サッカーノート

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サッカーノート

小5の息子ですが、サッカースクール(A. C. Fonte)に通うようになってから、
サッカーノートをつけるようになっています。

息子自身のノートとしての利用に加えて、もうひとつの用途でも
このサッカーノートを活用しています。

スクールでは1回受講毎に1,000円の費用がかかることもあり、
サッカーノートを利用して
・息子が、その日どのようなことを習ったか、どんな成果を得たかを記入
→それを見て私が、習得できたことを金額換算して評価
との確認作業を行っているのです。

例えば、
【息子】小さい振りで強く蹴るキックを習って、2回うまくできた
と書いてあれば、その横の余白に
【私】着実に、技術の幅を広げているのが分かります![+400]
と書きます。

最後の[+400]は、400円分の習得と評価している意味。

この確認作業に当たり、
・習得できたことが1,000円分を下回る日が続くようなら、お金は出さなくなる可能性があること
・ノート記入がなければ、その日は習得ゼロと見なすこと

も併せて伝えています。


この仕組みを取り入れた目的は3つあります。

ひとつは、目的意識を持って練習に参加することの後押し。
「1,000円分以上は、確実に身につけてこなくちゃ」というプレッシャーを使って、
練習で『何かを掴んで帰る』ことを後押ししようとしています。

もうひとつは、振り返り&記録作業の習慣化の後押し。
練習後に
「どんな練習をしたか」
「その中でどんなチャレンジができたか」
「新しくできるようになったこと」
などを振り返り、紙に書くことを半強制的に行うことで、
習慣化することを後押ししようとしています。


そして最後は、チャレンジ精神を引き出し、サポートすること。

「以前からできていることが、今日もうまくできた」
の評価を低く、

「新しく習ったことを、すぐにやってみた」
の評価を高く、

「習っていないけど、自分で考えてやってみた」
の評価をさらに高くすることで、

チャレンジ意識を育むことも、意図して評価を決めています。



今のところ、この方法は概ねうまく息子をサポートできているようです。
(ですが最近、ちょっと事件もありました。明日のブログで書きますね)


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。