窓に落書き

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


窓に落書き

3月に引っ越してきた新居。
寝室の窓に、ガラス飛散防止フィルムを貼りました。

娘と一緒の共同作業。
「そっち持っててねー」
「ゴミついてるよ?」
「霧吹きシュッシュして!」
「空気抜くぞ!」


もともと私と娘がセットになると騒がしいのですが、この時も賑やかに楽しく作業しました。


一通り貼り終わった時、私の頭に素敵なアイデアが!


さっそく油性ペンを持ってきて、説明抜きで実践します(^o^)
「見て!ガラスが濡れてるよ(笑)」

窓の落書き1


それを見た娘、もちろん即座にペンを手に取ります。
私の描いた水滴から着想を得たのかな?
素敵な絵柄を描いてくれました。
窓の落書き2


雲、雨・・・次は私の番。
この落書き、かなり気に入っています(笑)
窓の落書き3



すると今度は娘が、ペンを持って玄関の方へスタスタ・・・
「ここも描いて大丈夫でしょ?」

そうでした。
玄関わきの小窓にもシートを貼ってあったのでした。
こちらは目隠し用の白いシール。

娘は、いきなり中央に、山を描きます。

頂上には、看板らしきものが。
娘が保育所時代に毎日散歩に出かけた、くじら山です。
くじら山


「お父さんも描いていい?」

私も参加して・・・



素敵な作品ができました!

玄関の小窓
(犬と花の大きさのバランスがおかしい、とか細かいことは言わない(笑))


フィルムが貼ってあるとわかっていても、窓に絵を描くのはちょっとドキドキ。

日々の暮らしの中でも、絵が目に留まると自然とニッコリします


簡単で手頃な楽しみ。
小さい子でも大きい子でも楽しめるので、よかったら試してみてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。