続・泥んこを嫌がる子には

 子どもが育つ“父親術”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・泥んこを嫌がる子には

先日の「泥んこを嫌がる子には」に続けて、
泥んこ遊びや砂場遊びが苦手な子どもへの接し方についてお伝えします。

今日は、他の子と一緒に泥んこ・砂まみれで遊ばない2種類の子どものうち、
『親に気を使っている』タイプへの接し方をお届けします。


このタイプは、過去に服を汚したり、泥まみれになったり、
あるいは汚れたまま家に入って周囲を汚したりしたことに対して
親に叱られる経験を積み重ねることで、泥んこ遊びをしなくなった子ども。

『叱る』だけでなく、『悲しむ』『ムッとする』『困り果てる』
などの親の姿を何度も見てきたことで、そうなる子もいます。


子どもは親の感情に対して、特に敏感です。
ママ・パパを喜ばせたい!との思いも強く持っていますし、
ママ・パパに愛されたい!との本能も、子どもの思考・行動に強く
影響します。

度重なる経験から
「ママ・パパを喜ばせるためには、泥んこはしてはいけない」
「汚れると、ママ・パパの愛情が受けられなくなるかも」

と思った子どもは、自分自身の感情として「泥んこは嫌い」
「砂が付くのは気持ち悪いからイヤ」
と感じるようになります。

そうなった子どもに対して、「汚してもいいんだよ」と伝えても、
子どもが行動を変えることは、残念ながら非常に稀です。

あれほど何度も親の感情の変化を見てきた子どもは、口で言っただけでは
「本当かな?」と半信半疑。なかなか効果は出ないでしょう。


そんな時のお勧めは、親の(言葉ではなく)行動で、
子どもの心のブレーキを外してあげること。

自ら砂場に乗り込んで、
「うわっ、靴に砂が入ってきた…でもまあいいや!」
と山を作って池を掘り、


泥んこ集団に参加して、
「うへぇ~、きったなーい…でも面白い!」
と泥団子を丸める。



この時、子どもを誘う必要はありません。

むしろ、我が子を放置してしまうほど夢中になっている姿を見せる方が効果的です。
(実際には、視界の端で子どもを見守りますが)

もちろん、服が汚れても気にしません。
(最初から、汚れても良い服で行きましょう)

親の気持ちを察して泥んこを嫌がるようになった子ならば、
大人の服は子供服以上に『汚してはいけないもの』との理解も持っているはず。
そんな“大人の服”を汚しても気にせずに泥をこねる親の姿は、
どんな言葉よりも説得力がありますよ。

何度も何度も繰り返しているうちに、いつか子どもは
「服を汚しても、本当に叱られないんだ!」と信じられるようになります。


―親が生み出したブレーキなら、親が外してあげなきゃね。

そんな気持ちを持ちつつ、泥遊びを楽しんでいただけたら、
私もうれしいです!


にほんブログ村 子育てブログへ
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪


スポンサーサイト













管理者宛の投稿

プロフィール

パパコーチ くろさわ

Author:パパコーチ くろさわ
子育てアドバイザー

■自己紹介はこちら■

著書のご案内

このブログでご紹介してきた内容のうち、2~3歳から小学校低学年までの子ども向けの内容を厳選して、1冊の本にまとめました。
基本的な生活習慣を確立しながら、子どもがのびのびと育つコツが満載です。

著者へ直接注文(特典あり)のご案内

Amazonでご購入は、こちら
 ↓ ↓ ↓

最新記事
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。