ビデオ活用法

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビデオ活用法

皆さんのお宅では、ビデオカメラをお持ちでしょうか?

今や、多くの家庭にビデオカメラがあることと思います。
(我が家にはありませんが・・・)


さて、そのビデオ、どんな場面で活用されていますか?


─子どもの日々の成長の記録に。

─いろいろな記念日、さまざまなイベントの記録に。


との使い方をされていることが多いと思います。


今号では、ちょっと変わったビデオの使い方をご紹介します。



それは、『パパ・ママのコピー人形代わり』です。


“コピー人形”…お分かりいただけますよね?

自分の不在時に、自分の代わりに日常生活を過ごしておいてくれる、アレです(笑)
コピー人形



仕事や用事で、どうしても不在にしなければならない時。

あるいは、子どもが体調不良で園を休むけど、自分は休めない時。

でも、子どもが寂しがるのではないか、ちゃんと寝付いてくれるか、心配な時。

グズったり、泣き出したりして、面倒を見てくれている人を
困らせるのではないかと不安な時。



コピー人形の出番です。


まず事前に、ビデオに向かって自分の姿を録画します。
子どもの好きな本や紙芝居を読み聞かせる姿でも良いですし、
子どもの好きな歌を歌う姿でもOK。
カメラに向かって「アルプス一万尺~♪」もアリです。


そして、子どもの面倒を見てくれる人に預けて、
子どもが寂しがったら再生してもらうだけ。


これが意外と、子どもの寂しさを紛らわせてくれますよ。

特に、小さい子ほど『画面の映像』と『現実』の区別があいまいなので、
再生中は画面の中のパパ・ママと一緒にいるような錯覚をして、
気分が落ち着くことが多いようです。


機会があれば、試してみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。