ウソはいけない

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウソはいけない

いろいろな方の子育ての抱負・方針・考え方をお聞きする中で、
「私には真似できないな…」と思うものに出会うことが、時々あります。

具体的には、
・人に迷惑をかけない
・ウソをつかない
・一度決めたら最後までやり抜く

そんな子に育てたい、育ってほしいという目標です。

なぜ真似できないと思うかというと、たぶん生きていく中では、
人に迷惑をかける場面・ウソをつくシーン・決めたことを断念する経験が
必ず出てくると思うから。


今号では、その中でも「ウソの是非」についてお伝えしますね。

私自身は、子どもたちに「ウソはいけない」とは言っていません。

なぜなら、私が子どもにウソを要求する時があるからです。

これからの季節は特に多い時期。

親戚からプレゼントをもらったけれど、興味のない品物だった時、
子どもの正直な気持ちは「なにこれ、いらなーい」ですよね。
ですが、その場面で私は「ありがとう」と言うように伝えています。

同様に、実家などで用意してもらった食事が子どもの好みではなかった時も、
本音が「全然おいしくなかった」であったとしても、「ごちそうさま」と
言うように伝えています。

意図や意味合いの差はありますが、ウソかどうかで言えば、
これらは完全な『ウソ』。
それを促している私からは、「ウソはいけない」とは、言えません。


かと言って、ウソを推奨したり、どんどんウソついていいと言っている
わけでもありません。
私が子どもたちに伝えているのは、
「ウソを使うのは難しい、面倒だ」
という事実。

一度ウソをつくと、バレないように自分のウソを全て覚えておいて、
必要に応じてウソの上塗りすることが必要になってきます。

このことを教えて
「すごく大変で、決して居心地の良い生き方ではないと思うよ。」
「ウソはできる限り少ない方が、生きやすいと思うよ。」

と話しているのです。


でもそれは、あくまで我が家の考え方の話。

もし「ウソはいけない」と考えているのであれば、その考え方でも
もちろんOKです。

子どもに「ウソはいけない」と教え、
言いにくいことも、率直に言うという生き方を伝えていく。

私のスタイルとは違いますが、それはとても立派な考え方だと思います。

もちろん、正直を通すことで摩擦・トラブルが発生することもあるでしょう。
ですが、それらの出来事は経験を積んで対処を学んでいけば良いこと。


ポリシーを一貫させていれば、子どもは親のメッセージを理解できます。
そして、そのポリシーに応じた“学び”をしていくのだと思います。


読者の皆さんが、どんな考え方をお持ちか、とても興味があります。
「わが家では、こういう方針でやっている」
「こんな考え方で育てたいと思っているけど、実際には難しい」
などのコメント、お気軽にお寄せいただけたら、うれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。