そういうことは早く言って!

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そういうことは早く言って!

親としては、
「こんなことがあったら、すぐに言ってほしい」
と思うこと、いろいろあります。

―体の具合が悪い
―お漏らしした
―物を壊した・失くした
―友達に意地悪された
―友達にケガをさせてしまった


などなど、主に「困ったこと」「トラブル関連」を中心に、
いろいろありますよね。

親としては、まず何より子どものことが心配ですし、早めの処置・対応が
必要な可能性もあります。
ですから当然『そういうことがあったら、早く知らせてほしい』と思います。

ところが、子どもの性格によっては(あるいは場合によっては)、
すぐに言ってくれないことがあります。

時間が経ってから言い出したり、
言い出せないまま親が気付いたり、
他の人から聞いてビックリさせられたり。

そんなことがあれば「今度からは、すぐに言ってね」と釘を刺したくなるのは
自然の成り行き。

度重なって同じようなことが繰り返されるとだんだんイライラしてきてしまうのも、
仕方のないことですよね。

「すぐに言って、ってお願いしてあるでしょ!」
「なんで早く言わないの!」
「言ってくれなきゃ困るじゃない!」



ですが、この状況、子どもからは違った風景に見えています。

もともとすぐに言い出せないタイプということは、

―これを言ったら親に心配かけちゃうかな…

―でも、早く言ってほしいとも思っているんだよな…

―だけど、こういうできごとがあると、ママ/パパは喜ばないよなぁ…


といった思慮を深く巡らせることができるタイプということ。

どうすればママ/パパを悲しませないで済むか、喜ばせることができるか、
さんざん考えに考え抜いたうえで、ついに決心して伝えることに決めました。

「ママ、あのね・・・」

すると結果はどうでしょう。

見る間にママの表情が変わり、険しくなっていきます。

「今ごろそんなこと言われても遅いのよ!」

「なんで早く言わないの!」

「すぐに言って、ってお願いしてあるでしょ!」

「言ってくれなきゃ困るじゃない!」


一生懸命考えた結果、ママに伝えることにしたのですが、結局怒らせてしまいました。


・・・これが、子どもから見える風景です。

どうでしょうか。

この体験を積み重ねることで、同じようなことが起きた時、
この子は早く伝えるようになるでしょうか。

むしろ、ますます迷って言い出しにくくなるということ、
お分かりいただけると思います。


もし本当に「そういうことは早く言ってほしい」と思うなら、
子どもが『早く言いやすくなる』ように、『早く言いたくなる』ように、
接してあげましょうね。

「よく言えたね。」

「教えてくれて助かったよ!」

「次は、もっと早く教えてくれたら、ママはもっと助かると思う」


こんな風に言ってあげれば、子どもは次から言いやすくなりますよね。

子どものことを心配に思う気持ちは自然なものですし、
問題が起きたら早めに対処したいというのも適切な考えです。

そういった“親の思い”に加えて、“子どもがどう感じるか”への
配慮
を持ってあげれば、親子のコミュニケーションはとっても
居心地の良いものになりますよ。

ぜひ、心の片隅に覚えておいてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。