日めくり逆算カレンダー

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日めくり逆算カレンダー

夏になって、旅行やお出かけなど、楽しみな計画を立てている
ご家庭も多いことと思います。

今日は、そんな『楽しみなイベント』を彩る、ちょっとしたネタを
ご紹介します。


楽しみなことが控えていると、子どもは待ち遠しくて待ち遠しくて、
「ねぇ、旅行、まだ??」
「あと何回寝たら、お出かけ?」

毎日毎日、朝昼晩と尋ねてきます(笑)

そんな時にぜひお試しいただきたいのが『日めくり逆算カレンダー』です。

最初は「旅行まで、あと15日」→1枚めくると「あと14日」
こういうカレンダーを自作してみましょう!


細かいコツがいくつかあるので、伊豆旅行を例にして、具体的に説明しますね。


(1)用紙
旅行までの日数分だけ、紙を用意します。私の感覚では20枚を
超えると作るのが結構しんどくなりますが、そこは自由です。

基本的には全部同じ大きさの方が扱いやすいです。裏紙などでもOK!
(我が家では、仕事で不要になったA4用紙を4つに切って使う
 ことが多いです)


(2)作成の順番
旅行当日分→前日分→2日前→・・・の順序で作ります。

だいたい最初の方が気合の入った良いものができやすく、
徐々に疲れ・飽き・ネタ切れなどによりショボくなってくるもの。

なので、この順序で作っておくと「旅行の日が近づくにつれて
カレンダーも豪華になってきて、気分が盛り上がる」となる仕掛けです。


(3)内容
当日分は「ついに旅行に出発!いっぱい楽しもう」などのコメントと、
海水浴の絵を。

前日分は「いよいよ明日!荷物の準備は大丈夫?」+カバン、水着、
浮き輪、歯ブラシの絵。

2日前分は「あと2日!!!ん~、楽しみぃ♪」

この調子で続けて、ところどころに
「カゼをひかないよう、早寝早起きでいこう」
「虫歯になったら大変。歯みがきを忘れずに!」

などを挟み込みます。


(4)共同制作
親子・きょうだいで手分けして作るのが、特にお勧め。
文字の部分は親が書いて、絵の部分を子どもたちが描くでもいいですし、
手の空いた人から順番に次の1枚を書くでもOK。

自分が書いたものでも、数日経つと「どの日に」「どんな内容のモノを書いたか」
の組み合わせまでは覚えていないので、めくる時はとても新鮮な気持ちで
楽しめますよ。

まして、知らない間に他の人が書いたものにワクワクするのは
言うまでもありません!


(5)掲示
できあがったら順番に重ねて、上の方に画鋲をぶすっと刺して
見やすい場所に。

毎日、朝起きたら1枚めくるのは、もちろん子どもの仕事です。


このカレンダー、作るだけでも楽しいですし、
それ以外にも良いところがいっぱいあります。


─「あと何日?」攻撃がなくなって、答える手間が省ける

─健康管理が行き届く(親に言われるのではなく、カレンダーを
 見て自分で気づくと子どもは非常に積極的に行動できる)

─準備も捗る(同上)

─そして何より、楽しみな気分が、いい具合に盛り上がる!



ここでは旅行を例に挙げましたが、他にも「遠足」「誕生日」
「お友だちの家にお泊り」「特別な外食」「パパとプール」
「特別な買い物」
など、いろいろと活用できます。


子どもの「あと何日?」攻撃にお困りの方も、お困りでない方も、
ぜひ一度試してみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。