かわいい子には

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かわいい子には

今日は『かわいい子には旅をさせよ!』のお話です。


私事で恐縮ですが、ここ数年、うちの息子・娘は長期休暇にキャンプ
(専門の団体が運営していて、子どもだけ預けて参加させてもらうキャンプ)
に行くのが大好きになっています。

また、昨年末には、息子が初めて祖父母宅へ1人で行きました。
自宅を出て駅まで行き、電車を2本乗り継いで、向こうの駅で
祖父と落ち合うまでの1時間ちょっとの行程です。

これまで何度も私と一緒に通ったルートですが、
出発前日には自分で乗り換えを再確認してメモにしたり、
祖父に待ち合わせ時刻を連絡をしたり、
万一遅れた時の対応を私に相談したり、
かなりの集中度合いを見せておりました。

私としては、このへんは事前準備なしでトラブルに遭遇してくれても
大歓迎なのですが(笑)


こうして息子の一人旅を歓迎したり、私自身も子どもの頃に
あちこちに一人旅に行かせてもらっていたりしているわけですが、
一人旅の最大の良いところは、『経験の密度が違う!』こと。

親と一緒の旅行だと、どんなに「子どもに自分でやらせる」との
ポリシーだったとしても、子どもの中には『できる限り自分で=
できないことは大人に
』との意識が残ります。

それが一人旅では自然と『何があっても、自分で対処しなければならない!
になる――これは、大人が思う以上に、子どもにとって大きな大きな違いです。


きっと、初めてのチャレンジを完遂するまでは
「もし、何かあったらどうしよう???」との不安が常に
付きまとっているはず。

でも、経験を重ねるにつれて
何かあっても、大抵のことは対処できるさ!」に変わっていくもの。

このプロセスを経て、子どもは大きな自信を得ることができるのです。



ただし、その“チャレンジ”にいつ臨むかは、子ども1人1人に
適切なタイミングがあります。

自分から「チャレンジしてみよう」と思えるだけの経験・環境だったり、

そもそも旅に出ること・電車やバスなどに乗ることへの関心の強弱だったり、

どの子にも個別のタイミングを決める要素があるということ、
しっかり心に留めておいてくださいね。

間違っても「親から『一人で行ってみなよ!』とけしかける」
なんてことはしないように!


私自身は小学校1年生の時に東京→伊豆に初一人旅に出ましたが、
それは6歳上の兄と一緒に何度も一緒に『子供だけ旅行』を経験する
チャンスがあったから+私自身が電車に乗ることに関心が強かったから。

今回、うちの息子が一人で行く決心をしたのも、サッカースクールまで
1人で往復する経験(自転車で20分のわずかな距離ですが、帰りの暗い夜道も
1人です)をしたり、親と一緒の時も自分で切符を買ってみたりするなどの
小さなチャレンジを積み重ねる機会があったから。

単に巡り会わせだけの問題でもあるので、「△年生なんだから」
「××歳なのに」などの親の勝手な思い込みにはご注意くださいね。


いずれ子どもは、親を離れて一人で旅をして、生きていくようになるもの。

それまでの長くて短い間、一緒に過ごせることを楽しんで、
もし子どもが少しずつ親を離れるチャレンジを始めたら応援して、
とのスタンスで、暖かく見守ってあげていただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。