夏の暑さにも負けず

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏の暑さにも負けず

雨の合間にも暑い日があって、夏らしくなってきましたね。

今日お伝えするのは、暑さを乗り切るためのいくつかの工夫。

我が家では、ご紹介する方法を活用して日中はエアコンなしで過ごしています。


簡単なものばかりなので、ぜひお試しくださいね。


(1)保冷剤

いちばん簡単で、即効性があるのは保冷剤。
冷凍庫から持ってきて、体に当てるだけです。

お勧めの冷やしポイントは、
両サイドの頸動脈のあたりを冷やすと、とても効果的ですよ。

暑い日は、頭がのぼせがち。

のぼせてしまうと、何かと面倒くさくなったり、怒りっぽくなったり、
冷たいものを飲みすぎたりしてしまいますが、
首を冷やすことでそれらも予防できます。


(2)気化熱

水が蒸発するときの気化熱を利用すると、かなりシッカリ体を冷やせます。

先に体を濡らして(濡れタオルで拭く。もしくはシャワー浴びて軽く
拭くでも可)、扇風機の前に。

どんなに暑がりの子どもでも、
「ひゃ~~、さむいっ♪」
と言うほど、効果は絶大です。


(3)水遊び

もっと長時間、暑さをしのいで過ごさせてあげたいなら、
浴室で水遊びにしてしまいましょう。

空のケチャップ容器や精製水のボトルなどがあれば、
絶好の水遊び道具になります。

ついでに、お風呂の掃除もしてもらうのも良い案です。

意外と、子どもたちは楽しんで浴槽キュッキュッとこすってくれて、一石二鳥ですよ。


(4)飲み物

冷たい麦茶がおいしい季節ですが、ついつい飲みすぎてしまいがち。

果物ジュースや市販の清涼飲料水は糖分を多く含んでおり、
飲めば飲むほど汗がベタつくので要注意です。

汗がベタつくと、肌の不快感だけでなく、あせもの原因にもなります。


我が家ではそんな時、ブルーベリー豆乳にします。

冷凍ブルーベリーをマグカップに1/3~1/2くらいゴロゴロと入れて、
そこに豆乳を注ぎます。

子どもたちはフォークを持ち出して、ブルーベリーをつぶして
「ブルーベリー・アイス・ジュースになったよ!」と言いながら、
楽しそう&おいしそうに食べますよ。

このブルーベリー豆乳の良い点は、飲みすぎないところ。
つぶす楽しみのおかげか、豆乳の満腹感のおかげかはわかりませんが、
カップ1杯でいつも満足しています。

(今年になってフードプロセッサーの使い方を覚えた子どもたちは、
 バナナ&ブルーベリー豆乳を作ったりもしています)


(5)外で水遊び

暑いからと言って、屋内にばかりいるのはお勧めしません。
子どもが元気を持て余しているなら、なおさらです。

真っ先に思いつくのは、川遊び
(我が家の近くには、きれいで浅い川があります)

網と虫ケースを持って、水筒と雑巾をリュックに入れて、
サンダル履いて、レッツゴー!

川がなくても、公園の水遊びコーナーでも、玄関先のビニールプールでも。
大人も、濡れて大丈夫な格好で行きましょうね。


(6)外で汗だく

あえて暑い日に汗だくになって遊ぶのも、悪くありません。
サッカーしたり、ドロケイしたり。

頭から水をかぶって冷やせば、ぐっと涼しくなりますよ。
(熱中症予防の点からもお勧めです)


暑い日にしっかり汗をかくと、体が夏の暑さに順応してきます。
体が順応してくれば同じ天候下でも熱中症などになりにくくなるので、
時にはしっかり汗だくにならせてあげましょう。

その際、水分補給が大切なのは言うまでもありません。
水分に加えて、塩分も補給した方が、より望ましいことも良く知られています。

ただ、市販のスポーツ飲料は糖分が多いのがちょっと難点。

我が家では、オリジナルの“レモン水”を水筒に入れて持たせています。

水+塩(700ml水筒なら小さじ1/2くらい)+レモン果汁の、
簡単レシピ。

味見をしても「うまい!」とは思いませんが、
汗をかいた体には心地よいスッキリ感がありますよ。


『室内でエアコン生活』よりも、ずっと楽しく、
ずっと健康的な過ごし方が子どもには必要です。

節電にもなりますし(笑…我が家の電気代は5,000円未満!)

取り入れやすいものから、ぜひ試してみてください!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。