いちねんせい

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いちねんせい

2月になって豆まきをしたばかりですが、4月までもうすぐ。
入学式の季節が近づいてきましたね。

小学校入学を控えた子ども、皆さんの身近にもいるかも知れません。
すでに、入学前健康診断を受けに行ったり、文房具を用意したり、
具体的に動く場面も出てきていることでしょう。

「期待と不安の入り混じった」とよく言いますが、この時期の子どもの気持ちを、
もう少し詳しく理解してあげるためのヒントを、今週はお届けします。

もちろん個人差はかなりありますが、多くの子どもは「いちねんせい」という
大イベントに少なからずワクワクして、楽しく過ごしていることと思います。

一歩成長した感じ、ちょっとカッコいい感じ、急に立派になった感じなどの、
得意な気分を漠然と感じていることでしょう。


ただ、よく覚えておいていただきたいのは、
子どもは「いちねんせい」「しょうがっこう」が
実際のところ何なのか、ほとんど知らないまま
学校生活に突入することになる

という事実です。

楽しみに思う気持ちはあったとしても、それは
「日曜日に動物園に行くの、楽しみ~♪」の“楽しみ”とはかなり質が違う
ものだということを理解しておいてあげてください。

むしろ、本来はどんな場所か分からず楽しみに感じられるはずもない状況なのに、
周囲が勝手に盛り上がるのにつられて“楽しみ”に思ってしまっている、
くらいの理解の方が実態に近いでしょう。


そういった背景を踏まえて、特に次の2点には気をつけてあげたいところです。


(1)入学をダシにしすぎない

入学自体は、本人の希望とは全く関係なく訪れるもの。
極端に言えば、子どもにとっては降ってかかった災難みたいなものなのです。

「小学生なんだから、それくらい自分でやって」

「もう1年生なんだから、そんなこと言っちゃいけません」


などの投げかけは、子ども本人には本来関係ない“入学”というものを理由にして、
子どもに要求したり制限したりする文脈です。

子どもにしてみれば、合理性のない理不尽な話にも受け取れるので、
多用しすぎないよう(できれば一切使わないよう)に注意しましょう。


(2)「楽しみ」プレッシャーをかけすぎない

前述の通り、楽しみに感じているのは主に大人たち

一個人として、身近な子どもが小学校に入ることを楽しみに感じたり、
その思いを表現したりするのは問題ありません。

ですが、子どもに「君も楽しんでいるよね?」「うれしいよね?」と
期待する雰囲気まで醸し出してしまわないようには、気に留めておきたいところ。

言葉に出して「学校、楽しいよね~」などと言って「うん」と返事させる
ことはもちろん、大人が自分だけで楽しみに感じている分についても、
できれば少し気を使いたいです。

子どもは、大人が子どもに何を期待しているかを非常に敏感に察知するものです。

大人につられて楽しみに感じることも、度を越すと
子どもを知らぬ間に「大人の期待する“子ども”像を演じる」方向へ
追い込んでしまう
ことになりかねません。


…とややこしいことを言いましたが、だからといって、
楽しみに感じてはいけないというわけではありませんよ。

子どもの知らないこと・見えないもの(=これからの小学校での生活や
「1年生」という立場そのもの)を対象にするのではなく、

子ども自身も知っていること、見えるものを対象にして、
楽しみな気持ちを満喫するのは、きっと良い時間になります。

―お店に行って、学用品や文房具を一緒に選んだり。

―「学校の給食は、たまにラーメンも出るらしいよ」と話したり。

―公園で「学校のプールって、大きいんだって!ここから…(走って
 向こうへ行って)…ここまでくらいあるみたいだよ~」と想像したり。


そして時には、不安を受け止めてあげましょう。

「小学校って言っても、まだ通ったことないから、実際どんなところか分からないよね」

「困ったことがあったら、何でもパパに言って良いからね」



年度末が近づいて何かと忙しい時期ですが、子どもにゆっくりと向き合う時間も
作ってあげていただけたら、うれしいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪



スポンサーサイト


おはようございます。
久しぶりに返信いたしております。

相変わらず、子供の心にシッカリと寄り添う目線に脱帽です…確かに自分もそうだった!なぜ忘れていたんだろう?と猛省致しました。
今年は娘が一年生。心に留め置きたいと思います。
ミラクルピーさん、コメントありがとうございます。

「確かに自分もそうだった」と覚えていらっしゃるのですね。
その感性をお持ちだから、きっと子どもの気持ちもくんで接してあげられていると思いますよ。

どんなに楽しみな様子だったとしても、それは不安がないということを意味するものではありません。
新しい環境に、娘さん本人のペースで馴染んでいけるように、寄り添ってあげてくださいね。
初めまして。Yathと言います。
今は仕事の都合で離れていますが、剣道道場で子供たちを教える立場にあります。
たまたま通りがかりましたが、視点の捉え方が新鮮でとても勉強になります。
ありがとうございました。
時々寄らせて頂きますので宜しくお願いいたします。
Yath@南極
Yathさん、コメントありがとうございます。

剣道を教えていらっしゃるのですね。
私も子どもにサッカーを教えているので、子どもの可能性を感じたり、成長を実感できることの嬉しさ、わかります!
参考にしていただける部分があれば、どんどんご活用いただけたらうれしいです。

今後もよろしくお願いいたします!
くろさわ

コメント末尾に「Yath@南極」とありましたが、本当に南極なんですね。びっくりしました~(笑)













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。