学びのある暮らし

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学びのある暮らし

先日、あるビジネスセミナーに参加してきました。

その中の「日常の仕事の中で学習する機会を作るには」というワークで、
『新しいもの(製品・サービス)を取り入れる、
 新しいヒト(メンバー・パートナー)と組む』

ことが効果的
、といった話がありました。


これは、仕事に限ったことではありませんよね。


子どもの暮らしでも、全く同じことが言えます。
新しいことを始めると、学びの機会に数多く出会うことができます。


<新しいモノ>

・いつもと違う遊び(例えば、氷鬼→ドロケイ,トランプ→将棋)をしてみる

・いつもと違うスポーツ(サッカー→卓球、野球)をしてみる

・いつもと違う場所(公園、校庭、図書館、etc.)に遊びに行く

・新しく生き物を飼う(虫、ザリガニ、etc.)

・新しいお手伝いを始める

・いつもと違う食材を使ってみる、新しい料理を作ってみる



<新しいヒト>

・ふだん遊ばない友達を誘う

・いつもより大勢で遊ぶ

・親も誘って一緒に遊ぶ



もちろん、慣れないことに手を出すことになるので、
うまくいかないことが多いでしょう。

時には、大人の手助けを必要とすることも出てくるかも知れません。

ですが、それこそが『学びのタネ』。

いろいろな問題を解決したり、
意見の違いをまとめたり、
新たな楽しみを考え出したり。

考えて、工夫して、コミュニケーションを取って、
さまざまな学びを積み重ねる、絶好の機会です。

読み・書き・計算のスキルも大切ですが、
こういった
『状況を理解して、対応を考え、実際に行動し、その結果を受け取る』という学び
――これこそ“生きる力”を養うものだと思います――を得る機会こそ、
子どもたちに提供してあげたいもの。


ですが、あまり頻繁にアレコレ提供して子どもに大変な思いをさせるのも
不本意ですよね。


1つの目安は、子どもの普段の生活態度。

余計なイタズラや意地悪が出てきたら、それは物足りなさのサインかも。
新しい学びの機会を提供するのに良いタイミング到来です。

時期を見つつ、子どもに学びの機会を持たせてあげていただければ、
私も嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。