告げ口

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


告げ口

今日は、子どもが告げ口してきた時の対応について。

「おもちゃを貸してくれない」
「仲間に入れてもらえない」
「イヤなことを言われた」
「ぶたれた、ひっぱられた」


などなど、子どもは自分が『不当な扱いを受けた!』と感じた時、
大人にそれを言ってくる時があります。


そんな時、皆さんはどのように対応していますか?


「ちゃんと丁寧に『かして』って言ってごらん」
「自分でなんとかしなきゃ」
「それくらいのことで文句言ってどうするの」


などと返している方も、いるのでは。

場合によっては、子どもの訴えに信憑性がなく感じられて
「ウソは言わないの」と諭したり、
人によっては「やられたら、やり返せ!」なんて叱咤激励(?)
しているケースもあるかも知れませんね。


さて、ここで質問です。

個人差はありますが、子どもは「不当に扱われたと感じた場面」の
全てについて、大人に告げ口してくるわけではありません。

では「不当に扱われたと感じた」回数と、
そのうち「大人に告げ口する」回数の比率は、
どれくらいだと思いますか?



(ちょっと自分で考えてみてください)







ある研究では、以下のような調査結果(平均値)が出ているとのことです。

「不当に扱われたと感じた」体験回数:「大人に告げ口する」回数=15:1

つまり、告げ口してきた子どもは、その前に別の場面14回では
自分で対処していた(しようとしていた)、ということ。


では、
「14回は自力で頑張って、どうしても対応できなくなった
 15回目に大人に相談してきた子ども」
が、

「ちゃんと丁寧に『かして』って言ってごらん」
「自分でなんとかしなきゃ」
「それくらいのことで文句言ってどうするの」
「やられたら、やり返せ!」


と言われたら、子どもはどう感じるでしょうか。


子どもは子どもなりに、すでに
―自分で言ってみる
―自分で解決策を探る・試す
―時には我慢する
―不満を相手にぶつける

などを頑張ってみて、それでもダメだったから大人に相談している状況です。

「もう1回『かして』って言ってみよう!」
とは思いませんし、

「うん、自分でなんとかしよう!」
と意欲が湧いてくることもありません。

「そうだな、これくらいのことで文句言っちゃダメだよな」
と考えることも、

「よーし、今度はやり返すぞ!」
と奮起することも、ないでしょう。



子どもが感じるのは、
「困った時に相談したのに助けてくれない」
「言うだけムダ」
「相談すると逆に叱られるから、何も言わない方が得策」

などの失望感
だけ。


赤の他人ならともかく、自分の信じるパパ・ママや先生などに対して
こういった感覚を持たせてしまっているとしたら、それはとても悲しいことです。


子どもが告げ口のようなことを訴えてきたら
(いろいろと感じること・考えることはあると思いますが、それは一旦抑えて)、
まずは何でもよく聞いて、子どもの気持ちを受け止めてあげたいところです。


ただ、「何でもよく聞く」「子どもの気持ちを受け止める」と言っても、
それは「子どもの言いなりになる」「子どもの悩みを解決してあげる」では
ありません。

子どもの問題は、極力子ども自身が解決できるのが望ましい、は正論です。

だけど、その前に、自身で解決するための勇気・意欲・元気を取り戻せるように、
言いたいことを聞いてあげて、気持ちを受け止めてあげることが必要だということも、
心に留めておいてください。


ひとしきり言いたいことを言い終えて子どもが落ち着いたら、
「自分たちでの解決」に向けて、寄り添ってあげればOK。

具体的な方法はいろいろですが、ひとまずは子ども本人と相手の
子どもの両方に向かって「どうしたらいいだろうね?」と
問いかけてあげましょう。

~~~~~~

オマケですが、前述の研究では「大人に告げ口する」回数のうち
ウソを言っている回数も調査されています。

何回に1回くらい、ウソが混じっていると思いますか?

調査結果の平均値は、
「大人に告げ口した」回数:そのうちウソを言っている回数=10:1
とのこと。

また、子どもが明らかに事実と違う主張をしていても、
本人が認識できている範囲では100%本当のことを言っている、
ということも頻繁にあります。

中にはウソの訴えをすることで親の愛情を確認するとの歪んだ
成功体験に染まってしまった子もいますが、多くは「ウソ」をつく
意図はないと信じて接してあげたいところです。


上記と同様の対応をしていれば、本人が認識できていなかったことも
自然と分かってきますし、仮にウソをついていたとしても、
ウソを言うこと自体にメリットが生まれないので、
子どもに歪んだインセンティブを与える心配もありません。


『子どもの問題は子ども自身が解決することを目指すスタンス』
を持ちながら、

『子どもには問題を解決できる・解決できるようになる可能性が必ずある』
と信じて、

『いつでも子どもの話を真摯に聞き、気持ちを受け止める』
との姿勢で接してあげていただけたら、私もうれしいです。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。