続・「短所をなくす」志向

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・「短所をなくす」志向

今日も、先日の「短所をなくす」志向に関連したお話です。

ある小学生のママから受けたご相談事例で、
「うちの子は、電車が大好きで、マニアックな話ばかりするんです…
 いい加減、図鑑ばかり見るのは止めて、その情熱を少しは勉強に
 向けてもらいたいのですが」

との相談を受けました。

電車への興味自体が悪いことと考えられてはいません。

ですが、
「特定の長所(興味・関心)だけが突出していることが気になる」
(バランスを取った方が良いのではと思う)
という面は、いくらかありそうです。


同様のこと、皆さんの周りで起きているかもしれません。


前号の例では、ちょっとピンと来ませんね。
試しに当てはめてみても、

-計算が速くて正確、でも字が汚い子に、
 計算ドリルを禁止して、字を丁寧に書く練習をさせる。

-ドリブルが得意で、ドリブルばかりになりがちなサッカー小僧に、
 ドリブルを禁止して、パスだけさせる。


こう書くと、さすがに違和感がありますよね。
実際にそんなことをしている人はいなさそうです。

ですが、場面が違うと違和感を感じにくくなることがあります。

-毎日毎日、読み聞かせに「はたらく自動車」を希望する我が子。
 他にもいろんな本に触れると良いと思い、今日は別の本を読んだ。

-来る日も来る日も放課後は公園に行って、野球ばかりする息子。
 月曜と木曜は遊びに行くのをやめさせて、家で勉強させることにした。



どうですか?
これだったら、実際にもありえそうでは。


結局のところ、○○ばかりではなく、△△も伸ばせたらいいな…
との想いの部分は一緒なのですよね。

でも、それを実現するためのアプローチとして、せっかく得意なことを
損ねるような方法を取ってしまうのは、もったいないです。

~~~~~~

話は急に変わりますが、「才能」とは、つまるところ何だと思いますか?

辞書には「生まれつきの優れた能力」とあります。

多くの方は「何かが、もともと上手なこと」と思っていることでしょう。

「上達の上限・限界が高いこと」という意見も聞いたことがあります。


私の考えは異なります。


「優れた能力」「上手なこと」は、すべて努力の質×量の結果。

もともと優れている人はいません。上手なのは、たくさん努力したから。

そして、上達の“難易度”が変わることはあっても、“上限”“限界”は
存在しないと考えます。


私が考える“才能”とは、「いつまでも続けられること」。

とにかく好きで、いくらやっても飽きなくて、努力自体を楽しめる人が、
自然とその分野で「優れた能力」を持てて「上手」になる。

そして他人は、結果に表れた「能力」「上手」を“才能”と呼ぶのだと
思います。


毎日野球をやっていても、明日も野球がやりたいと思えること。

10回読んだ図鑑でも、11回目にまた読みたいと思えること。


それは“才能”なんだ!と思うと、禁止しようなんて気は起きませんよね(笑)

ぜひ、長所をばんばん伸ばしながら、
「まだ伸びていない部分も、いつか伸びたら、さらにすごいなぁ」
くらいの気持ちで、寄り添ってあげてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
参加カテゴリーを引っ越して「パパの育児」へ。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト


うまくTBできるかどうかわかりませんが、送ってみます。
長く続けること、続けることができること、それが好きで自分で選ぶこと、、、そういうのが、本当に大事だと、常々思います。拙ブログでもタイムリーにちょうどそう思うことがあったので、TBしてみました。
ちゃいさん、コメントありがとうございます。リンク開けました。
子どものことを思って関わろうとすることと、子ども自身が持つべき領域を守って踏み込まないこと、さじ加減は難しいですよね。
加えて、「子ども自身が持つべき領域を守る」という発想を忘れてしまう人も。。。
ちゃいさんのブログをきっかけに、新たに気づきを得られる人がいるといいですね。











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。