褒めるコツ

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


褒めるコツ

褒めることは、良いことです。

子どもは、褒められることで認められていると実感できますし、
意欲も育ちます。

そして何より、嬉しい気持ちになれます。


「褒めて伸ばす」という表現もありますが、子どもは、
褒められることで次の課題にチャレンジする勇気を得ている
のだと思います。

もちろん、叱られて成長する要素、悔しさをバネに伸びることも
あるでしょう。

しかし、叱られた後にまた一歩を踏み出したり、悔しい思いを
した時に再度立ち上がるためには「自分は、やればきっとできる」
という自己信頼感が必要不可欠
です。

そしてその自己信頼感は、過去の自分の努力が認められてきた
経験から培われるものだと思うのです。


一方で、何でも褒めていれば良いというわけでもないのが
難しい所です。

以前にも書きましたが、ムダに褒めすぎるとそれはそれで
弊害が心配です。

子どもの様子をよく見て、子どもの言葉を言葉通りによく聞いて、
子どもの思いに正面から応えてあげたい、との気持ちを
いつでも持っていたいです。

→参考:パパ、見てー


また、褒める『対象』として適している/適していないという
観点
もあります。


これはあまり意識されない点なので、詳しくご説明しますね。

まず、適していないものですが、以下の3つが挙げられます。

◇人格・性格

まず、私個人の価値観ではありますが、ものの考え方として
「良い性格」と「悪い性格」、「良い人」と「悪い人」が
あるというメッセージを子どもに与えたくありません。

また、子どもはいつでも「よい子」なわけではありません。

「いい子」「おりこう」とばかり言われていると、
「パパは、様々な思いを持つぼくのことをちゃんと理解して
 受け止めているんだ」

との印象は受けにくいものです。

中には(レアケースだとは思いますが)
「おまえは良い子だ」「パパは信じているよ」と言われすぎた子が、
「それは違う!」と主張するためにひどいイタズラに
走ったとの事例も聞いたことがあります。


◇行為

「お友達にオモチャを譲った」などの行為そのものも、
 褒める対象としては適していません。

理由のひとつは「思考停止リスク」
親の気がつくことはたいてい偏っている(自分の関心がある分野・
得意な分野で多くのことに気づいてしまうのは自然なことです)ので、
子どもが「○○さえしていれば、パパに認めてもらえるんだ」との
思考停止に陥る恐れが心配です。

もうひとつの理由は、子どもの複雑な思いを気づかずに
切り捨ててしまう恐れです。

行為を褒めていると、子どもの中にあった
「貸したくないけど…」を我慢した点が話題から漏れやすくなります。
その結果、子どもが
「ぼくの気持ちより、他の子がオモチャを使うことの方が、
パパにとって大事なんだ」

との思いを抱く恐れがあるのです。


◇作業の出来ばえ

この点はケース・バイ・ケースかも知れません。

しかし、「絵が上手にかけてすごいね」との言葉の
向こう側には、
「上手じゃないと、やっぱりダメなんだろうなぁ」
との影も見え隠れします。

お料理の手伝いをして上手に野菜が切れた、
積み木を高く積み上げることができた、
など褒めても良さそうな場合もありますが、
それらの場合も「作業の出来ばえ」よりも優先して褒めて
あげたいもの(後述)があるはずです。


では、褒める対象としてのに適しているのは何かと言うと、


◆子どもの判断

『子どもが何かをしようと決めた判断が、その状況では
的確だったこと』
は大いに褒めてあげたいです。

上記のオモチャを譲る場面では、
「あの小さい子にバケツを貸してあげたんだね。
 お、あんなに嬉しそうに使っているよ。
 すっごく使いたかったんだろうね。
 貸してあげられてよかったね。」

との褒め方です。

別の例では、
「今揚げ物しているから、向こうで待っててね。
 お、ちゃんと待っているね。お利口だねぇ」

  ↓
「ナオくんが待っていてくれたお陰で、火事にならずに済んだし、
 揚げ物も上手に仕上がったよ」


このように、
「子どもの主体的な判断・行動」
  +
「その結果、どんな良いことがあったか」
をセットで褒める
言い方ができればベストです。

この褒め方によって子どもは、
「自分の判断でパパを待ってあげた」
「その判断は正しかった」
「自分の正しい判断のお陰で、我が家を火事から守り、美味しい夕食作りに貢献した」

との充実感を得て、自ら“育つ”力を増していくのです。


◆「うれしい気持ち」

行為や出来ばえを対象に褒めると、どうしても「評価」
の色合いが混じってしまいます。

子どもの言動の結果として本人や周囲が感じることができた
「うれしい気持ち」を一緒に喜ぶかたちでの褒め方であれば、
子どもを評価することもなく、子どもの意欲を伸ばす上でも
いちばん効果的なコミュニケーションができます。

「お野菜、キレイに切れてるね。上手!」
  ↓
「アッちゃんが切ってくれたお野菜、見てもおいしい、食べてもおいしい。
 ん~、パパうれしいなぁ」



「こんなに高く積み木を重ねられたんだね。すごいね~」
  ↓
「わぁー。こんなに高く積んだんだ。
 コウちゃんがすごく得意な気持ちなのがパパにもわかるよ」
「こんなに高いと、パパもわくわくするよ。
 倒れたら…と思うとドキドキもするし。積み木って楽しいね!」



親が子どもの人格を作るわけではありませんが、
子どもがどの方向に進みやすいよう後押しするかは、
やはり親の見識と行動で決められる部分だと思います。

個人の価値観の領域にはなりますが、少なくとも私は子どもたちに、

“求められたら何でも差し出す人間”
“他人の評価軸で良い評価を目指す人間”


ではなく、

“相手の希望も、自分の希望も、双方をよく理解して
 いちばんいい方法を考え行動できる人間”

“自分の好奇心・創造性をのびのび発揮して、
 自分の感性で楽しめる人間”


の方へ伸びていくのを後押ししたいから、
こういう言い方をお勧めしています。


この「何を“対象”に褒めるか」は、
ふだん意識していない方も多いと思います。

すぐに日常生活で実践していくのは、確かに難しいかも知れません。

ですが、子どもの“ものの考え方”への影響も大きい部分でもあります。

ぜひ意識の片隅に置いておいて、徐々にコミュニケーションに
取り入れていただけたらうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。

今日も、
→ランキング上位に
→新しい方にこのブログを見に来ていただける
→親子の笑顔が増える

の野望達成のために、ご協力、よろしくお願いいたします!


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。