甘い(モノの)誘惑

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甘い(モノの)誘惑

今日のテーマは
「子どもに与えないことにしているモノ・コト」
について。
(きっかけは、読者の方からいただいたメールから。
 Hさん、ありがとうございました!)



皆さんのご家庭でも、子どもの健康のために、あるいはその他の
「子どものため」の理由で、与えないことにしているモノ・コトが
あるのではと思います。

我が家の例で言えば、スナック菓子
ご家庭によっては、甘い物を与えていないなど、食べ物関連では
いろいろありそうです。

他には、ゲームマンガなどを与えないようにしているご家庭も
あるかと思います。


これらのように、子どもに良くないと思うものを
『我が家ではナシね』にすることは、珍しくないですし、
特に問題もありません。


ただ、気を付けたいのは、“完全排除”を目指さないこと。

完璧に子どもから遠ざけようとすることは、お勧めしません。


理由の一つは、単純に不可能だから。

子どもと言えども、親の目の届かない時・所はあります。

目の届かない時間・領域は子どもの自然な発達に伴って拡大してくるものなので、
「100%目を行き届かせる」ことは目指すべきではありません。

→参考:「子どもの領分」

そうなると、自ずと“完全排除”は不可能ですよね。


もう一つの理由は、
子どもの興味を押さえつけすぎることへの心配から。

どんなに親が禁止しても、排除しても、子どもはいろいろなものの
存在に気付きますし、一度起きた興味自体は消し去ることはできません

押さえつけすぎることで、興味が陰にこもってしまったり、
歪んだ形で現れたりしてしまう
などの可能性が、ちょっと不安です。


“完全排除”の代わりに、お勧めするスタンスは

「我が家ではナシ」+「特別な時だけOK」です。

本来、それらは
『絶対まったくダメではないけれど、常用する生活にはしたくない』
という類のもの。

家での「普段の生活の中ではナシ」にすることで、それナシの生活を担保しつつ、
お出かけ、お泊りなどの家を離れる時・イベントの時には特に禁止せず、
興味・関心も満たしてあげる、との運用です。


この運用の根底にあるのは、
闇雲に禁止して笑顔を減らすのももったいないし、
安易に多用して残念な結果にはならないよう気を付けたいし、

という2つの気持ちです。

この2つは、おそらく、誰もが持っている親心に共通する感覚でしょう。

ただ、時に片方に偏ったり、片方を忘れてしまったりして、
不要な摩擦を生んでしまうのではもったいない。

両方を心に留めて、バランス感覚を持って子どもと接してあげられたら、
理想的ですね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。