にとって、毎日同じお話を聞くことは眠りに向かって
落ち着いた気持ちになるための大切なプロセスです。

エンターテイメントではないので、
「いろんな話が聞けたほうが面白いだろう」
なんて決めつけず、その子の体に馴染んだ
“いつものおはなし”を読んであげましょう。


(3)温度


当然のことですが、暑すぎたり寒すぎたりすれば誰でも
寝付きにくいもの。

ここでは「室内を快適な温度にする」以外のノウハウとして、
“足”と“頭”の温度調節のコツをお伝えします。


まずは足から。

暑くて寝苦しい時や体の中に熱がこもる感じがする時に、
足を集中的に冷やすと効果的です。
冷やし方は何でも良いのですが、私は保冷剤を使います。

保冷剤を使い始めた最初の頃は、子どもは面白がって
ひゃ―ひゃ―騒ぎかえって眠気が醒めてしまうなんてことも
ありましたが、慣れてからは静かに足の裏を冷やして、
満足すると「もういい」と保冷剤を私に返してすんなり
寝付くようになっています。


逆に冬場は、手足などの末端部は一度冷えるとなかなか
温まりにくいものです。

そんな時は、親が自分の体で直接触れて温めてあげてください。
まあ親自身も寒い中で少し大変ですが、(6)で後述する効果も
ありますし、何より文字通りの“親のぬくもり”は子どもを
安心させ気持ちを落ち着かせる効果が絶大です。

そして頭。

熱がこもって寝つきにくくなるのは、頭も体と同じ、
いやそれ以上に寝苦しくなります。

夏場は髪が毛布のように頭部の熱をキープしてしまうので、
なかなか発散されません。
髪の間にこもった熱い空気を飛ばしつつ頭を涼しくするために、
髪を持ち上げながら風を送ってあげると、とても効果的です。

また冬場でも、室温を高くしていると頭がのぼせ気味になって
寝付けなくなることがあります。
暖房は抑え目にして、寝具と“親の温もり”で包んであげる方向に
シフトしましょう。


(4)とんとん

「寝かしつけ」と聞くと、まっ先に「とんとん」を思い
起こす方も多いのではないでしょうか。

実は私自身は「とんとん」をすることは滅多になく、
「頭なで」をしています。

あれこれ試したところ、
前頭部(生え際の上からまゆ毛あたりまで)と
こめかみ周辺(こめかみから耳の上あたりに向かって)が
いちばん効くようです。

前頭部であれば、毛並みに沿ってなでなでなで。
こめかみは少し頭皮を圧すようにしながらこしこしこし。
が、より効果的です。

うちの子は、始めて30秒もしないうちにあくびが出て、
続けて目をこすりだします。
一気に眠気が来るのが見ていてよくわかるほど、
効果がある方法です。


続きの(5)(6)(7)は次回お届けします。
お楽しみに!


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

父親が赤ちゃんを寝かしつける3つのコツ

父親が育児を行う上での最大の欠点は、 父なのに乳が出ないことである。 (つまらないギャグを放つことは、 育児上あまり問題にはならない) このことを痛感するのが、 赤ちゃんを寝かしつけるときである。 だっこして、スクワットしまくって、 汗だくになりつつよっしゃ寝?...
プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。