子どもの将来を思う

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもの将来を思う

先日のブログ「子どもに良い環境」の中で、

「子どもにとって何が良いのか」を事前に知ることはできない──と、
謙虚に認識することが重要です。

と書きました。


ただ、この点についてなかなか納得できない、
あるいは受け入れられない方が多いことも、常々感じています。


ここで親が腹を決めることができない根本の理由は、
『将来が見えないことの不安』でしょう。

─未来に対して、確実に備えることができない

─どちらに進めばよいのか分からない

─今現在どちらに向かって進んでいるのかさえ、ハッキリしない


こういった感覚は、やはり不安で居心地の良いものではありません。


ですが、これらの不安が生まれる原因が、
「未来が(100%とは言わなくても、ある程度は)予見できるはずだ」
という幻想にある
ということも、事実なのです。

言うまでもありませんが、未来を予想することはできても、
予見・予知・予定はするこはできません。

潔く、未来は不確実だという当たり前のことを、受け入れましょう


でも、あまり心配しなくて大丈夫。

“不確実”と言っても、
「バラ色か、スミレ色か、ひまわり色か・・・どの色の花が咲くかは不確実」なだけで、
その子の色の花は、必ず咲くから!


子どもが、

─カラダの声を聞き、体調を整え、しっかり体を動かす

─自分で考え、意志を決め、行動を起こし、他者とコミュニケーションを取る


などの基礎的なことをしっかりできるように──いわば『根』の部分をしっかり
育んでおけば、どんな芽が出て、どんなつぼみを持ったとしても大丈夫。


この自負と安心感を持って、子どもの成長に立ち会って毎日を過ごして
いただけたら、私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。