3ステップ片付け術

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3ステップ片付け術

今日のテーマは、お片付け。
と言っても、収納術ではありません。

いかに子どもに片付けをさせるか――子どもとのコミュニケーション方法の
切り口です。


前提として理解しておいていただきたいのが、
『基本的に子どもは好奇心旺盛で、
 前に向かって進み続けるイキモノなので、
 後方への注意力はあまりない』

ということ。

子どもたちの通った後に、さっきまで遊んでいたオモチャ、
使い終わった道具類、脱ぎ捨てた服などが散乱してしまうのは、
仕方のないことなのです。

仕方がないとは言っても、見る見るうちに家の中が雑然としていく
ことは、大人にとってはストレスです。

ですが、ただ「片付けなさい」と言ったところで「ハイわかりました」
とすんなり行かないことは、皆さんも経験済みかと思います(笑)

かと言って、毎回毎回これらの物を親が片付けるのは大変ですし、
子どもも片付けることを覚えないので、適切な対処方法でもあり
ません。


子どもが散らかした物は、原則として子ども自身に片付けさせたいところ。
できることなら、後片付けを習慣にまでできれば理想的。

今号では、子どもが自分で片付けができるようになるための声の
掛け方「3ステップ片付け術」をご説明します。


(1)「落ちてるよ」

まず最初に、子どもに片付けを促す前の声掛けから。

冒頭でもお伝えした通り、子どもは溢れる好奇心と共に前に向かって
突き進んでいるので、散らかっていることに気付いていません。

なので、散らかっている状況をシンプルに伝えてあげましょう。

「クマちゃんが落ちてるよ」
「折り紙が残ってるね」
「テーブルにハサミが出てたよ」
「ソファーにリョウタの靴下があったよ」


重要なポイントは、ついついここで「だから、片付けなさい」
付け加えたくなるのを、ぐっと我慢する
こと。

子どもは(子どもに限らず誰でも、ですが)、本来とても主体的な存在です。
一方的に指示や命令をされると、素直に従いたくなくなったり、
反抗したくなってしまうのが自然な反応。

「片付けなさい」の一言は、片付けを遠のけてしまう
ことを肝に銘じておきましょう。


(2)「さ、片付けるよ」

散らかっている状況を伝えたら、片付けを促します。
前述の通り指示・命令はNGです。お勧めは、最もシンプルな言い方。

「片付けるよー」
「さ、片付けようか」
「じゃ、お片付けしよう」


こんな単純な言葉ですが、この言い方には大きなメリットが3つも
あります。

―子どもにとって『とやかく言われた』感がまったくなく、
 素直に動きやすいこと。

―「一緒にやろう」というニュアンスも感じられて、親と一緒に
 片付けるイメージが湧くので、1人で片付けさせられるイメージ
 よりも乗り気になりやすいこと。

―理屈・説得が一切ないので、「使ったら片づけるものだ」「脱いだ
 服は片付けるものだ」ということが“当たり前のこと”として
 受け入れられやすく、習慣化につながること。



念のため補足しますが、次の2点だけ気を付けておいてくださいね。

・声をかけるタイミング
子どもが何かに集中している時は、できるだけ邪魔せず集中させておいてあげたいです。
子どもが遊びを切り上げた時や、約束の時間になった時などの“切り替え時”を
狙いましょう。

・言う時の態度
言葉でシンプルに「片付けるよ」と言っていても、態度が違うと子どもは
態度の方が気になって混乱します。
頬をひきつらせながら、青筋立てながら、イライラMAXな気分では、
この言い方はうまく伝わりません(笑)
一息ついてから、シンプルな気分と態度で声を掛けましょう。


(3)「キレイになったね」

片付けが済んだらすかさず一声掛けることが、習慣化に向けた大切なポイントです。

「キレイになったね!」
「おー、すっかり片付いた」
「スッキリしたね♪」


『片付ける=うれしい・いい気分』という体験を積み重ねさせて
あげることで、徐々に習慣として身に付きます。

逆に言うと、そのプロセスでしか“自分から片付ける習慣”は身に付きません。

どんなに口を酸っぱくして「片付けなさい!」と言っても、
身に付くのは「うるさいから渋々片付ける」「文句を言われない
ように片付けたフリだけする」などの残念な習慣
ばかりです。
ご注意くださいね。

~~~~~~

なお、習慣として身に付いたとしても、子どもの特性――好奇心旺盛で
前に向かって進む――は変わりません。
なので、片付けを促すこと自体は、その後も必要になるケースがほとんどです。
毎日毎日続いたとしても、イラつかず穏やかに声を掛けてあげましょう。

もし子どもが(1)の「落ちてるよ」「残ってるよ」だけで片付け始めたら、
片付けが習慣として身に付いたサインです。

「自分で気が付いて片付けたんだね!」
(落ちていることは親が伝えましたが、それを片付ける必要が
 あることは自分で気が付いています!)

と、成長を認めるメッセージを伝えて、大絶賛してあげてくださいね。


習慣化できるまでには、長~い時間がかかります。
「小学校を卒業するまでに片付けの習慣を身につけられたらいいな」
くらいに気長に構えて、穏やかに声をかけ続けてあげていただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト


落ちてるよ、はすでに言っていましたが(半分以上は夫に対して…(T^T)
その次の「さっ、片付けるよ」は実践させて頂きますね。

さくっと、でも有無を言わさずに、という爽やかな語感が気に入りました。

また結果をご報告しますね♪
とても参考になりました!
cocue-cocueさん、コメントありがとうございます!
お試しいただけるとのこと、うれしいです。
アッサリした気分で言ってみてくださいね!
くろさわ

> 落ちてるよ、はすでに言っていましたが(半分以上は夫に対して…(T^T)
> その次の「さっ、片付けるよ」は実践させて頂きますね。
> さくっと、でも有無を言わさずに、という爽やかな語感が気に入りました。
> また結果をご報告しますね♪
つぶキッチンさん、コメントありがとうございます。
ぜひお試しになってみてくださいね!
くろさわ


> とても参考になりました!











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。