看病するとき

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


看病するとき

朝晩が冷え込んで、咳をしている子が増えていますね。

季節の変わり目は、どうしても体調を崩しやすいもの。
この時期、子どもの看病に当たっている方も多いのではないでしょうか。


そこで、今号では子どもを看病する時の工夫について、お届けします。


(1)状況理解を助ける

病気の時の子どもは、病気からくる苦痛・不快を感じるだけでなく、
自分の体に起きている異常事態に驚いたり、怯えたりすることがあります。

『今、自分の体で何が起きているのか』が理解できれば、
少なくとも「理解できないことによる恐れ」はなくなりますし、
苦痛・不快感に対しても納得して我慢しやすくなります。

完全に正確である必要はありませんので、子どもに理解できる描写で
状況を教えてあげましょう。

例えばおたふく風邪なら、

─ウイルスが体に入って、病気になる

─ウイルスがアゴの所で暴れるから、腫れて痛くなる

─体の中の防衛隊が駆けつけて、やっつけてくれる

─全部やっつけるのに、数日かかる

─一度やっつけると、相手の弱点を覚える

─同じウイルスが次回体に入ってきた時は、弱点を攻撃してすぐ
 追い払うことが可能なので、もう発病しない


などを教えてあげると良いでしょう。


(2)発熱の意味も教える

発熱も病気の症状のひとつですが、「熱が出ること」そのものの、
ポジティブな意味を教えてあげましょう。

熱はカラダ防衛隊が活動している証拠で、ウイルスを勢い良く退治しているほど、
熱は高くなると教えてあげてくださいね。

我が家でも、昨年おたふく風邪で熱が高くなった娘に、こんな話をしました。

─パパ、暑い~。起きるとクラクラするし。。。

「どれどれ・・・38.5度か。しっかり熱が出ているね。
 今、レイの体の中で、防衛隊がオタフクカゼをやっつけてくれているよ。
 これだけ熱が出ているから、ものすごい勢いで退治してくれていると思うぞ。
 きっと2~3日でやっつけてくれるんじゃないかな。
 いや~、レイの体の防衛隊さんたちは、本当によく働いてくれるね!」



そんな話を横で聞いていたせいか、次に息子が発病した時は、
自分からこんなことを言ってきましたよ。

─パパ、今すっごく熱いよ。触ってごらん!
 お、38.7度だ!これならレイより早く治るんじゃない?
 やっぱりな~。オレ体力あるからなぁ。



(3)読み聞かせに代えて

過去のメルマガで、就寝前の読み聞かせの代わりに、口述の“物語”を
聞かせてあげることを紹介しました。

→参考「読み聞かせに代えて」

その応用で、病気の時は上記の(1)(2)を盛り込んだ“物語”を
お話してあげること、とってもお勧めです。

即興の口述に慣れた方であれば、ウイルスやカラダ防衛隊員の
一人称で語ってみましょう。きっと面白さ倍増です。

参考に、私が娘に語った物語をお届けしたいのですが、
長くなってしまうので、後日改めてご紹介しますね。


(4)食事

個別には医師などの指示に従う必要がありますが、一般的な傾向としては

「食べたがる時に、食べたがる物を、食べたがる量だけ与える」

という方法がベストです。

言い換えれば「食べたがらないなら、食べさせなくて良い」ということ。

食事は、摂取・消化・吸収にも体力を消耗します。

身体は、病気退治にパワーを向けている時、
往々にして食事の消化吸収にパワーを割かれないように、
『食べたくない』状態を作ることがあります。

そんな時に無理矢理食べさせるのは逆効果。
1~2日は食べなくても大丈夫なことが多いので、
ある程度は『体調次第』の食事で大丈夫。

ただし、水分は不足しないように気をつけましょう。
熱が出ている時は、思いのほか水分を失いやすいもの。
下痢をしていればなおさらです。

塩分・電解質も補いたいので、水ばかりではなく味噌汁・番茶・麦茶などを
用意して、時折「ちょっと何か飲む?」と声をかけてあげると良いでしょう。
(市販のスポーツ飲料は、電解質補給にはなりますが、糖分が多く、
 身体が冷えやすいことがやや不向きです)


病気の時は子どももしんどいですし、大人も仕事を休まざるを得なくなるし、
家事だって思い通りに進まなくなるもの。

大変だなぁと思ってしまうのは自然なことです。

ですが、子どもと1日中一緒にゴロゴロして過ごすのは、
赤ちゃんの時か、病気の時だけの貴重な時間でもあります。

自身の休息も兼ねて、ゆったり穏やかに過ごしていただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。