“親心”の罠

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“親心”の罠

子どもが何かしているのを見ると、上手なやり方を教えてあげたくなる。

きょうだい・友だちと仲良く過ごせたらいいのに、と思う。

自立した子に育って欲しい。

良い子に育って欲しい。



だから、


失敗しないよう、アドバイス・手助けをする。

ケンカが始まったら、止めに入る。

甘えさせすぎないよう、気をつける。

悪いことを覚えたり、したりしないよう、しっかり躾ける。




ですが、こうして育てられた子は、決して

上手にはならないし、

仲良くできないし、

自立もせず、

良い子には育ちません。




純粋な親心から出た育て方でも、
親心だけから育て方を決めてしまうと、
良い結果が得られない
ことが多い
(むしろ、正反対の結果を招くことも少なくない)のです。


必要なのは、親心を持つのと同じくらい、
子どもという存在について理解すること

そうして初めて、

【親心】×【子どもという存在の性質】=【適切な接し方】

を見つけることができるのです。

『子どもという存在の性質』を具体的に挙げると、
たとえばこんな具合です。

・失敗をいっぱい繰り返して、上手になる

・ケンカをたくさんして、仲良くする方法がわかる

・たっぷり甘えることで、新しいチャレンジに向かう力が湧いてくる

・悪いことをさんざんやって、時には面白かったり、時には後味の
 悪い思いをしたりして、『やってはいけないこと』がわかる



だから、

【親心】上手にやらせたい ×【性質】の解は、

「口出し・手出しせずチャレンジさせて、
 失敗したら『チャレンジしたこと』をほめて、次のチャレンジを励ます。」


(→すると子どもはどんどんチャレンジして、失敗の経験を積んで、上手になる)


【親心】仲良く ×【性質】の解は、

「ケンカを止めず見守る。その後で気持ちを聞いてあげて、
 考えの整理や相手の主張の理解をサポートする。」


(→それでも子どもはまたケンカする(何度でも!)。
  長い時間をかけて、他者の考えを理解したり、話し合いで
  解決したりすることを学ぶ)



【親心】自立 ×【性質】の解は、

「自立に向けてのチャレンジを急かさず、気が済むまで甘えさせる。」

(→やがていつか子どもは、自分から自立に向けてのチャレンジを始める)※1


【親心】良い子 ×【性質】の解は、

「悪いことを止めず、結果を自分で感じて学ぶことを妨げない。」※2

(→子ども自身で結果を受け止める中で、「これくらいならいいか」
  「さすがにコレはまずいな」の境界を感じ取っていく)


となるのです。


※1…甘えさせているうちに、親の側が「甘えさせてあげている自分」
 から抜けられなくなってしまうケースがあります。
 子どもが徐々に親離れを始めたら、自分も子離れする覚悟だけは
 いつでも持ち続けたいものです。

※2…悪いことを「止めない」だけで、「勧める」ではありません。
 言い方を変えれば「見て見ぬフリをする」でしょうか。



子どもを「親の思うように育てる」ことはできませんが、

親が望ましいと思う方向に導いたり、
親が望ましいと思う成長を支えて促進することは、可能です。


せっかく「子どもの成長に立ち会う」という幸運に恵まれたのだから、
後悔のない接し方を選んでいただけたら、私もうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。