自責の念

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自責の念

子育てで何かうまく行かないことがあると、
つい自責の念に駆られてしまうタイプの方がいらっしゃいます。

例えば、

―なかなかオムツが外れない

―他の子と遊べない

―言葉で言えず叩いてしまう

―指しゃぶりが直らない


などの場面で、「自分がうまく育てられていないせいだ」と感じたり、
もっと良い対処方法を知らない・思いつかないことに無力感焦り
感じたり。


同様に(特に問題が発生していなくても)自分の理想通りにできていない
点について、「全然ちゃんとできていない」と自責の念が湧き起こることも
あるようです。

―ゆっくり話を聞いてあげられていない

―外遊びに連れて行ってあげてられていない

―しっかりした手料理・充分に健康に配慮した食事を作っていない

―キャッチボール・サッカーの相手ができない

―片付け・掃除がしっかりできていない

―ついガミガミ言ってしまって、穏やかに接することができていない



これらを、自身の親としての未熟さ・能力不足のように受け取られたりしています。

私の知る範囲では、こうした自責の念に駆られる方は、お母さんに多いようです。

おそらく、子育て全般に対して、責任を多く担っているとの自覚・プレッシャーに
よるものでしょう。


こうした方からご相談のメールをいただくことも多いのですが、
皆さん一様に
「どうしたら、もっとちゃんとできるでしょうか?」
とのご質問をされます。

ですが、私からはその質問にはお答えせず、
その代わりに「あなたが、もっとちゃんとできる」こととは違う方向に
ゴールがあるのでは、とお返事しています。


ご相談者からお聞きした“現状”は、私から見れば

―既に充分よくやっている
 (現状で、充分に多くのことができている)

―その上で「さらにこれもできたらなお良い」
 「もっとこうしたら、もっと良い」とのアイデアまで持ち合わせている


との状況。

その印象を、率直にお伝えしています。


身も蓋もない話をしてしまいますが、このように自責の念を感じる
タイプの方は、サボったり怠けたりできない(その度胸がない)方たち。

ご自身の考える“完璧”には程遠いとしても、
それは自分自身の出来の良し悪しの問題ではありません。

「もっと頑張れば、あれも、これもできたはず」
と思うことがあっても、

その真相は
「一番大切な自分の心身のコンディション管理ができていて、
 無理をしないとの判断が適切にできていた」

と言うこと。


自責の念を感じ始めたら、ぜひ思い出してください。
あなたの現状を正しく表現すると、

「充分に良くやっている」
  +
「もし、さらにあと1つできたら、もっと素敵!」
(できなくても、充分に素敵!)


という状態にあるということを。


不必要な自責の念を手放し、子どもと過ごす快適で楽しい時間を
心からエンジョイしてもらえたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。