親の不安は子にうつる

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親の不安は子にうつる

子どもが初めて保育園に通い始める時、新しい環境に慣れるために
慣らし保育』あるいは『慣れ保育』という期間をとりますよね。

はじめは親と一緒に午前中のみ、徐々に時間を延ばして、
そして一人だけでも過ごせるように・・・と、
新しい環境に馴染んでいくプロセスを取ります。

我が家では、
(1)息子入園,(2)転居時の息子転園&(3)娘入園、(4)その後の娘転園と、
4回の慣らし保育を経験しましたが、幸い、4回ともほとんど手間取らず
スンナリ慣れてくれました。


ですが、周囲を見るととても苦労している親子もありました。


苦労するケースで非常に多いのが、

「親が子どもを連れてきて、おそるおそる出発しようとして、
 そっと振り返ると、子どもは必ず泣き出してしがみつく」


という展開。


もちろん、『子どもが新しい環境に慣れる早さ』を決める要素で
一番大きいのは、子ども本人や家庭ごとの“個人差”です。


しかしそれでも、親の態度によって子どもが影響を受けるという要素も、
確実に存在します



端的に言ってしまえば、
「親の不安が子どもにうつる」
ということが、しばしば起きているのです。

「不安がうつる」
という表現が馴染みにくければ、

「親が不安がっていれば、子どもが安心できるわけはない」
と言い換えてもよいでしょう。

「親の不安がうつっている!」と如実によくわかるのは、
親がいなくなった5分後にはケロッとして遊んでいる子どもを見た時です。

子ども本人は最初から平気だったのに、親が不安を注ぎ込んでいたんだ!
と痛感します。


うまく行かないケースの親の気持ちは、

大丈夫かな?

→今日も厳しいだろうな~

→やっぱりダメだった


と移り変わっているのだと思います。


反対に、スンナリと慣らし保育をクリアするケースでは、
親の気持ちは、全く逆の動きを取るものです。

不安はあるだろうな~

→でもまあ、何とかなるだろう

→ほら、大丈夫だ


この場合、不安ではなく“楽観”が子どもに伝染していると言うことも
できるかも知れませんね。


この“伝染”は、意図的に起こすことも可能です。

親が不安な気持ちを選び、不安な態度・行動を選べば、
子どもには不安を伝染させることができますし、

親が楽観的な気持ちを選び、楽観的な態度・行動を選べば、
子どもには楽観を伝染させることができます。


今後、転居,入園・転園,入学など、新しい環境に慣れる場面が出てきた時、
ぜひこの「親の気持ちが子どもにうつる」を心に留めて、
子どもが安心して新しい環境に慣れることができるよう、
サポートしてあげてくださいね。


<おまけ>
子どもがケガをしたなどの「不測の事態」の時にも、
この知恵が応用できます。

子どもは「痛い、痛い」と言って泣きますが、実際には
「ビックリ+不安+痛み」が混ざり合っています。

そのうち「ビックリ」と「不安」は、親がすぐに和らげたり、
消してあげられる部分です。

方法は、次のとおり。


(1)認める・受け止める

子どもがビックリしたこと、不安に感じていることを
言葉に出して受け止めてあげます。

親がしっかり受け止めてあげることで、子どもは自分で
驚き・不安を乗り越える方向に気持ちを向けることが
できるようになります。


(2)「自信」と「冷静な対応」を伝染させる

そのうえで、「この問題は解決できる」という自信と、
「どう対処したら良いか考えよう」という冷静な対応を
取る姿勢を、親から伝染させてあげましょう。


具体的には以下のようなコミュニケーションです。


「おお、そうかそうか、指を切っちゃって、痛いんだね。」
「急に血が出てきて、ビックリしたんだね。
 不安になっちゃうよね。」


・・・ここまでは優しく、子どもを受け止めるように。

ここから先は、堂々と落ち着いて、自信満々に。


「でも、もう大丈夫。パパも同じケガをしたことがあるし、
 他の子がケガをしたのを助けたことも、何度もある。」
「どうすれば早く治るか知っているから、今から手当てしようね。」



日常のケガの「痛み」程度であれば、子どもは充分に我慢できるもの。
親が「ビックリ」と「不安」の解消を手助けしてあげれば、
たいていの場合は落ち着きを取り戻せるはずです。



にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。