子どものお金の管理

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どものお金の管理

子どものお金の話です。


子どもと言えども、お年玉やお小遣いなどで、お金をもらうケースがあります。

また、小学生くらいになると、自分でお金を使うことも出始めてくるでしょう。


ひとつの方法として、

『子どものお金は全部貯めておく』

『使いたい時は、その都度小遣いをあげる』


というやり方もあるかと思います。


ですが、せっかく子どもがお金について学んだり経験したりする
チャンスですを活かさないのは、もったいない。

子どもにとっても、“自分のお金”だと自由に使えることの嬉しさも
大きいですし、どう使うかについてもより真剣に考えるもの。

とは言え、

『すべて子ども任せ』ではさすがに心配ですし、

『全部、親が管理』だと子どもの経験を奪ってしまうし、

『その都度、考える』では場当たり的な判断になってしまう恐れがあります。



そこでお勧めしたいのが、

『事前にルールを決めておき、そのルールに従って運用する』

という方法。


ルールの内容は、各家庭・各子どもごとに適切な方法を考える必要が
あるでしょう。

いろいろな管理方法を情報収集したうえで、子どもの年齢、
家庭(親)の考え方、現時点までに溜まっている金額などを考慮して、
最適と思うルールを決めて、しっかり説明してあげましょう。


具体例があった方が分かりやすいと思うので、我が家の例をご紹介します。

ただしこれは、あくまでも一例。私自身も、まだまだ工夫の余地が
あると感じているので、参考程度にお読みくださいね。


<我が家の現在のルール>…使途別支出比率を固定する

お金を使うに当たって、自分の好きなモノ・コトばかりには使わず、
他の大切な事にも使うことを決めました。

具体的には、お金を使う時は必ず
好きに使う:将来のために残す:寄付=1:1:0.5
の比率にすることにしました。


これは、私自身の支出比率目標(生活費30%、貯蓄(事業資金兼用)20%、
自己投資10%、寄付10%、好きに使う10%、予備10%…まだ完全には
実現できていませんが)を参考に、子ども版にアレンジしたもの。

「将来のため」は「自己投資」を子ども用に翻訳したものですが、
実際には子どもにはまだ使い道が思いつかず、理解が難しい
カテゴリです。

なので現在は、管理する封筒を分けて保管するのみ。
「いつか『こんなことを勉強したい!』とか
 『こういう経験をしてみたい!』と思った時に使えるように、
 取っておく分だよ」

と説明しています。


ちなみに、このルールを適用し始めた時点で、いくらかのお金が
溜まっていたので、すぐに全額を1:1:0.5に分けることはしませんでした。

その代わり、何かお金を使いたいことが出てきた時に、その額に合わせて、
貯めてあるところからお金を出す方法にしています。

つまり、シールが買いたい・縁日に行くなどの理由で1,000円を
「好きに使う」ことに決めたなら、同時に1,000円を「将来のため封筒」
にも入れ、500円を寄付する──といった運用です。

----

『事前に決めたルールに従って運用する』という方法を採用する時に、
とても重要なのが、
「ルールは変わることがある」
とハッキリと伝えておくこと。

親の考え方が変化・進化した時や、子どもからの意見・要望などが
出た時など、柔軟に変更されうるものだということも、しっかり
理解させてあげておきたいです。

「とにかく、そう決められたから」ではなく、

「親の説明を聞いて、自分も納得して合意したから、今はこのやり方で」
「新しい考えが出てきたら、いつでも相談してよい」
「自分の意見も、ちゃんと尊重・考慮される」


とのスタンスを子どもが持てるよう、寄り添ってあげてくださいね。

----

お年玉のシーズンを意識した内容ですが、敢えて早めにお届けしました。
その理由は、2つあります。

1つ目の理由は、ルールは「お年玉のシーズン」ではなく「事前に」
決めておいた方が良いから。

手元にお金があると、どうしても大切にしたい気持ちが強くなってしまいます。

お年玉を胸に抱えた状態の子どもに、「好きに使う」以外の話を
理解・納得してもらうのは至難の業(苦笑)

その季節が来る前に、一般論として、ルールの必要性とその内容に
ついて話をしておいてくださいね。


もう1つの理由は、本文内で触れた“ルール変更”が我が家で発生したから。

上の息子(4年生)から、
「寄付の比率が高いから、下げたい」
「『将来のため』が、やっぱりよく分からない」
との意見が出てきました。

『将来のため』については、彼の好きなサッカーを題材にして、
改めて説明。
「テクニックのDVDが欲しくなった時に使ったり、
 スペインにサッカー留学したくなった時に使うためのもの」
との話で、分かってもらえたようでした。

配分比率については、相談のうえ変更することにしました。
新しい比率は、好きに使う:将来のため:寄付=6:3:1。

こんな風に対応しながら、『ルールは縛られるものではなく、
目的のために使いこなすものだ』との感覚が子どもに伝われば
いいなぁ、と思っています。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。