価値観を尊重する

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


価値観を尊重する

今日のテーマは、「相手の価値観を尊重する」ということについて。

それだけ聞けば、確かに大事なことだよね、と感じます。

ですが、日々の子育ての中で、具体的にどのような場面でどのような
判断・行動をすれば「相手の価値観を尊重する」ことになるのか
は、
意外と見えづらいものでもあります。


私の体験談を例に、詳しくお伝えしますね。

~~~~~~

わが家では先週、大事な用事ができて4人で出かける必要が生じました。

その日程を検討していて、妻も私も都合がつく木曜の夕方にしよう、
となりました。

念のため子どもたちにも伝えます。
「用事で出かけるのは木曜日、学校が終わった後にしようと思う。
 空けといてね」


すると、娘が「えーっ…ちょっとその日はやりたいことがある」
返してきました。

そうでした。木曜日はバレンタインデー。
娘は友達にチョコレートを届ける計画を立てていたのでした。

その瞬間、私が反射的に思ったのは、
「でも、それは今回の用事に比べれば、どうでもいいことだよね?
 そんなことで用事を先送りにするの、おかしくないか?」
という反論でした。

でも、すぐに気が付きました。
娘にとっては、いま一番大切なことなんだろうな、と。

結局、用事で出かけるのは延期することに。

娘は、木曜の放課後、張り切ってチョコレートを届けに出かけました。
帰宅後にイキイキと話をしてくれる娘の様子を見て、この判断で良かったのかな、
と今は思っています。

~~~~~~

物事の重要度・大切さの尺度は人によって異なります。

―子どもにとっての「大切なこと」は、子ども自身の尺度で決まる

―子育てで「相手の価値観を尊重する」ということは、
 子どもの「大切」を、大人の「大切」と同じように尊重すること

これらは当たり前のことではありますが、実際には忘れがちですよね。


私が「家族の用事の方がずっと重要だろ!」と思ったのは、
娘の計画を『私の尺度で』見てしまっていたから。

でも、娘の計画を『娘の尺度で』見れば、いま一番重要なイベント!
なのですよね。

相手の尺度での「大切」なことを、自分の「大切」と同じように
扱ってあげるということ、意識していたいものです。


他の例で言えば、

―電車がよく見えるスポットへ
→そろそろ帰ろうか
→あと15分待てば、特急が来る!
→でもそろそろ帰らないと、ご飯の支度が…


時間通りにご飯の支度をしたい、ということも大切。
でもそれと同じように、この機会に特急列車を見たい、ということも
大切なこととして扱ってあげたいです。

この場面であれば、今しかできないこと=特急を見てから帰ることを
優先してあげてもいいのかな、と思います。


―夜、夢中になって本を読む子ども
→もう寝る時間だよ
→もうちょっとでこの本読み終わるから、最後まで読んでしまいたい
→明日の朝起きられなくなったら困るでしょ!


規則正しい生活・充分な睡眠は、間違いなく大切です。
でも、読書に夢中になること、残り4ページだけだから読み切って
しまいたいという思いも、同じように大切なこととして理解してあげたい。

この場面も、柔軟に対応して、本を読み終わったら就寝、としてあげても
良いと思います。
その結果翌朝に苦労したら、それはそれで良い経験ですし。


なお、子どもの「大切」を尊重すると言っても、全て言いなりになる・
要望に応えるという意味ではありません。

検討・相談の結果、子どもの「大切」をあきらめてもらう場面が出てくることも、
当然あるでしょう。

その時に、子どもの「大切」を大人の「大切」と同等に扱って検討・
相談の対象にすることが、尊重しているということになるのです。

そして、子どもの「大切」をあきらめてもらう時には、それに相応しい
態度・言い方で伝えることも忘れずにおきたいところ。


普段から子どもの「大切」を尊重してあげていると、子どもの方も
大人の「大切」を尊重してくれるようになり、相談もしやすくなりますよ。

子どもの価値観を尊重すること、ぜひ気に留めて過ごしてみてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト


私が独りっ子だからか、実家では子どもの都合や予定など、省みられたことはありませんでした。

最近、ブログで自己肯定感について書きましたが、こうやって大人の都合がいつも優先する家庭に育つと、自分の事情や希望なんてとるに足らない…と感じるようになります(私はなりました)。

ルールや一貫性も大事ですが、子どもの思いに目配りできる親になりたいと、反面教師にしながら子育てしたいです。
cocue-cocueさん、

コメントありがとうございます。
おっしゃる通りで、大人の側としては「ルールや一貫性」を大事にしすぎて子どもの気持ちを忘れてしまわないように、というのが課題になりますよね。
最近の私の印象では、子どもに対して責任感を持ちすぎると苦しくなるかな、と思っています。
気楽に構えて、子どもと一緒に暮らしを楽しむ感覚を持つことで、この点のバランスも取り戻せたら素敵だな、と。











管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。