「良かれ」と「良い」のすれ違い

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「良かれ」と「良い」のすれ違い

今年の娘の誕生日の時の話です。

当初、豪華な夕食を手作りして、ケーキを買ってきて…との段取りを計画しましたが、
念のため本人の意向も聞いてみました。

すると、思いがけぬ返答が。

「えー、それでもいいけど、
 できたら○△亭でラーメン食べて、
 帰りにスーパー寄ってゼリー買いたい。」


普段あまり食べないものを、せっかくだから食べたいなぁ、
との気持ちなのかも知れません。


このように、親が「良かれ」と思うことと、実際に子どもが「良い」と思う
こととの間のすれ違いは、けっこう頻繁に起きているものです。


先日校庭で出会った兄弟の家でも、似たようなことがあったようです。
彼らとの会話をご紹介しますね。

兄「あ、オヤジ!こんにちは!」

―おぉ、こんにちは。久しぶりだねぇ

兄「昨日、高級レストランに行ったんだよ!」
弟「ボクも行ったんだ~」


―へぇ、高級レストランに行ったのか。それは豪華だね。どうだった?

弟「ずっと『静かにしなさい』って言われてばっかでつまんなかった」
兄「なかなか料理が出てこなくて、大変だった」
弟「ご飯の後、大人のことを待っている間がずっと退屈だった」


―そうだったのか・・・
 料理は美味しかったんじゃない?


弟「んー、わかんない!」
兄「ふつう。まあ美味しかったかな」



往々にして子どもは、素晴らしい料理よりも気楽に居心地良く過ごせる
空間の方を好むことが多いものです。

時と場合によりますが、一般的には

高級レストランカジュアルなお店自宅に友だちを呼んで食事

の方が喜ぶもの、ということは頭に入れておいても良いでしょう。



食事ばかりではありません。

子どものための買い物、子どもと一緒に行く旅行など、
多くの場面に「良かれ」と「良い」がすれ違う可能性があります。


また我が家の例で恐縮ですが、
夏休みに長野の祖父母のところに行く計画を立てた際も、子どもたちに
「3日間、どう過ごしたい?」と希望を聞けば

―町営プール

―芝生の公園

―薪割りのお手伝い


とシンプルなものばかり。

ややもすると大人はガイドブックを広げてテーマパークや遊園地などの
施設を探してしまいがちですが、これも「良かれ」と「良い」のすれ違い
ですよね。



子どもが一定以上の年齢で、自分の希望を自分の言葉で言えるなら、
できる限りそれを尊重してあげたいものです。

“尊重”と言っているのは、決して「何でも子どもの希望通りにする(=言いなり)」
という意味ではありません。

そうではなく、親が勝手に「これが良いだろう」と決めたり、
あるいは子どもの希望に対して「この子はそう言うけれど、こっちの方が喜ぶはずだ」
などの余計な配慮はしない、という意味です。


時には、子どものイメージミスで「期待したほど良くなかった…」と
なってしまうことがあるかも知れません。

でも、それはそれで、とても良い経験(そしてきっとその子にとって必要な経験)
です。


「やっぱりあっちの方が良かったじゃないか」

「次は子どもに聞かず、こちらで決めてしまおう」


なんて思わずに、


「いい経験になったね」

「せっかくの機会に選択ミスして落ち込んでいるだろうから、優しくしてあげよう」


と接してあげてくださいね。


週末や連休のお出かけ・冬休みの計画などを考える際に、
この内容を思い出して子どもの意見も聞いてあげていただけたら、
うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。